株式会社デジタルシアター

株式会社デジタルシアター

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

株式会社デジタルシアター

私たちのミッションとビジョン

◆ ミッションについて

私たちのミッションは、3Dデータの活用による製造工程の短縮です。


◆ ビジョンについて

ミッションを実現するため3Dデータ活用で進んでいるヨーロッパの情報をかき集め、有効性を調査しています。各企業が3Dデータ活用で成功した場合は、機密情報のため外部に情報が洩れることはありません。但し漏れてくる情報はあります。漏れてくる情報は、使用しているソフトウェア、3Dデータのフォーマットです。3D図面を運用する時には、必ず3Dデータ変換が必要です。その変換ソフトを中心に成功の秘密を調査することで3D図面の工程がおぼろげに見えてきます。変換ソフトは、設計CADの変更も考慮しバイナリー解析でCADデータを読み取ることが重要です。そうすればレガシーデータも読み取れるし、3D図面行程に変化は発生しません。ダイムラー社は3D図面移行中にCATIA V5からNXへCADの変更を行いながら計画よりも早く3D図面へ移行を完了しました。このことは開発中の3D図面プロセスがCADの変更によって揺らがないことを証明しました。紙図面での形状表現が無くなったため、3Dビューワで様々な検証を行い、安心感を持って部品加工、金型加工、積層加工を部品により取捨選択しています。3D図面を運用すれば、3Dプリンターでモノを作る選択肢が現場で増えます。3Dプリンターを使用する条件は、部品数が少なくて済むような高級車の部品を主に製造しています。金型加工においては、生技条件の追加が必要なため3Dデータをダイレクトモデリングで加工してNCパスを発生させています。これらの3D図面の運用により、設計で使用するハイエンドCADの端末は減少し、製造現場で使用するミッドレンジCADは増加します。また新たな試みとして設計が完了したタイミングで梱包設計を行う3Dデータ外形化機能が開発されています。製造現場では、細かな設計データより外観形状を必要とする場合が多いため開発された機能です。この3Dデータ外形化機能は、軽量化や保護化も同時に行う機能です。3D図面の運用が始まると協調設計における機密保護は重要ですが、パスワードの設定とかではなく、機密部分を削除した3D図面を出力することで解決しています。弊社は、2次元図面から3次元CADへの移行、3次元CAM、CADデータ品質のPDQ、CADデータの長期保存と同一性検証、3D図面と幅広く3Dデータと関わっています。

PLMコンサル

3D図面の運用ツール

世界で運用されている3D図面ツールは、主にCADデータをSTEP AP242やJTフォーマットに3D図面変換を行う3D Evolution、3D図面の検証を行う3D Analyzer、3D図面に対して加工パスを作成するhyperMILLです。これらのツールは、3D図面で成功したエアバス社とダイムラー社で使用されているツールです。3D Evolutionと3D Analyzerの特徴は、国際標準化機構(ISO)のSTEP AP242の開発に協力し、STEP AP242に対応済です。基本的なエンジンは、バイナリー解析技術によりCADファイルがあれば簡単に様々な3Dデータに変換できます。3D Analyzerは、豊富な3D図面解析ソフトにより現場で加工準備の手助けを行います。hyperMILLは、得意な5軸加工と積層加工のハイブリット加工により金型を使用しないで製品を作成することが可能です。これらソフトウェアは、インダストリー4.0の最終目標であるオンデマンド生産をすることで労働時間を減らし製品の利益率を上げ、労働者に利益を分配するためにあります。

3D図面ツール

3D図面のプロセス

3D図面のプロセスは、設計・単純化・変換・活用に分かれます。それぞれのプロセス連携は、国際標準化機構(ISO)など国際的に評価の高いバイナリー解析技術により構築できます。バイナリー解析技術を利用することで設計CADのバージョン等に依存することなく製造プロセスを運用できます。製造分野では、3軸加工や多軸加工による部品加工や金型加工、多軸加工と積層技術を組み合わせた積層加工が登場しています。積層加工では、金型では作成できない部品の製造が可能となり、製造工程が大幅に短縮可能となります。この新しいアプローチは、3D図面が現場に支給された場合、どのような加工方法で行えば良いのかを現場のノウハウで考えた結果です。積層加工は、3Dプリンターと5軸加工の組合せによりクランクシャフトやエンジンのシリンダーブロックの削りだしが可能です。