3Dデータ自動検証

3Dデータ自動検証

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

3Dデータ自動検証

3Dデータ自動検証とは

3Dデータ自動検証は、3Dデータを正とする場合、絶対的に必要な静的干渉チェック機能、設計変更箇所を正確に把握するために必要な3Dデータ比較機能をデータベースを活用し効率的に問題検出を行います。3D図面を出力する前に必要な静的干渉チェックは、設計データに静的に干渉がないか否かを把握します。静的静的干渉チェックは製品全体に必要なことです。動的静的干渉チェック、分解組立検証は、静的静的干渉チェックが終了した後、特定部位に必要なことで優先順位は静的静的干渉チェックの次になります。静的干渉チェックの結果はサムネイル付きの表として出力され、例えば特定の品番の「ボルトを除外」処理することで一覧表から除外され、2回目以降の計算からも除外されます。2回目以降の静的干渉チェックは、差分静的干渉チェックを行うため演算時間が短くなります。3Dデータ比較は、3D図面では3つのモードで3Dデータ比較を行います。1つ目は、形状に対する変更がないかどうかを検証する形状比較です。2つ目は、形状変更がなくてもレイアウト変更があるかどうかを検証するアセンブル比較です。3つ目は、PMIの要素とのリンク情報、文字列情報、PMIの有無を比較するPMI比較です。3D Evolution/EDMは、世界最高水準の正確無比なバイナリー解析技術により自動車1台分の設計データを読取り、分散処理にて静的静的干渉チェックや3Dデータ比較をデイリーで行うことが可能です。

3Dデータ自動検証

3Dデータ比較について

3Dバッチ比較検証は、マルチ3Dフォーマットの3Dデータ比較が可能です。3Dデータ比較の用途は、3Dデータ変換の変換保証を得るため、および3D図面の設計変更の把握です。画像はインターラクティブモードで実行した場合の様子です。

3Dバッチ比較検証

静的干渉チェックについて

3Dバッチ干渉検証は、世界最高水準のバイナリー解析技術を基礎とするインターフェイスにより大容量3Dデータを高速に読取り、静的干渉チェックを実行します。静的干渉チェックは、レポートファイルとしてHTMLや3D PDFを出力できます。この静的干渉チェックの最大の特徴は、ソフトウェアの数値計算では難しい干渉と接触の区別を行い、致命的な干渉部位のみを検出することが可能です。静的干渉チェックは3D図面化や試作レスにおいて不可欠な機能です。

3Dバッチ干渉検証