ダイレクトトランスレータ

ダイレクトトランスレータ

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

ダイレクトトランスレータ

ダイレクトトランスレータについて

◆ ダイレクトトランスレータの概要

3D Evolutionのダイレクトトランスレータは、国際標準化機構(ISO)など国際的に評価の高いバイナリー解析技術により開発されたCADインターフェイスを実装しています。そのCADインターフェイスにより大容量3Dデータを高速かつ正確に読み取り、3Dデータ変換(B-Rep変換)、CADフィーチャー変換、図面データ変換を行います。バイナリー解析技術を使用している理由は、設計・製造プロセスの永続的な効率化を考える上で、CADメーカの意向を排除してユーザが思うようにCADデータを取り扱うことにあります。このバイナリー解析技術は、設計CADを入れ替えても全体的な製造プロセスに影響がないことを保証します。従ってこのダイレクトトランスレータは、CADライセンスを必要とせず、設計CADデータの3Dデータ変換が可能なため、様々なシステムに組み込まれ、製造業のIT化を行う3Dエンジンとして活用されています。解析ソフトでCADデータを直接読み込む技術は、このバイナリー解析技術によるCADインターフェイスを供給しています。ITで取り扱うデータは文字情報、イメージ情報、3Dデータ情報となります。文字情報や画像、ビデオ情報は既に取り扱われていますが、3Dデータ情報はこれからです。このダイレクトトランスレータは、3Dデータ情報の領域をカバーすることでIoTを実現し、インダストリー4.0を成功へと導いています。3D Evolutionのダイレクトトランスレータの実績は、航空宇宙産業界の設計CADデータの長期保存、ドイツ自動車産業界の3D図面変換があります。どちらの実績とも変換母数が多く、バイナリー解析により、CADデータのリードスピードが早まり、使用メモリーが削減された環境で運用しています。これからの製造業に重要なことは、3Dデータ変換処理のスピードは、コストに直結することです。このことは、インダストリー4.0において3D図面運用に成功したドイツが証明しています。バイナリー解析技術を使用しない他のダイレクトトランスレータは、CADデータを読み込むためには、CADメーカからライブラリーの供給を受けています。その場合は、CADの能力を超えたスピードは得られません。このダイレクトトランスレータは、3D図面化、DX(デジタルトランスフォーマーション)による工数削減を実行できる唯一のソフトウェアです。


◆ ダイレクトトランスレータの資料


◆ バイナリー解析技術とは

下図は、CADの生データとParasolid、JT、Acisなどエキスポートデータの関係図です。一般的に3D図面では、アセンブル情報と形状情報を取り扱いますが、CADのバージョンアップやバージョンダウンでは、フィーチャー情報や図面情報を取り扱う場合もあります。バイナリー解析技術とは、CADの生データ、つまりバイナリー情報を読む技術です。バイナリー情報は、1と0で記述されある桁数で区切るとある意味を持つ情報です。情報の中には高次方程式で記された曲面情報がナーバスやベジェだったりします。それらの曲面上の範囲を囲ってフェイスを表現し、フェイスの集合体を指定されたトレランスを用いてソリッド化しています。その情報は、B-Repと呼ばれていて各CADの共通概念です。必要な情報を読取るため3D Analyzerや3D Evolutionのバイナリー解析技術は、必要な情報の頭出しを行い読み込みます。そのため大半の情報は読み飛ばし必要な情報を読み込むため読込み時間が早くなります。また頭出し処理を行うためヘッダー等が壊れたCADでは読めない情報を読むことが可能です。CADのバージョンアップした場合でもB-Rep情報に大幅な変更は無いため直ぐに対応可能です。CADのB-Rep情報が安定した場合は、CADの生情報を直接保存します。B-Rep情報が安定していない場合は、少し古めのエキスポートフォーマットや中間フォーマットに出力します。このバイナリー解析技術は、設計資産の継承や製造プロセスの簡略化による工数削減効果が得られます。それらの効果は、CADメーカに依存することなく継続が可能です。このバイナリー解析技術によりISO(国際標準化機構)と一緒にSTEP AP242を開発に成功しました。STEP AP242は、航空宇宙産業界の3D図面と長期保存フォーマットとして採用されています。その場合に変換元のCADデータと同一性が求められ、同一性チェックをCATIA V5と3D Evolutionでダブルチェックを行い3D図面として運用しています。

エキスポートフォーマット

◆ ダイレクトトランスレータの変換方法

3D Evolutionのダイレクトトランスレータの変換方法は、3通りあります。最初の変換方法は、直接変換先CADの生データに変換します。但しCADは、ある程度定期的に更新され幾何情報部分が変更される場合があります。開発元では、バイナリー解析により更新情報を把握し更新されないCADに対して直接保存します。その次にCADとの通信により、変換幾何情報をCADへ転送しCADで保存する方法があります。この方法は、CADフィーチャー変換で使用されますが、一般のB-Rep変換に対応可能です。但しCADライセンスを消費することに注意が必要です。一般的な方法として変換先CADが読み取れる中間フォーマットに保存する方法があります。CATIA、Creo以外のCADは殆どParasolidやAcisカーネルで作成されています。従ってParasolidまたはAcisに出力することで変換対応CADが格段に増えます。そこで問題は、Parasolidを使用しているSolidWorksとiCADの変換トラブルが多様していますが、原因はハッキリしています。Parasolidの使用方法が、違うために発生しています。3D Evolutionは、Parasolidデータの使用方法を誰が考えても間違いのないデータに修正して保存します。ParasolidデータとParasolidデータに修正保存することで殆どのトラブルは解決できます。