比較チェック

比較チェック

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

比較チェック

比較チェックについて

◆ 比較チェックの概要

3D Analyzerや3D Evolutionの比較チェックは、国際標準化機構(ISO)など国際的に評価の高いバイナリー解析技術により、大容量3Dデータを高速かつ正確に読込み、パーツ単位の形状比較、パーツ形状は同じでも位置が変更された場合のレイアウト位置比較、3D図面のPMI比較、CADフィーチャーのパラメータ情報比較を実行します。この比較チェックは、マルチ3Dフォーマットに対応しています。比較チェックの目的は設計変更部位の確認、3Dデータ変換前後における変換保障を行います。3D図面の適用は、この比較チェックが無くては始まりません。計算結果は、グラデーション表示され、ピック点での誤差数値が表示されます。計算結果の表示情報は3D PDFに保存可能で共有化が図れます。この比較チェックは、パーツ形状比較、レイアウト比較、PMI比較、CADフィーチャー比較が可能です。比較チェックは、バッチ処理が可能で3Dデータ変換後に変換保証で使用されます。


◆ 比較チェックの主な目的

比較チェックの目的は、2つあります。1つ目は、同一インターフェイスの比較による設計変更箇所の把握です。設計変更箇所の把握は、新旧データの比較チェックを行うことで曲面の変位部分が把握が容易です。図面の設計変更では寸法のみの変更が多く、形状の変化が把握し難いため金型等の修正が大変です。3Dデータの比較チェックでは、寸法変更により変更部位はもちろんのこと変更部位に接続するフィレット等のフェイス変位状態、そのフィレットに接続するフェイスの変位状態の把握が簡単です。隣接する形状の変位は、図面では読み取れません。3D Evolutionは、変位部分を抽出して任意のフォーマットに変換することができます。この抽出された面を利用して金型形状を修正することができます。2つ目は、違うインターフェイスの比較です。3Dデータを流通させる場合に3Dデータ変換が伴います。3Dデータ変換後に、変換元データと変換先データの比較チェックを行い、変換保証を得ることができます。3D Analyzerや3D Evolutionのインターフェイスは高速かつ正確に3Dデータを読取ります。この技術は、国際標準化機構(ISO)など国際的に評価の高いバイナリー解析技術で開発されているため、古いデータから最新データまで高速に読取り、航空宇宙産業の長期保存や自動車産業の3D図面変換の変換保証を支えています。ソフトウェアの動作スピードはコストに直結します。3Dデータの確からしさを検証することは重要です。


比較元インターフェイスの選択

インターフェイス 拡張子
3DEXPERIENCE *.3dxml
3DXML *.3dxml
3MF *.3mf
Acis *.sat、*.sab
AMF *.amf
AutoCAD *.dwg
CADDS _pd、_ps
CATIA V4 *.model、*.exp、*.dlv
CATIA V5 *.CATProduct、*.CATPart、*.cgr
CATIA V6 *.3dxml
Creo *.asm、*.prt、*.xas、*.xpr
DGN *.dgn
DWG *.dwg
FBX *.fbx
iCAD *.x_t、*.x_b
I-Deas *.arc、*.unv、*.asm
IGES *.iges、*.igs
Inventor *.iam、*.ipt、*.sat、*.sab
JT *.jt
Mechanical Desktop *.sat、*.sab
Microstation *.dgn、*.sat、*.sab
Nastran *.nas
Neutral *.neu
NX *.prt、*.jt、*.x_t、*.x_b
Parasolid *.x_t、*.x_b、*.xmt_txt
3D PDF *.pdf、*.prc
PLMXML *.plmxml
Proe *.asm、*.prt、*.xas、*.xpr
Rhinoceros *.3dm
RobCAD *.rf
Solid Edge *.jt、*.x_t、*.x_b
SolidWorks *.sldasm、*.sldprt、*.asm、*.prt、*.x_t、*.x_b
Space-E *.sat、*.sab
STEP *.step、*.stp、*.stpx、*.stpZ
STL *.stl
TOPsolid *.x_t、*.x_b
VDA-FS *.vda
VisiCAD *.wkf
VRML *.vrml、*.wrl
X3D *.x3d、*.x3db

比較チェックのイメージ

◆ パーツの形状比較

下図は、比較チェックでアセンブル情報のパーツに対して形状比較を行っています。アセンブル情報に対しての比較チェックは、レイアウト比較、パーツの形状比較の2種類の比較ができます。2種類の比較検証を行う理由は、後工程の部品加工者は、担当形状の差分把握が必要です。またアセンブル作業者は、アセンブルの位置情報の差分把握が必要です。比較チェックは、3Dデータ流通時の工数を削減するように機能が構成されています。

比較チェック

◆ パーツの位置比較

アセンブルデータを比較し形状は同じだが位置の変更があるパーツを検証します。検証結果は、赤と青の2色で色分けされます。問題のない部分を非表示や半透明表示にできます。

比較チェック