保護化(Security)

保護化(Security)

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

保護化(Security)

保護化(Security)について

◆ 保護化(Security)の概要・・・バッチモード

企業が自らの知的財産やデザインを保護することは、業界の競争力を維持し、成長を促進するための不可欠な要素です。その中でも、「保護化(Security)」は、これらの価値ある情報を守ると同時に、製造プロセスの効率を向上させる役割を果たしています。特に、設計の詳細情報を一部削除したり、特定部分を非表示にすることで、データの秘密性を確保しつつ、業務に必要な情報のアクセスは容易に保たれます。

現代の技術、特にバイナリ解析技術を取り入れることで、異なるCADメーカーからのデータに対しても、変更を容易に行い、かつ製造工程への影響を避けることが可能です。これは高度に信頼性のあるプロセスであり、大量のデータも短時間で読み込み、適切に保護し、長期間安全に保管することができます。

インダストリー4.0の時代が進む中、3D図面の活用はさらに重要となります。その中で、「保護化(Security)」は、業界全体の生産性を高める一助となっています。さまざまな用途、例えば協調設計やロボットのシミュレーション、そして梱包計算のためのデータ生成も、この技術の助けを借りて迅速に実施することができます。

最終的に、「保護化(Security)」は、製造業の生産性向上とコストの削減を実現するための鍵となる技術です。この技術を採用することで、企業は機密情報の保護と高い生産性という、一見相反する目標を両立させることができるのです。

パスワードによる機密保護は、意味がありません。現在の犯罪事例では、パスワード解除の権限がある人物が機密漏洩を行います。

2023年10月