バッチ機密保護化

バッチ機密保護化

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

バッチ機密保護化

バッチ機密保護化について

3Dデータの活用は、3D Evolutionで3Dモデルの機密保護を行うことにより、軽量化が行われ協調設計やロボットシミュレーションなど生産準備、梱包設計で活用できます。バッチ機密保護化とは、設計データの機密部分を削除して外形化を行います。外形化することで軽量化も同時に行われます。外形化された形状は様々なシーンでセキュアなデータとして使用できます。ドイツの3D図面は、3Dモデルの機密保護を1クリックで行うことにより、セキュリティ問題が解決された上に軽量化も行われるため、インダストリー4.0の工数削減に大きく貢献しています。日本国内でも同様な作業は行われていますが、手動のため設変に対応できないのが現状です。

バッチ機密保護化

バッチ機密保護化のサンプル

3Dデータ単純化のアルゴリズムは明確です。最初に外観パーツの穴を塞ぎ内部パーツを除去します。次に残ったパーツの空間形状を除去します。この方法で処理で出来ない3Dモデルは、シュリンクラップ軽量化で外観形状を抽出して形状単純化することで機密保護が実現可能です。

バッチ機密保護化