3D Analyzer

3D Analyzer

TEL. 03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

3D Analyzer

3D Analyzerについて

◆ 概要

3D Analyzerは、3Dビューワをベースとした3Dデータの検証ツールです。3Dデータの読込みは、国際標準化機構(ISO)など国際的に評価の高いバイナリー解析技術により、大容量3Dデータを高速かつ正確に読み取ります。読取り可能な情報は、B-Rep情報(形状情報)、CADフィーチャー情報、テッセレーション情報、PMI情報です。3D Analyzerは、ISOのSTEP AP242フォーマットやJTフォーマットなど3D図面に対応しています。3Dデータの検証機能としてPDQチェック、干渉チェック、肉厚チェック、3Dデータ比較、生技性チェックなど様々な検証機能を搭載しています。海外で普及している3D図面は、製造DX(デジタルトランスフォーマーション)を具現化しています。日本の製造業は、80%の企業が3Dデータ変換にトラブルを抱えていますが、3D Evolutionが普及している海外において、3Dデータ変換のトラブルは解決しています。3D Evolutionと同じユーザインターフェイスを搭載している3D Analyzerが3Dデータの検証を行うツールとなっています。3D Analyzerは、1クリックで様々な検証機能を高速に処理します。3D図面データや長期保存データの検証を行うには、3D Analyzerは、必須のツールです。長期保存データの検証を行う場合、同一性チェックが必要ですが、その場合に体積・表面積を使って同一性判定を行います。体積。表面積の値は、残念ながらCADシステムによって異なり、同一性を期することからISOからアルゴリズムが提供されています。このアルゴリズムを搭載しているシステムは、Dassalt SystemusのCATIA、Core Technology Groupの3D Evolution、3D Analyzerです。また3Dデータの品質検査もISOからアルゴイムズが提供され3Dデータの品質基準が厳密に定義されています。そのアルゴリズムを搭載したPDQチェックは、3D Evolutionと3D Analyzerで動作しています。従って3D図面を運用する場合は、3D Evolutionと3D Analyzerが必要となり、3Dデータの安全基準を作り上げ、効果を最大化しています。


◆ 「3D Analyzer」の特徴

✔ バイナリー解析と数学を駆使した3Dデータ検証術


◆ 「3D Analyzer」のビデオ

3D Analyzerの3Dビューワとしての基礎機能の動画です。形状を測定したりアセンブルのパーツを非表示にしたりしています。操作は簡単でマルチ 3Dデータに対して出来ることから3Dデータ、特に3D図面データを活用するには、必要な機能です。欧州の3D図面データ運用では、標準の3Dビューワとして運用されています。3D Analyzerは、CADより大容量3Dデータを高速に読取り、PDQチェック、3Dデータ比較、ドラフトチェックなど様々な検証を1クリックで行うことができ、価格は安価です。



◆ 「3D Analyzer」のシステム図

3D Analyzerのシステム図です。インプットは、殆どの製造業で使用している3Dフォーマットに対応しています。アウトプットは、3D PDFデータとJTデータのテッセレーション情報およびオリジナルのCTフォーマットに保存が可能です。こんれらのアウトプットは、解析情報の保存や作業途中のデータを保存します。CTフォーマットは、一度読み込まれた情報を更に高速に読み込むことができます。インプットされた情報に対して様々は検証作業が可能です。どんなCADシステムやCAMシステムより検証機能が豊富です。しかもPDQチェックや同一性チェックは、国際基準に合致した検証機能となります。特にPDQチェックは、ドイツ自動車工業会が、1980年代から3Dデータの問題に注目し、3Dデータ変換のトラブルを回避するため運用していたものを国際標準化機構(ISO)が取り上げ、検査方法のミスが発生しないようにプログラム言語でPDQチェックの定義が行われています。3D Analyzerや3D EvolutionのPDQチェックは、その情報をもとに開発され、ISOの長期保存機能の開発の時も3Dデータ品質を実証しています。PDQチェックの機能は、様々なメーカが開発していますが、検証結果が違い3Dデータ品質の統一性が失われたため、PDQチェックをISOが定め直しました。3D Analyzerと3D EvolutionのPDQチェック、つまり3Dデータ品質基準は世界基準です。

3D Analyzer

◆ 「3D Analyzerのリーフレット」のダウンロード(PDF)


◆ 「3D Analyzer」の機能

3D Analyzerは、マルチ3Dデータに対して3Dデータの表示と検証に特化した機能を搭載しています。スタンダード・パッケージは、3Dデータの表示と形状測定が可能です。プロフェッショナル・パッケージは、更に3Dデータ検証機能としてトレランスチェック、PDQチェック、同一性チェック、JTチェック、形状比較、肉厚チェック、生技性チェック、干渉チェック、クリアランスチェック、ドラフトチェック、アンダーカットチェック、曲率チェック、曲面上距離、干渉距離、投影面積チェックが可能です。プロフェッショナル・パッケージは、検証結果を3D PDFフォーマット、JTフォーマット、CTフォーマットに保存が可能です。3Dデータの検証機能は、3Dデータの品質に関する機能、設計要件に関する機能、製造要件に関する機能です。3D図面化が進む海外では3Dデータの検証ができる3Dビューワは、必須ツールです。

3D Analyzer

◆ 「3D Analyzer」の背景

3Dデータの活用が始まりますと3Dビューワの需要が高まります。3Dビューワの条件として3Dデータをダイレクトに読み取るバイナリー解析技術が搭載されていること、製造に必要な3Dデータを解析するツールが搭載されていること、解析結果をレポートする機能が搭載されていること、操作が単純であることです。3D Analyzerは、様々な3Dデータをダイレクトに読取り、PMIなど3D単独図の情報やCADフィーチャー情報を読み取ることができます。3Dデータの品質検査として欧州標準のPDQチェック機能、設変や3Dデータ変換の保証を得る3Dデータ比較機能などが搭載できます。3D Analyzerは、欧州の標準3Dビューワです。