3D図面コンサル|デジタルシアター

3D図面コンサル|デジタルシアター

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

3D図面コンサル|デジタルシアター

株式会社デジタルシアターとは

株式会社デジタルシアターは、3D図面で先行しているヨーロッパ事例を参考に3D図面コンサルティングを行っています。ドイツ自動車産業界(VDA)では、自動車1台分の自動差分干渉チェック(DMU Inspector)を実行し、干渉が無くなった場合に3D図面としてアセンブル情報は、XML BOM(PLMXML)、形状情報はJTフォーマット(3DAモデル)に出力しています。また同様に航空宇宙産業界では、3D図面としてアセンブル情報はXML BOM(AP242XML)、形状情報はSTEP AP242フォーマット(3DAモデル)出力を行い、3D図面と長期保存データを兼ねています。また製造技術の進化により設計手法の変化もみられます。3D図面や長期保存データの品質も厳格なチェック体制を引いて、設計資産の保存も盤石です。3D図面の成果は、ダイムラー社のPLM2015で証明されています。3D図面の目的を理解して3D図面について考えてみませんか?


避けては通れぬ3D図面化

設計・製造の工数削減や品質向上における手段として3D図面化があります。日本国内でも議論はされていますが、弊社では海外の運用実績をもとにコンサルティングを行っています。海外の3D図面は、紙図面が長期間運用されていたのと同様に有効な時間軸を長く考えています。3D図面は、形状の伝達スピードが格段に進歩するためセキュリテイも厳しくなります。また3D図面の効果が絶大なため、各社の3D図面のプロセス自体が機密となっています。3D図面は、設計・製造・物流にかかる工数を半減させることが可能です。余った工数は、休暇に振り分けたり、電気自動車等の開発を行っています。弊社は、海外の情報をもとに3D図面コンサルティングを行っています。

3D図面

3D図面でインダストリー4.0は加速

■ 3D図面をIoTで活用

ITで扱う情報のタイプは3種類です。まず最初に文字列情報、次にイメージ情報、最後に3D情報です。それらの情報の中で一番扱い難い情報は、言うまでもなく3D情報です。3D情報は、特殊なフォーマットが多く、その情報を読み取るには特殊なライセンスが必要です。また3D情報は、取り扱える時間的継続性が低く、将来的にシステムに与える影響が心配されます。インダストリー4.0において代表的な3D情報は、CAD情報となりますが、3次元CADの寿命は自動車や航空機のそれよりもはるかに短く、CAD情報が陳腐化します。CADシステムを刷新した場合に、ITシステムの改修にコストが発生し改修が完了すると、またCADシステムの更新時期がやってきます。これら負のスパイラルから脱するため、流通(出図)する3DフォーマットをJTフォーマットとし、出図以降のプロセスは、CADシステムの変更に影響されない体制で運用、3D図面の長期保存や再利用で大幅なコストダウンを実現しました。ものづくりの3Dデータを長期にわたり安定的に運用するため、バイナリー解析技術で大容量CADデータを高速に読み取る技術を開発しCADデータの自由化を行っています。

インダストリー4.0のIT革命

■ 3D図面とその効果

3D図面は、航空宇宙産業のエアバス社、ドイツ自動車産業のダイムラー社を中心に発達しています。エアバス社は、ISO STEP AP242フォーマットで3D図面運用を行い、そのまま55年体制の長期保存化を行っています。ダイムラー社は、JTフォーマットで3D図面運用を行い、そのまま25年体制の長期保存を行っています。3D図面変換時におけるCADデータとの同一性検証は、STEP AP242の場合、STEP AP242に元データの要素情報(長さ、面積、体積)を記録してSTEP AP242の幾何情報と比較することで同一性検証を行います。JTフォーマットは同様な機能がないため変換されたJTフォーマットをマスターデータとして運用しています。3D図面運用では、設計データの長期保存によるPL法対策や流用設計、様々な検証機能による3D図面の成熟度検証、3D図面の梱包形状による納期短縮や物流の安定化が可能です。

インダストリー4.0