3D Analyzer

3D Analyzer

TEL. 03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

3D Analyzer

3D Analyzerについて

◆ 3D Analyzerの概要

3D Analyzerは、3Dビューワをベースとした3Dデータの検証ツールです。3Dデータの読込みは、国際標準化機構(ISO)など国際的に評価の高いバイナリー解析技術により大容量3Dデータを高速かつ正確に読み取ります。読取り可能な情報は、B-Rep情報(形状情報)、CADフィーチャー情報、テッセレーション情報、PMI情報です。3D Analyzerは、ISO(国際標準化機構)のSTEP AP242フォーマットやJTフォーマットなど3D図面に対応しています。3Dデータの検証機能として3D図面時代に対応したPDQチェック、干渉チェック、肉厚チェック、比較チェック、生技性チェックなど様々な検証機能に対応しています。表示される3Dデータは、全くCADデータと一致していることにより、CADの一部の解析機能は不必要となり、様々な人が様々なプロセスで3Dデータの検証が可能となります。海外で普及している3D図面は、DX(デジタルトランスフォーマーション)を具現化し、3D Analyzerは、DXを推進する3D図面の検証ツールです。

3D Analyzer

◆ 3D Analyzerのリーフレット


◆ 3D Analyzerのフォーカス

3Dデータで仕事のやり取りを行う場合は、3Dビューワが必要となります。3Dビューワが必要な部門は、営業部門、購買部門、製造部門、品質部門、設計部門の長などです。その3Dビューワのハード性能は、マシーンスペックは最低なもの、例えばグラフィックカードが無い状態で形状表示が問題なくできることが必要です。ソフト性能は、設計CADと全く同じ形状が表示できること、寸法測定ができること、マルチ3Dデータの形状比較ができること、生技要件の検証作業ができることです。その中でも重要なのは、形状比較です。何故ならば設計変更が発生した場合に、どこが変更されたのか?、金型は盛り方向なのか、削り方向なのか、そしてその範囲の特定は形状比較で行います。また3Dデータ変換を行った場合に変換元データと変換先データの変位を確認する必要があります。CADは、誤差を丸めて形状表現を行っています。最大誤差は、CATIAは0.1mm、NXは0.0254mmを許容しています。このことを考慮し、1980年代からヨーロッパではCATIAのModel Dimensionを2000に設定(最大誤差が0.02mmに変更)して運用しNXとの3Dデータ互換性を保っていました。現在は、3D AnalyzerのPDQチェック機能で0.02mm以上の誤差や微小曲面を検出するのが一般的えす。残念ながら修正は3Dデータ変換を行う3D Evolutionで修正変換を行います。この誤差のことを理解し3Dデータ運用を行うと様々な問題が解決でき、大幅なコストダウンに繋がります。ヨーロッパの事例としてエアバス社とダイムラー社の発表が有名です。ダイムラー社は、2018年に3Dデータ運用を実現し、自動車の設計、製造工数は50%減を達成しています。3Dデータの保存は、JTデータや3D PDFデータに表示情報を保存し無償ソフトにより形状を共有することができます。3Dデータ運用の成功に、この3Dビューワは重要なソフトウェアです。

3D Analyzer

◆ 3D Analyzerの機能

3D Analyzerは、マルチ3Dデータに対して3Dデータの表示と検証に特化した機能を搭載しています。スタンダード・パッケージは、3Dデータの表示と形状測定が可能です。プロフェッショナル・パッケージは、更に3Dデータ検証機能としてトレランスチェック、PDQチェック、同一性チェック、JTチェック、形状比較、肉厚チェック、生技性チェック、干渉チェック、クリアランスチェック、ドラフトチェック、アンダーカットチェック、曲率チェック、曲面上距離、干渉距離、投影面積が可能です。プロフェッショナル・パッケージは、検証結果を3D 3D PDFフォーマット、JTフォーマット、CTフォーマットに保存が可能です。3Dデータの検証機能は、3Dデータの品質に関する機能、設計要件に関する機能、製造要件に関する機能です。3D図面化が進む海外では3Dデータの検証ができるマルチ3Dビューワは、必須ツールです。

3D Analyzer