「3D Analyzer」

「3D Analyzer」

TEL. 03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

「3D Analyzer」

「3D Analyzer」について

◆ 概要

「3D Analyzer」は、マルチ3Dビューワをベースとした3Dデータの検証ツールです。3Dデータの読込みは、国際標準化機構(ISO)、航空宇宙団体(LOTAR)、ドイツ自動車工業会(VDA)など国際的に評価が高いバイナリー解析技術により、大容量3Dデータを高速かつ正確に読み取ります。読取り可能な情報は、B-Rep情報(形状情報)、CADフィーチャー情報、テッセレーション情報、PMI情報です。「3D Analyzer」は、ISOのSTEP AP242フォーマットやJTフォーマットなど3D図面に対応しています。3Dデータの検証機能として「PDQチェック」・「干渉チェック」・「肉厚チェック」・「3Dデータ比較」・「生技性チェック」など様々な検証機能を搭載しています。海外で普及している3D図面は、製造DX(デジタルトランスフォーマーション)を具現化しています。日本の製造業は、80%の企業が3Dデータ変換にトラブルを抱えていますが、「3D Evolution」が普及している海外において、「3Dデータ変換」のトラブルは解決しています。「3D Evolution」と同じユーザインターフェイスを搭載している3D Analyzerが3Dデータの検証を行うツールとなっています。「3D Analyzer」は、1クリックで様々な検証機能を高速に処理します。3D図面データや長期保存データの検証を行うには、「3D Analyzer」は、必須のツールです。長期保存データの検証を行う場合、「同一性チェック」が必要ですが、その場合に体積・表面積を使って同一性判定を行います。体積。表面積の値は、残念ながらCADシステムによって異なり、マスプロパティのアルゴリズムは、ISOから提供されています。このアルゴリズムを搭載しているシステムは、DassaltSystemusのCATIA、CoreTechnology Groupの「3D Evolution」、「3D Analyzer」です。また3Dデータの品質検査もISOからアルゴリズムが提供され3Dデータの品質基準が厳密に定義されています。そのアルゴリズムを搭載した「PDQチェック」は、3D Evolutionと「3D Analyzer」で動作しています。従って3D図面を運用する場合は、「3D Evolution」と「3D Analyzer」が必要となり、3Dデータの安全基準を作り上げ、効果を最大化しています。欧州の航空宇宙産業、自動車産業は、3D図面により設計・製造工数を半減化させています。

「3D Analyzer」

◆ 「3D Analyzer」の特徴

✔ 高度な数学による3Dデータ検証


◆ 「3D Analyzer」の評価モジュール

「3D Analyzer」の評価は、評価ライセンスを1ヵ月貸し出します。実行モジュールは正規版と同様です。モジュールをダウンロード、インストールして評価ライセンスの申請をお願いいたします。


◆ 「3D Analyzer」の機能

「3D Analyzer」は、マルチ3Dデータに対して3Dデータの表示と検証に特化した機能を搭載しています。スタンダード・パッケージは、3Dデータの表示と形状測定が可能です。プロフェッショナル・パッケージは、更に3Dデータ検証機能として「トレランスチェック」・「PDQチェック」・「同一性チェック」・「JTチェック」・「3Dデータ比較」・「肉厚チェック」・「生技性チェック」・「干渉チェック」・「クリアランスチェック」・「ドラフトチェック」・「アンダーカットチェック」・「曲率チェック」・「サーフェス上距離計算」・「干渉距離計算」・「投影チェック」が可能です。プロフェッショナル・パッケージは、検証結果を3D PDFフォーマット、JTフォーマット、CTフォーマットに保存が可能です。

「3D Analyzer」

◆ 「3D Analyzer」のビデオ

「3D Analyzer」の3Dビューワとしての基礎機能の動画です。形状を測定したりアセンブリのパーツを非表示にしたりしています。操作は簡単でマルチ 3Dデータに対して出来ることから3Dデータ、特に3D図面データを活用するには、必要な機能です。



◆ 「3D Analyzer」のシステム図

「3D Analyzer」のシステム図です。インプットは、殆どの製造業で使用している3Dフォーマットに対応しています。アウトプットは、3D PDFデータとJTデータのテッセレーション情報およびオリジナルのCTフォーマットに保存が可能です。こんれらのアウトプットは、解析情報の保存や作業途中のデータを保存します。CTフォーマットは、一度読み込まれた情報を更に高速に読み込むことができます。インプットされた情報に対して様々は検証作業が可能です。どんなCADシステムやCAMシステムより検証機能が豊富です。しかも「PDQチェック」や「同一性チェック」は、国際基準に合致した検証機能となります。特に「PDQチェック」は、ドイツ自動車工業会が、1980年代から3Dデータの問題に注目し、「3Dデータ変換」のトラブルを回避するため運用していたものを国際標準化機構(ISO)が取り上げ、検査方法のミスが発生しないようにプログラム言語でPDQチェックの定義が行われています。「3D Analyzer」や「3D Evolution」の「PDQチェック」は、その情報をもとに開発され、ISOの長期保存機能の開発の時も3Dデータ品質を実証しています。「PDQチェック」の機能は、様々なメーカが開発していますが、検証結果が違い3Dデータ品質の統一性が失われたため、「PDQチェック」をISOが定め直しました。「3D Analyzer」と「3D Evolution」のPDQチェック、つまり3Dデータ品質基準は世界基準です。

「3D Analyzer」

◆ 「3D Analyzer」のリーフレット」のダウンロード(PDF)


◆ 「3D Analyzer」の背景

3Dデータの活用が始まりますと3D ビューワの需要が高まります。3D ビューワの条件として3Dデータをダイレクトに読み取るバイナリー解析技術が搭載されていること、製造に必要な3Dデータを解析するツールが搭載されていること、解析結果をレポートする機能が搭載されていること、操作が単純であることです。「3D Analyzer」は、様々な3Dデータをダイレクトに読取り、PMIなど3D単独図の情報やCADフィーチャー情報を読み取ることができます。3Dデータの品質検査として欧州標準の「PDQチェック」、設変や3Dデータ変換の保証を得る「3Dデータ比較」などが搭載できます。「3D Analyzer」は、欧州の標準3D ビューワです。