CADデータ検証

CADデータ検証

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

CADデータ検証

CADデータ検証とは

CADデータ検証は、ダイレクトにCADデータを読込み、CADデータの検証を行います。CADデータ検証には、トレランスチェック、PDQチェック、形状比較、肉厚チェック、干渉チェック、クリアランスチェック、ドラフトチェック、投影面積、分解シミュレーション、STEP AP242 同一性検証、JTチェッカーなど多彩な検証機能があります。これらの検証機能は、3D_Evolution、3D_Analyzer共通の機能です。

CADデータ検証

トレランスチェックについて

トレランスチェックは、ダイレクトにCADデータを読込み、隣接関係を持つエッジに対し指定されたトレランス以上の誤差や隣接関係を持たないフリーエッジを検出します。経験値としてCADデータ変換を成功させるには、トレランスを0.02mm以内に修正する必要があります。このトレランスチェックは、その修正すべきエッジを検出します。トレランスチェックは、3D_Evolution、3D_Analyzer共通の機能です。

トレランスチェック

PDQチェックについて

PDQチェックは、ダイレクトにCADデータを読込み、PDQ適正診断を行います。かつてPDQチェックツールが乱立し、アルゴリズムが違うため、PDQチェックツールが異なるとPDQチェック結果が違い、PDQチェックに対する信頼性が揺らぎました。そこで国際標準化機構がPDQチェックのアルゴリズムをドイツ自動車工業会のPDQを参考に考案し、機械語でPDQチェック内容を定義し評価基準を定めました。このPDQチェックは、国際標準化機構が定めたPDQチェックに準拠し、航空宇宙産業界のCADデータ長期保存で採用されています。PDQチェックは、3D_Evolution、3D_Analyzer共通の機能です。

PDQチェック

形状比較について

形状比較は、ダイレクトに2種類のCADデータを読込み、形状比較、アセンブル比較、PMI比較、フィーチャー比較を行います。CADデータの流通が多くなった場合、変換保証や設計変更対応により形状比較が多くなります。またSTL等の測定データと3次元CADデータの形状比較も可能です。同一フォーマットにおけるPMI比較は、セマンティックにPMIを読取り、文字列比較、引き出し線比較、配置位置比較、PMI有無比較が可能です。3D_Evolutionは、形状比較による差分面を抽出して任意のフォーマットに変換できます。3D_Analyzerは、形状比較結果をPDFフォーマットに保存し共有化できます。形状比較は、3D_Evolution、3D_Analyzer共通の機能です。



肉厚チェックについて

肉厚チェックは、ダイレクトにCADデータを読取り、肉厚を検証します。CADデータの肉厚評価は難しく、3パータンの検証アルゴリズにより評価します。1番目の検証パターンは、面直方向の肉厚測定です。2番目の検証パターンは、接球の挿入計算で肉厚を求める方法です。2種類の検証パターンにより計算を行い、結果はカラーMAPで表示します。3番目の検証パターンは、肉厚変化を検証します。肉厚変化は、面直計算と接球挿入計算を融合させ、適切な解を元に肉厚変化計算を行います。この肉厚チェックは、3D_Evolution、3D_Analyzerの共通機能です。



干渉チェックについて

干渉チェックは、ダイレクトにCADデータを読取り、干渉解析を行います。バイナリー解析技術により、大容量CADデータを高速に読取り干渉チェックが可能です。接触部分の除外は、高速オフセット計算によりパーツを重心方向に指定した数値分だけ小さくして干渉チェックを行うため、致命的干渉を高速に検出します。干渉チェックは、マルチ3Dフォーマットに対応しています。この干渉チェックは、3D_Evolution、3D_Analyzerの共通機能です。



クリアランスチェックについて

クリアランスチェックは、ダイレクトCADデータを読取り隙間解析を行います。部品間の隙間やパーツ内の要素間の隙間を検証することが可能です。クリアランスチェックの計算結果は、グラデーション表示され、ピック点での数値が表示されます。クリアランスチェックは、3D_Evolution、3D_Analyzerの共通機能です。

クリアランスチェック

ドラフトチェックについて

ドラフトチェックは、ダイレクトにCADデータを読込み、指定した抜き方向と形状に対して3つの項目で抜き勾配評価を行います。1つ目の検証項目は抜き勾配の角度が不十分な領域、2つ目の検証項目は抜き勾配が不必要な領域(裏側の領域)、3つ目の検証項目は型割の設定次第で抜き勾配の検討が必要な領域です。それぞれの検証領域が色分けされ面積計算が行われ、PDFに保存し3次元データによるドラフトチェック結果の共有が可能です。このドラフトチェックは、3D_Evolution、3D_Analyzer共通機能です。



投影面積について

投影面積は、ダイレクトにCADデータを読取り任意方向の平面に投影した場合の投影面積を行います。計算結果として投影面積と投影面が表示されます。アセンブル状態等のマルチボディの投影面積を求める場合は、事前にボディのマージ機能で単一ボディにしてから投影面積を行います。投影軸の設定は、直線指定、ベクトル指定、面の法線指定、ディスプレイに対する面直してが可能です。投影面積は、3D_Evolution、3D_Analyzer共通機能です。

投影面積

分解シミュレーションについて

分解シミュレーションは、ダイレクトCADデータを読取り分解図作成が可能です。分解されたデータの陰線処理を行うことで簡単に分解図を作成できます。マルチボディのパーツは、アセンブル構造に変更することで分解シミュレーションが可能です。またインスタンス分離された同じ形状のパーツは自動インスタンス化を行いインスタンス部品として一括で移動が可能です。この分解シミュレーションは、3D_Evolution、3D_Analyzer共通機能です。

分解シミュレーション

STEP AP242 同一性検証について

STEP AP242 同一性検証は、CADデータとSTEP AP242データの変換保証を行います。STEP AP242変換時にCADデータの情報、例えばフェイスの表面積、曲線の長さなどのGeometry Varidation Property、パートの個数や重心位置などのAssembly Varidation PropertyがSTEP AP242に記録されています。テキストベースの形状情報とSTEPの形状情報を比較します。この同一性検証は、例えば50年後、STEP AP242ファイルを使用する場合に元データと一致しているのかどうかを調べることが可能な唯一な方法として国際標準化機構(ISO)が考案しました。

AP242 同一性検証

JTチェッカーについて

JTチェッカーは、JTフォーマットの適正検査を行います。JTフォーマットは、ドイツ自動車工業会で3D図面フォーマットとして運用されています。JTチェッカーは、3D図面としてJTフォーマット流通の信頼性を確保するツールとして、形状、テッセレーション、アセンブリ、属性値等の決められた項目を検証します。

JTチェッカー