ダイレクトモデリング

ダイレクトモデリング

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

ダイレクトモデリング

ダイレクトモデリングについて

「ダイレクトモデリング」は、製造業において3DAモデルを直接操作し、精度を向上させるための技術です。CADインターフェースを通じて大容量の3DAモデルを読み込み、必要な変更を加えることができます。この技術は、国際標準化機構(ISO)や航空宇宙団体(LOTAR)、ドイツ自動車工業会(VDA)などの国際標準化機構や業界団体から高い評価を受けています。

ダイレクトモデリングでは、面要素の移動やスケール変更などの操作が可能であり、設計データに反映されない細かな仕様を加工データとして実現できます。具体的には、モデルの一部を選択して移動させたり、サイズを変更したりすることができるため、設計の自由度が高まります。この技術により、迅速なデザイン変更やプロトタイプの改良が容易になり、設計プロセスの効率化と柔軟性を提供します。たとえば、製品の一部に対する変更が必要な場合、スケッチやフィーチャーを再定義することなく、直接モデルを編集することが可能です。

また、ダイレクトモデリングは、複雑な輪郭の変更が必要な場合に「CADフィーチャー認識」と組み合わせて使用することもあります。CADフィーチャー認識を用いることで、モデルのスケッチを変更し、再構築する手間を減らしながら、正確な形状変更が実現できます。これにより、設計と製造のギャップを埋め、精密な製品製造を支援します。

この技術の利点は、製品開発の速度向上と設計の反復作業が容易になることです。設計変更が迅速に行えるため、プロトタイプの改良や市場の要求に素早く対応することが可能になります。また、設計の初期段階から製造工程までの一貫性が確保されるため、製品の品質向上にも寄与します。これにより、高品質な製品を効率的に市場に投入することが可能となります。

ダイレクトモデリングは、設計の効率化だけでなく、製品のデザインレビューや検証プロセスのスピードアップにも貢献します。設計者は、モデルの変更をリアルタイムで視覚化できるため、設計の確認や検討が迅速に行えます。これにより、設計の決定が迅速化され、プロジェクト全体のタイムラインが短縮されます。

ダイレクトモデリングは、製造業における設計と製造のプロセスを革新し、効率的で柔軟な製品開発を支援する重要な技術です。この技術を活用することで、企業は市場競争力を高め、より迅速に高品質な製品を市場に提供することが可能になります。

2024年04月

◆ 目的

- 複雑な形状を素早くモデリングする

- プロトタイプの開発時間を短縮する

- デザイン変更を容易にする

2024年04月

◆ 効果

- 高速なプロトタイピングと製品開発を促進

- 複雑な形状を容易に設計・変更可能にする

- 複数の設計バリエーションを素早く評価し、最適解を導く

2024年04月

◆ 特徴

- 3Dモデルの直接編

- パラメトリックな制約なし

- 即座の変更とリアルタイムな反応

2024年04月

◆ 3DAモデルで行われている形状変更方法

「CADフィーチャー認識」は、CADモデルから特定の幾何学的要素を識別し抽出するプロセスであり、設計変更や最適化を効率化し、異なるCADシステム間のデータ移動を容易にします。この技術は、設計の自動化とデータの再利用を促進し、エンジニアがより迅速かつ正確に設計変更を行うことを可能にします。例えば、フィーチャー認識により、穴やフィレット、ボスなどの設計要素を自動的に検出し、必要に応じて再利用や変更が簡単に行えます。

一方、「ダイレクトモデリング」は、3DAモデルを直接操作し、精度向上を目的とした技術です。これにより、設計データには反映されない細かな仕様をモデルに埋め込むことが可能です。例えば、部品の形状を直感的に操作して修正したり、スケールを変更したりすることができます。設計者は、特定の部分をドラッグして移動させたり、押し出したりすることで、即座に形状変更を実現できます。

これらの技術は補完的に機能し、製造業における設計変更やプロジェクトの要件に応じて選ばれます。CADフィーチャー認識は、モデルの自動解析とデータ抽出を行い、設計の一貫性と再利用性を高めます。これにより、設計の修正や変更を自動化し、設計者の作業負担を軽減します。例えば、設計の初期段階でフィーチャーを認識しておくことで、後の設計変更時に自動的に適用できるため、効率が向上します。

ダイレクトモデリングは、迅速な設計変更やプロトタイプの改良を可能にし、設計の自由度を向上させます。設計者は、複雑なコマンドやスクリプトを使用せずに、直感的な操作でモデルを編集できるため、設計変更が迅速に行えます。この技術は特に、設計の後半段階やプロトタイプ作成時に有用です。

この二つの技術を組み合わせることで、3DAモデルの管理と操作を効率化し、製品開発のスピードと品質を向上させることができます。例えば、CADフィーチャー認識で抽出した要素をダイレクトモデリングで直感的に修正することで、設計の迅速な改善が可能になります。このような組み合わせにより、設計プロセス全体の効率が向上し、より高品質な製品を市場に迅速に投入することができます。

製造業において、これらの技術は設計から製造に至るまでの全体的な効率と柔軟性を向上させるための重要な要素です。CADフィーチャー認識による自動化とダイレクトモデリングによる直感的な編集を組み合わせることで、設計者はより迅速かつ正確に製品を開発することができ、企業の競争力を高めることができます。

ダイレクトモデリング

2024年01月

2024年03月

◆ 入力

インターフェース 拡張子
CTデータ *.ct
*.cta
*.ctp
3DEXPERIENCEデータ *.3dxml
Acisデータ *.sat
*.sab
AP242XMLデータ *.stpx
*.stpxZ
AutoCADデータ *.dwg
CADDSデータ _pd
_ps
CATIA V4データ *.model
*.dlv
*.exp
*.session
CATIA V5データ *.CATProduct
*.CATPart
CATIA V6データ *.3dxml
Creoデータ *.asm
*.prt
*.xas
*.xpr
*.neu
Euklidデータ *.edx
FBXデータ *.fbx
iCADデータ *.x_t
*.x_b
I-Deasデータ *.arc
*.unv
*.asc
IFCデータ *.ifc
IGESデータ *.iges
*.igs
Inventorデータ *.iam
*.ipt
JTデータ *.jt
MicroStationデータ *.dgn
NXデータ *.prt
Optimizerデータ *.csb
PLMXMLデータ *.xml
Rhinocerosデータ *.3dm
RobCADデータ *.rf
Parasolidデータ *.x_t
*.x_b
*.xmt_txt
Solid Edgeデータ *.par
*.asm
*.psm
SolidWorksデータ *.sldasm
*.sldprt
*.asm
*.prt
STEPデータ *.step
*.stp
STEP AP242データ *.step
*.stp
*.stpZ
VDAデータ *.vda
VisiCADデータ *.wkf

2023年11月