ダイレクトトランスレータ/Brep変換

ダイレクトトランスレータ/Brep変換

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

ダイレクトトランスレータ/Brep変換

ダイレクトトランスレータとは

3D_Evolutionのダイレクトトランスレータは、ダイレクトに3Dデータを読取り、高度な形状処理技術により各システムの内部データ構造やトレランスの違いを補完し、任意のフォーマットへ変換します。このダイレクトトランスレータは、バイナリー解析技術を基礎とするため大容量3Dデータを正確かつ高速に読み取ります。ドイツ自動車産業界では、CADデータを3DAモデルとしてJTフォーマットへ変換、航空宇宙産業界ではCADデータを3DAモデルとしてISO(国際標準化機構)のSTEP AP242フォーマットに変換を行っています。


CATIA V5データをダイムラー社仕様のJTデータに変換しています。
アセンブル形式は、PLMXML形式で保存しています。


Import/Export Interface

▼ リストから選択



▼ 入力インターフェイスをテーブルから選択

インターフェイス 拡張子 バージョン
3DEXPERIENCE *.3dxml 2014x-2015
3DXML *.3dxml 2011x-2015
3MF *.3mf
Acis *.sat
*.sab
All-R21
AMF *.amf
AutoCAD *.dwg All-2013
CADDS _pd
_ps
4&5
CATIA V4 *.model
*.dlv
*.exp
All-4.x
CATIA V5 *.CATPart
*.CATProduct
*.cgr
R10-R27
CATIA V6 *.3dxml 2011x-2013
Creo *.prt
*.xpr
*.asm
*.xas
All-Creo4.0
DGN *.dgn
DWG *.dwg All-2013
Euklid *.edx
FBX *.fbx
iCAD *.x_t
*.x_b
All-26
I-Deas *.arc
*.unv
*.asc
All-NX6
IGES *.igs
*.iges
5.2-5.3
Inventor *.ipt
*.iam
All-2017
*.sat
*.sab
All-R21
JT *.jt 6.4-10.2
Mechanical_Desktop *.sat
*.sab
All-R21
MicroStation *.dgn
*.sat
*.sab
All-R21
Nastaran  *.nas  
Neutral  *.neu 13-WF5
NX   *.prt 11.1-NX11
*.x_t
*.x_b
All-26
*.jt 6.4-10.2
Parasolid *.x_t
*.x_b
All-26
PLMXML *.xml 4-6
Proe *.prt
*.xpr
*.asm
*.xas
13-WF5
*.neu 13-WF5
Rhinoceros *.3dm
RobCAD *.rf
Solid_Edge *.x_t
*.x_b
All-26
*.jt 6.4-10.2
SolidWorks *.sldprt
*.prt
*.sldasm
*.asm
1999-2017
*.x_t
*.x_b
All-26
Space-E *.sat
*.sab
All-R21
STEP *.stp
*.stpx
*.step
*.stpZ
AP203
AP214
AP242
STL *.stl
TOPsolid *.x_t
*.x_b
All-26
VDA *.vda FS2.0
VisiCAD *.wkf
VRML *.wrl
*.vrml
97
97Zip
X3D *.x3d
*.x3db

Advanced Repair Technology(ART)

▼ ヒールについて

ヒールは、ダイレクトにCADデータを読取り再トリム計算によりエッジ誤差を補正します。シェル要素やソリッド要素は、3次元CAD固有のトレランス内にエッジ誤差が収まりフェイスの集合体を表現しています。このトレランスは3次元CAD毎に違うため、そのまま中間フォーマットを介して変換した場合は、変換トラブル原因になっています。ヒールは、トレランスを変換先システムに合わせて再トリム計算によりエッジ誤差を補正します。従ってこのヒールでは、母曲面の変更は行わないため元面を保持します。



▼ ステッチについて

ステッチは、ダイレクトにCADデータを読取り、設定されたトレランス(許容誤差)内で曲面を変形しエッジ誤差を修正します。ステッチは円筒面、平面などのプリミティブ情報を維持しながら曲面を修正します。