3D図面のデジタルシアター

3D図面のデジタルシアター

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

3D図面のデジタルシアター

私たちのミッション

◆ ミッションについて

私たちのミッションは、3Dデータの活用による製造工程の短縮です。製造業の働き方改革は、DX(デジタル・トランスフォーメーション)が叫ばれているように紙ベースのデータをデジタルデータに置き換えIT化の推進により実現できます。そのDXは、まさにインダストリー4.0の行われている3D図面化です。3D図面は、設計資産の保全やBOMに対応しており大幅な工数削減方法があります。弊社は、3次元設計の世界でDXを推進しています。


◆ ミッションの実現に向けて

ミッションを実現するため3D図面の活用で進んでいるヨーロッパの情報をかき集め、有効性を調査し検証します。3D図面を運用する時には、必ず3Dデータ変換が必要です。その変換ソフトを中心に成功の鍵を調査することにより、3D図面の工程がおぼろげに見えてきます。ダイムラー社は紙図面から3D図面へ移行中、CATIA V5からNXへ設計CADの変更を行いながら計画よりも早く3D図面へ移行を完了しました。計画は3年でしたが2年で完成です。このことは開発中の3D図面プロセスがCADの変更によって揺らがないことを証明しました。3D図面の運用により、設計で使用するハイエンドCADの端末は減少し、製造現場で使用するミッドレンジCADは増加します。また新たな試みとして設計が完了したタイミングで梱包設計を行う3Dデータ外形化機能が開発されています。弊社は、海外で行われている3D図面の運用を注視してミッションを実現していきます。


3Dツールとプロセス

◆ 3Dツールについて

世界で運用されている3D図面ツールは、主にCADデータをSTEP AP242やJTフォーマットに変換を行う3D Evolution、3Dデータの検証を行う3D Analyzer、3Dデータに対して加工パスを作成するhyperMILLです。3D Evolutionと3D Analyzerの特徴は、バイナリー解析技術により、3Dデータがあれば高速にアクセスし、流用性をもたらした変換や検証が行えます。hyperMILLの特徴は、得意な5軸加工と積層加工のハイブリット加工により金型を使用しないで製品を作成することが可能です。これらソフトウェアは、長期保存フォーマットであるSTEP AP242に対応し、インダストリー4.0の最終目標であるオンデマンド生産をすることで労働時間を減らし製品の利益率を上げ、労働者に利益を分配するためにあります。

3D図面のデジタルシアター

◆ プロセスについて

3Dツールの設計・製造プロセスにおける使用方法です。3D Evolutionの特徴は、バイナリー解析技術により大容量CADデータの高速読込みです。読み込まれたCADデータに対して、3Dデータの品質を保証するPDQ最適化、3Dデータの軽量化・保護化・外形化を行う3Dデータ単純化、CADでは計算ができない曲面のオフセット・ソリッド化、接触部分を除外した干渉チェック、それらの3Dデータの変換、PL法対策の長期保存を行います。3Dデータの軽量化は、ロボットシミュレーションの高速化、保護化は、協調設計データの作成、外形化は、梱包設計に使用する領域計算を行います。外形化の梱包設計支援は、設計が完了と同時に梱包設計が可能なため大幅なプロセス短縮となります。現在の梱包設計は、製造が終了したタイミングで製品を測定して梱包設計を行っています。3D Analyzerは、3Dデータを検証するための道具で主に、設計変更の確認を行う3Dデータ比較、生技要件を検証する生技性チェック・ドラフトチェック・曲率チェック・投影面積チェックが1クリックで実行できます。3D AnalyzerのCADインターフェイスもバイナリー解析で出来ていますので、メモリーが32GのノートPCで自動車1台分の3Dデータが読込み可能です。hyperMILLは、5軸加工を中心に金型加工・部品加工を行います。3D図面データは、JTデータやSTEP AP242で運用されますが、このCAMソフトはSTEP AP242を対応しています。最新情報では、金属造型技術と5軸加工技術の組合せで部品加工を行うことが可能です。この技術を使用するとエンジンを丸ごと製造することが可能です。現在は、航空機や自動車の部品で金型を使うことなく部品を製造できる箇所を洗い出して使用を検討し、その情報を設計にフィードバックすることで設計・製造のコストダウンに繋げています。これらの方法は、3D図面がなくては実現できないプロセス情報です。

3D図面のデジタルシアター

協業会社の紹介~3D図面のコアテクノロジー社

コアテクノロジー社を紹介します。コアテクノロジー社は、1998年の創業以来、CADデータの変換や軽量化などの機能を開発し続けています。特にCADが不得意な複合面のオフセット機能や干渉チェック機能を開発し自動車産業のインダストリー4.0を推進しています。また航空宇宙産業では国際標準化機構(ISO)のSTEP AP242の実装を行い運用されています。日本の製造業の遅れは、3Dデータの変換やPDQ最適化がスムーズに処理出来ない為、3D図面化が遅れていることが原因です。欧州は3D図面化が進んでいますが、PDQ最適化と3D図面変換が安定しているため3D図面化が進んでいます。欧州で3D図面化を担当しているのがコアテクノロジー社です。この会社のバイナリー解析技術、形状の数学的処理は卓越しています。CADの寿命と製品の寿命の長さを比較した場合に製品の寿命が長いため、バイナリー解析技術でCADデータを読取る技術が、製造業の長いプロセスに於いては必要です。コアテクノロジー社は、3D Evolutionと3D Analyzerを開発しています。