ダイレクトモデリング

ダイレクトモデリング

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

ダイレクトモデリング

ダイレクトモデリングについて

◆ 概要

「ダイレクトモデリング」は、国際標準化機構(ISO)、航空宇宙団体(LOTAR)、ドイツ自動車工業会(VDA)など国際的に評価が高いバイナリー解析技術で開発されたCADインターフェイスにより、ダイレクトに大容量3Dデータを読込みます。読み込まれた3Dデータに対し面要素を平行移動、回転移動、スケール移動、フィレットRや円筒形状の半径値の修正など「ダイレクトモデリング」が可能です。「3D Evolution」の「ダイレクトモデリング」の主な使用目的は、寸法公差を中間公差に形状を変更し加工データとして使用します。要するに設計データに反映されない現場の細かな仕様を3Dデータに埋め込みます。「ダイレクトモデリング」により変更された形状は、「3Dデータ変換」で任意のフォーマットで保存しCAMソフト等で使用することが可能です。


◆ 特徴

- 製造現場で公差調整のために開発された機能


◆ ダイレクトモデリングの有用性

ものづくりには、必ず公差の問題が付きまといます。設計段階でモデリングデータは公差を考慮していません。公差は、図面に記載されています。これから3D図面になった場合は、3DにPMIで公差を記述する方法もありますが、特にPMI自体が定まっているものではありませんので3D図面にPMIで公差を入れるのは危険です。従って公差や加工上の注意書きを記載した簡易図面が必要となります。現場では、モデリング形状を測定し確認しながら中間公差等の形状に変更するのが望ましいでしょう。従ってダイレクトモデリングは、公差調整で重要になります。


◆ ダイレクトモデリングの基本操作

下図は、テストデータで「ダイレクトモデリング」の使用方法を確認しています。この「ダイレクトモデリング」の目的は、主にフェイスの公差調整を行う目的で使用します。3Dデータの流通が多くなると公差調整(主に中間公差)を行う作業が多くなるため、公差調整を行いCAM等のシステムへ「3Dデータ変換」を行います。


◆ 輪郭などの変更

輪郭などの変更は、ダイレクトモデリングでは不向きです。輪郭は、ポケット等の平面を選択してスケッチを作成する方法があります。この方法は、「CADフィーチャー抽出」です。抽出されたスケッチを含むCADフィーチャーは、フィーチャー変換で任意のCADに変換されCADでスケッチを変更します。変更された3Dデータを「3D Evolution」で任意のフォーマットに変換します。


◆ CADインターフェイスの確認は、コチラをクリックしてください。


◆ 3Dデータ変換は、コチラをクリックしてください。


◆ 3Dデータの修正は、コチラをクリックしてください。


◆ バイナリー解析は、コチラをクリックしてください。


◆ ダイレクトモデリングで編集できない部分の対応は、コチラをクリックしてください。