3Dデータ検証

3Dデータ検証

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

3Dデータ検証

3Dデータ検証とは

3D Evolutionの3Dデータ検証には、トレランス検証、形状比較、肉厚チェック、干渉チェック、隙間チェック、ドラフト解析、投影面積チェック、分解・組立検証など多彩な機能があります。トレランス検証は、3Dデータに対して指定したトレランスとの誤差を検証します。PDQチェックは、形状に対してPDQ項目を検証します。比較チェック(形状比較・アセンブリ比較・PMI比較)は、形状比較、アセンブリ比較、PMI比較を行います。この機能は、3Dデータ変換後に元データと変換データの比較を行う変換保証や3D図面の設計変更箇所の抽出を行います。肉厚チェックは、面直計算・接球計算・比率計算で行います。肉厚評価は、1つのアルゴリズムでは評価できないため、面直計算・接球計算・比率計算の3通りのアルゴリズムで計算します。干渉チェックは、接触・干渉の区別を行いながら干渉チェックを行います。接触部分は、形状をトレランス分オフセットして形状を小さくし接触を除外してから干渉チェックを行います。この計算方法は、3D Evolutionのタフで高速な曲面オフセットアルゴリズムにより実現できます。隙間チェックは、クリアランス量をグラデーション表示します。干渉チェックとクリアランスチェックは干渉チェックライセンスで提供します。ドラフト解析は、抜き勾配角度を指定された方向から測定して色分けして表示します。投影面積チェックは、指定された方向の最大投影面積と最小投影面積を高速に計算します。分解・組立検証は、個々のパーツを平行、回転移動で分解することが可能です。アセンブリ分解は、分解図作成やアセンブリ位置の変更に使用します。

3Dデータ検証

トレランス検証

3D Evolutionのトレランス検証は、高度なバイナリー解析技術により3Dデータを高速かつ正確に読取り、指定されたトレランス以上の隣接関係を持つ誤差エッジや隣接関係を持たないフリーエッジを検出します。データを修正後に再度トレランス検証を行う場合は、差分チェックを行うことでエラーを高速に検出します。

トレランス検証

形状比較

3D Evolutionの形状比較は、マルチ3Dフォーマットの形状比較が可能です。形状比較の用途は、3Dデータ変換の変換保証を得るため、および3D図面の設計変更の把握です。形状比較では、0.001mmの変位検出を行い変位面を抽出して任意のフォーマットに保存することが可能です。

形状比較

肉厚チェック

3D Evolutionの肉厚チェックは、3Dデータをダイレクトに読取り、3通りのアルゴリズムで肉厚を評価します。1つ目のアルゴリズムは面直方向の肉厚チェック、2つめアルゴリズムは隙間に挿入可能な接球計算、3つ目のアルゴリズムは周辺形状との相対比率計算(編肉)です。問題ない面は、非表示や半透明処理を行いエンジンのシリンダーブロック等、複雑な形状の肉厚チェックに威力を発揮します。検証結果のグラデーション表示をPDF Analysisフォーマットに保存することによる共有が可能です。

肉厚チェック

干渉チェック

3D Evolutionの干渉チェックは、3Dデータをダイレクトに読取り、干渉チェックを実行しレポートファイルとしてHTMLを出力することが可能です。この干渉チェックの最大の特徴は、ソフトウェアの数値計算では難しい干渉と接触の区別を行い、致命的な干渉部位のみを検出することが可能です。3次元CADで設計するメリットは、干渉チェックによる試作レスが可能となりコストダウンにあります。ところが実際に3次元CADで干渉チェックを行うと接触部分も多数検出され干渉部分の確認に時間が掛かります。インダスリー4.0を提唱するドイツの製造業は、3D Evolutionにより3Dデータの干渉チェック問題を解決しました。干渉チェックは3D図面化(3DAモデル化)において不可欠な機能です。

干渉チェック

隙間チェック

3D Evolutionの隙間チェックは、ダイレクトに3Dデータをインポートして部品間の隙間や部品内の隙間を検査します。

クリアランス解析

ドラフト解析

3D Evolutionのドラフト解析は、3Dデータをダイレクトに読込み、指定した抜き方向と角度に対して3検証項目で評価します。1つ目の検証項目は抜き勾配の角度が不十分な領域、2つ目の検証項目は抜き勾配が不必要な領域(裏側の領域)、3つ目の検証項目は型割の設定次第で抜き勾配の検討が必要な領域です。それぞれの検証領域が色分けされ面積計算が行われ、PDFに保存し3次元データによるドラフト解析結果の共有が可能です。

ドラフト解析

投影面積チェック

3D Evolutionの投影面積チェックは、3Dデータのボディを任意方向の平面に投影した場合の最小投影面、最大投影面(最外殻)、高さの計算を行います。計算結果として投影面積表示と投影面があり、投影面は、ダイレクトトランスレータにより任意の3Dデータとして保存できます。

投影面積

分解・組立検証

3D Evolutionの分解・組立検証は、マルチフォーマットに対応したアセンブリデータの分解図とシミュレーションが可能です。分解されたデータの陰線処理を行うことで簡単に分解図を作成できます。マルチボディのパーツは、アセンブリ構造に変更してアセンブリ分解を行うことが可能です。またインスタンスが分離された同じ形状のパーツは自動インスタンス化を行いインスタンス部品として一括で移動が可能です。

アセンブリ分解

入力インターフェイス

インターフェイス 拡張子 バージョン
3DExperience *.3Dxml All-R417
2014x-2015x
3MF *.3mf
Acis *.sat
*.sab
All-R21
AMF *.3mf
AutoCAD *.dwg All-2013
CADDS _pd
_ps
4&5
CATIA V4 *.model
*.dlv
*.exp
All-4.x
CATIA V5 *.CATPart
*.CATProduct
R10-R27
CATIA V6 *.3Dxml R210-R213
2011x-2013
Creo *.prt
*.xpr
*.asm
*.xas
All-Creo4.0
*.neu 13-WF5
DGN *.dgn
DWG *.dwg All-2013
Euklid *.edx
FBX *.fbx
iCAD *.x_t
*.x_b
All-26
I-Deas *.arc
*.unv
*.asc
All-NX6
IGES *.igs
*.iges
5.2-5.3
Inventor *.ipt
*.iam
All-2017
*.sat
*.sab
All-R21
JT *.jt 6.4-10.2
NX *.prt 11.1-NX11.0
*.x_t
*.x_b
All-26
*.jt 6.4-10.2
MicroStation *.dgn
*.sat
*.sab
All-R21
Parasolid *.x_t
*.x_b
All-26
Proe *.prt
*.xpr
*.asm
*.xas
13-WF5
*.neu 13-WF5
Rhinoceros *.3dm
RobCAD *.rf
Solid Edge *.x_t
*.x_b
All-26
*.jt 6.4-10.2
SolidWorks *.sldprt
*.prt
*.sldasm
*.asm
1999-2017
*.x_t
*.x_b
All-26
Space-E *.sat
*.sab
All-R21
STEP *.stp
*.step
*.stpx
*.stpZ
AP203
AP214

AP242
TOPsolid *.x_t
*.x_b
All-26
VDA *.vda FS2.0
VisiCAD *.wkf
VRML *.vrml
*.wrl
97
97Zip
X3D *.x3dd
*.x3d