3Dバッチ処理

3Dバッチ処理

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

3Dバッチ処理

3Dバッチ処理について

◆ 概要

3Dバッチ処理は、インダストリー4.0においてCADデータの効率化を行うため、3D Evolutionの全機能をバッチインターフェイス、またはコマンドラインで実行します。この3Dバッチ処理が無くては、3D図面の成功はあり得ません。3次元CADが不得意な領域として、3Dデータ変換、曲面オフセット、干渉チェック、形状単純化(3Dデータ軽量化、3Dデータ保護化、3Dデータ外形化))、PDQ最適化があります。この3Dバッチ処理は、これらの機能を融合させた3Dバッチ処理にて実行可能です。3Dバッチ処理は、簡単なスクリプトで記述により、3D Evolutionの複数コマンドを組み合させて処理が可能となり、コスト削減および品質向上に寄与します。3Dデータの読込みは、国際標準化機構(ISO)など国際的に評価の高いバイナリー解析技術により、大容量3Dデータを高速かつ正確に読み取ります。実際のCADデータは、管理情報が多く形状情報は少ないため、形状情報の頭出しで読み取るバイナリー解析技術は、高速に3Dデータを読み取ることが可能です。このバイナリー解析技術により、3D図面変換は、元CADデータがなんであるとも後工程に影響を与えない為、安定した3D図面プロセスの構築が可能です。


◆ 「3Dバッチ処理」の特徴

✔ 3Dデータ変換・干渉チェックなど24時間処理を実現


◆ 「3Dバッチ処理」の関連機能


◆ 「3Dバッチ処理」の3Dデータ変換フロー

3Dバッチ処理は、簡単なスクリプトで定義されます。例えば、PDQ最適化は1行、3Dデータ最適化は、ヒーリングで1行、ステッチングで1行と言うような具合です。それぞれのコマンドラインは、3D Evolutionをインタラクティブで実行した時に取得可能です。作成されたシェルスクリプトは、専用のブラウザーから実行するかコマンドラインから実行することができます。コマンドラインから実行可能なため、様々なシステムと連携が可能です。下の図は3Dデータ変換を行い、変換後の誤差を検証するフローイメージです。このフローは、3D図面の変換で運用されているものです。

3Dバッチ処理

◆ 「3Dバッチ処理」のインプット情報

3Dバッチ処理は、国際標準化機構(ISO)などから評価の高いバイナリー解析技術によりダイレクトに大容量3Dデータを高速・正確に読取り。3Dデータ活用に必要な情報に変更し保存します。3Dデータ活用に必要な情報とは、3D図面データへ変換、この時に国際標準化機構(ISO)やドイツ自動車工業会(VDA)のPDQ最適化を行い品質保証を行います。また後行程に必要な、3Dデータ外形化、協調設計に必要な機密保護や3Dデータの軽量化を行う3Dデータ軽量化・保護化を3Dバッチ処理で行います。自動車ボディの曲面オフセットや干渉チェックも3Dバッチ処理で行い、3Dデータの信頼性を高めています。

インプットフォーマット 拡張子
3DXML *.3dxml
Acis *.sat
*.sab
CATIA V5 *.CATProduct
*.CATPart
*.cgr
Creo *.asm
*.prt
*.xas
*.xpr
*.neu
iCAD *.x_t
*.x_b
IFC *.ifc
IGES *.iges
*.igs
Inventor *.iam
*.ipt
JT *.jt
NX *.prt
Parasolid *.x_t
*.x_b
*.xmt_txt
Solid Edge *.par
*.asm
*.psm
SolidWorks *.sldasm
*.sldprt
*.asm
*.prt
STEP *.step
*.stp
*.stpx
*.stpZ
STL *.stl