スタンダード・パッケージ

スタンダード・パッケージ

TEL. 03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

スタンダード・パッケージ

スタンダード・パッケージについて

スタンダード・パッケージには、CADビューワ、トレランスチェック、PDQチェックがマルチ3Dフォーマットに対して高速に動作します。3D Analyzerは、3D図面が流通するケースを想定し、あらゆる設計製造シーンで活躍できるように設計、開発されています。

3D Analyzer

3D ビューワについて

3D ビューワ(表示・測定・検証)は、高度に発達したCADデータに対するバイナリー解析技術により高速かつ正確にCADデータを読取り表示します。3D Analyzerのマルチカーネルにより表示状態は、3次元CADと同じ状態の表示と寸法測定が可能です。バイナリー解析技術は、3次元CADライセンスに依存することなくCADデータを読むことが可能なため3D図面や長期保存に必要な技術とされインダストリー4.0で活躍しています。この3D ビューワ(表示・測定・検証)は、世界で唯一3次元CADのフィーチャーが読めます。フィーチャーが読めるフォーマットは、I-Deas、CATIA V4、CATIA V5、CATIA V6、NX、Proe、Creo、SolidWorks、Inventorです。また3D図面で使用されるPMI情報を読むことが可能です。PMIの対象インターフェイスは、CATIA V5、CATIA V6、Proe、Creo、JT、STEPです。

3D ビューワ

トレランスチェックについて

トレランスチェックは、世界最高水準のバイナリー解析技術によりCADデータを高速かつ正確に読取り実行します。隣接関係を持つエッジに対する指定されたトレランス量と比較や隣接関係を持たないフリーエッジを検出します。EUでは、1980年台ころから3次元CADのトレランスは0.02mmで運用してきました。従って現在でもトレランスは0.02mmで検査しています。この0.02mmは、パラソリッド系CADのトレランスである0.0254mmに合わせてあります。従ってCATIA V3やCATIA V4のMODEL DIMENSION=2000で運用しトレランスを0.02mmとしていました。ここで言うトレランスは、フェイスの集合体つまりBrepのエッジに関するトレランスです。CATIA V5のトレランスは0.001mmとオプションで指定されていますが、このトレランスは交線計算や投影計算の精度を意味しています。フェイスの集合体、BrepのトレランスはJOINファンクションのマージ距離、0.1mmです。一般的変換を成功させるには、トレランスを0.02mm以内に修正する必要があります。このトレランスチェックは、その修正すべきエッジを検出します。再度トレランスチェックを行う場合は、差分チェックを行うことでエラーエッジを高速に検出します。

チェック

PDQチェックについて

PDQチェックは、微小要素、捩じれ要素、重複要素などCADデータに対するPDQ検証を行います。このPDQチェックは、ISOのPDQ-Sに準拠したPDQアルゴリズムを実装し航空宇宙産業の3D長期保存やドイツ自動車工業会(VDA)の3D図面で運用されてる信頼性の高いPDQツールです。かつてPDQツールが乱立しアルゴリズムが違うため、システムが異なるとPDQ検証結果が違いPDQに対する信頼性が揺らぎました。そこで国際標準化機構がPDQのアルゴリズムを考案し機械語でPDQ項目を定義し統一を図っています。このPDQチェックは、国際標準化機構が定めたPDQに準拠し航空宇宙産業界の3D長期保存を実証検証し運用ベースで活躍している国際的なPDQチェック機能です。このPDQチェックは、3D Evolution、3D Analyzerの共通機能です。

PDQチェック