フェイス作成

フェイス作成

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

フェイス作成

フェイス作成について

◆ 概要

「フェイス作成」は、国際標準化機構(ISO)、航空宇宙団体(LOTAR)、ドイツ自動車工業会(VDA)など国際的に評価が高いバイナリー解析技術で開発されたCADインターフェイスにより、高速かつ正確に大容量3Dデータを読み取ります。読み込まれた3Dデータを「ヒーリング」 や「ステッチング」 で最適化する上で、明らかにフェイスの欠落がある場合はフリーエッジを選択して「フェイス作成」が可能です。捩れているフリーエッジは、「ヒーリング」 によりエッジをスムージングすることが可能です。このことにより捩じれたフェイスの生成を抑止することができます。エッジの「スムージング」は、単純な機能ですが、重要な機能です。「フェイス作成」の一般的な操作は、フリーエッジを3本から4本を選択し、それらのフリーエッジを補完するフェイスを作成します。3次元CADと同様にスイープ面、ブレンド面を作成することも可能です。作成されたフェイスを「ヒーリング」 や「ステッチング」 でエッジを整えて、「3Dデータ変換」により任意のフォーマットに変換できます。この「フェイス作成」は、形状を修正する機能でモデリングをするための機能ではありません。


◆ 特徴

- 変換時の欠落面を補間するフェイスを作成


◆ フェイス作成の有用性

「フェイス作成」は、欠落面の補間ばかりではなく、「ヒーリング」などの面修正において問題が発生する面を削除して「フェイス作成」で置き換える操作も行います。いざと言うときに役に立つ機能です。


◆ 欠落面の補間を実行

ビデオは、読み込まれた3Dデータに対し「トレランスチェック」を行うことでフリーエッジの抽出を行っています。更に見つかったフリーエッジを明確化するため、フィルターを掛けて表示しています。そのままフェイスを作成する場合は、フリーエッジを選択してフェイスを作成します。作成されたフェイスの形が悪い場合は、周辺のフェイスやエッジを「ヒーリング」 して再度フェイスを作成します。


◆ CADインターフェイスの確認は、コチラをクリックしてください。


◆ 3Dデータ変換は、コチラをクリックしてください。


◆ 3Dデータの修正は、コチラをクリックしてください。


◆ バイナリー解析は、コチラをクリックしてください。