3D Analyzer

3D Analyzer

TEL. 03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

3D Analyzer

3D Analyzerとは

3D Analyzerは、3D図面運用を想定し3Dデータ検証と共有化を目的として開発されています。3D図面の読込みは、世界最高水準のバイナリー解析技術を基礎とするCADインターフェイスにより、Brep情報、フィーチャー情報、テッセレーション情報、PMIを高速かつ正確にCADフォーマットから抽出して表示することが可能です。最新のSTEP AP242にも対応しているため、国際標準化機構(ISO)の定めた3Dデータ長期保存フォーマット検証が可能です。3D Analyzerの3Dデータ検証機能としてトレランス検証、PDQチェック、3Dデータ比較、肉厚チェック、静的干渉チェック、クリアランスチェック、ドラフト解析、投影面積計算、分解組立検証、AP242 同一性検証、JTフォーマット・チェッカーがあります。読み取られた3D図面を3D PDFやJTフォーマットに保存し共有化できます。

3D Analyzer

3D Analyzerの特徴

● バイナリー解析技術により大容量3Dデータの高速読込みが可能です。
● Brep、テッセレーション、フィーチャー、PMI情報の読込みが可能です。
● XML形式のBOMが読込み可能です。
● 寸法、表面積、体積、マスプロパティ計算が可能です。
● トレランスチェックが可能です。
● ISOのPDQ-S準拠のPDQチェックが可能です。
● 面直、球、比率計算による肉厚チェックが可能です。
● 接触を除外した干渉チェックが可能です。
● 部品間の隙間や部品内の面に対するクリアランスチェックが可能です。
● 投影面積計算が可能です。
● ドラフト解析が可能です。
● 3Dデータ形状、アセンブル厚生、PMI、フィーチャー比較が可能です。
● AP242の同一性検証が可能です。
● JTフォーマットチェッカーが実装されています。


世界初の3Dデータ同一性検証機能について

3D Evolutionの同一性検証は、PDQチェック機能でプロファイルのバリデーション項目を設定しSTEP AP242ファイルを検証します。バリデーション項目は、検証名、閾値、合否判定基準が設定可能です。STEP AP242変換時に元データの情報、例えばフェイスの表面積、曲線の長さなどのGeometry Varidation Propertyやパートの個数や重心位置などのAssembly Varidation Propertyが記録されています。同一性検証は、そのテキスト情報とSTEP AP242のBrep情報を比較して合否を判定します。この手法は、例えば50年後、STEP AP242ファイルを使用する場合に元データと一致しているのかどうかを調べることが可能方法としてISOが考案しています。

同一性検証