3Dデータ品質検証|3D_Evolution/3D_Analyzer

3Dデータ品質検証|3D_Evolution/3D_Analyzer

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

3Dデータ品質検証|3D_Evolution/3D_Analyzer

3Dデータ品質検証について

3D_Evolutionや3D_Analyzerの3Dデータ品質検証は、高度なバイナリー解析技術により高速にCADデータを読み込み、忠実にCADデータを再現します。正確に読み込まれたCADデータに対して3Dデータ品質検証を行います。3Dデータ品質検証の内容は、Brepの隙間を検証するトレランスチェック、CADデータの品質を検証する国際標準的PDQチェック、形状の肉厚や肉厚変位を検証する肉厚チェック、設変検証や同一性検証を行う3Dデータ比較、接触部分を除外した干渉チェック、部品間のクリアランスを検証する隙間チェック、長期保存の同一性検証をするGVPチェック、JTフォーマットの整合性を検証するJTチェックがあります。品質検証を行う場合に重要なことはCADデータの再現性、つまり中間フォーマットに変換することなく検証が行えるか否かです。中間フォーマットに変換する場合は、その時点で正確性を欠き、繊細なトレランスチェックやPDQチェックはNGとなりますので注意が必要です。3Dデータ検証機能は、3D_Evolution、3D_Analyzerの共通機能です。


Function Table of Contents

▼ トレランスチェック/位相検証

▼ PDQチェック/製品データ品質検証

▼ 肉厚チェック/厚み・距離検証

▼ 3Dデータ比較/設変検証・同一性検証

▼ 干渉チェック/インターフェア

▼ 隙間チェック/クリアランスチェック

▼ 同一性検証/GVP・AVP

▼ JTチェック/JTデータ品質検証