バッチ・3Dデータ変換

バッチ・3Dデータ変換

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

バッチ・3Dデータ変換

バッチ・3Dデータ変換

◆ バッチ・3Dデータ変換について

3D Evolutionの3Dバッチ処理による3Dデータ変換は、国際標準化機構(ISO)など国際的に評価の高いバイナリー解析技術により、大容量3Dデータを高速かつ正確に読取ります。読み取られた3Dデータは、ART(AdvancedRepair Technology)と呼ばれる世界最高のB-Rep補正技術により、各システムの内部データ構造や位相を構成するトレランスの違いを補正し、任意のフォーマットに変換します。この3Dバッチ処理による3Dデータ変換は、ドイツ自動車工業会(VDA)の3D図面への変換や航空宇宙産業団体(LOTAR)の3Dデータ長期保存への変換で使用されています。今後、モノづくりにおいて3Dデータ変換の品質、スピードは重要でその価値を長期間にわたり維持することが、コストダウンやIT化に寄与します。従ってそれらを担保する3Dデータを直接読み取るバイナリー解析技術が、注目を浴びています。バイナリー解析技術により3Dデータの自由度が高まり、海外の製造業のプロセスでは大幅な工数削減が実現しています。3Dデータ変換は、3Dバッチ処理にて航空宇宙産業の長期保存や自動車業界の3D図面への変換、3D BOMに対応しています。


バッチ・3Dデータ変換のイメージ

◆ B-Repデータ変換のイメージ

この動画は、CATIA V5の3D図面をJTデータに変換している動画です。ドイツ自動車工業会界は、工数削減とIT化を図るため出図はJTデータを採用しています。このことはCADのオリジナルデータより中間フォーマットの方が将来的に安全性が高いことを意味しています。ドイツ自動車工業会界は、自動車の設計データ保存年数を25年としています。25年以上オリジナルCADデータを維持するのは難しいためJTデータを選択しています。


3Dデータ変換

変換元インターフェイスの選択

インターフェイス 拡張子
3DEXPERIENCE *.3dxml
3DXML *.3dxml
3MF *.3mf
Acis *.sat、*.sab
AMF *.amf
AutoCAD *.dwg
CADDS _pd、_ps
CATIA V4 *.model、*.exp、*.dlv
CATIA V5 *.CATProduct、*.CATPart、*.cgr
CATIA V6 *.3dxml
Creo *.asm、*.prt、*.xas、*.xpr
DGN *.dgn
DWG *.dwg
Euklid *.edx
FBX *.fbx
iCAD *.x_t、*.x_b
I-Deas *.arc、*.unv、*.asm
IGES *.iges、*.igs
Inventor *.iam、*.ipt、*.sat、*.sab
JT *.jt
Mechanical Desktop *.sat、*.sab
Microstation *.dgn
Nastran *.nas
Neutral *.neu
NX *.prt、*.jt、*.x_t、*.x_b
Parasolid *.x_t、*.x_b、*.xmt_txt
3D PDF *.pdf、*.prc
PLMXML *.plmxml
Proe *.asm、*.prt、*.xas、*.xpr
Rhinoceros *.3dm
RobCAD *.rf
Solid Edge *.jt、*.x_t、*.x_b
SolidWorks *.sldasm、*.sldprt、*.asm、*.prt、*.x_t、*.x_b
Space-E *.sat、*.sab
STEP *.step、*.stp、*.stpx、*.stpZ
STL *.stl
TOPsolid *.x_t、*.x_b
VDA-FS *.vda
VisiCAD *.wkf
VRML *.vrml、*.wrl
X3D *.x3d、*.x3db