3Dデータ編集

3Dデータ編集

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

3Dデータ編集

3Dデータ編集とは

3D Evolutionの3Dデータ編集には、曲面オフセット、ダイレクトモデリング、フィーチャー認識があります。3D Evolutionは、ダイレクトに3Dデータを読込み編集することが可能です。3次元CADで曲面オフセット計算は時間がかかる、または計算できないことが多々あります。曲面オフセットは、複合面を高速にオフセットして板厚ソリッドを作成することが可能です。この曲面オフセットは、干渉チェックにおいて接触除外計算に利用される重要なアプリケーションです。ダイレクトモデリングは、半径値、距離、角度を変更することで形状を編集して再利用することが可能です。フィーチャー認識は、Brepからパッドやポケット、フィレット等を抽出することが可能です。抽出されたフィーチャーは、3次元CADに対してフィーチャー変換を行うことが可能です。このフィーチャー認識は、冶具データや機械設備データを修正する場合に有効です。

3Dデータ編集

曲面オフセット機能

3D Evolutionの曲面オフセットは、ダイレクトに3Dデータを読込み、3次元CADでオフセットできない複雑な複合曲面に対して一定量の曲面オフセットを高速実行します。この曲面オフセットの考え方は、1面単位でオフセット計算を実行し、隣接面と位相を構築するため補正を高速に行いソリッド化します。3次元CADにはこの補正能力がないため、面の離れや重なりが生じるためオフセットが不完全となります。

オフセット

ダイレクトモデリング機能

3D Evolutionのダイレクトモデリングは、ダイレクトに3Dデータを読取り面を平行移動・回転移動・スケール移動・半径値の変更を行います。主な使用用途は、寸法公差の中間公差化や後行程に必要な形状変更を行います。

ダイレクトモデリング

フィーチャー認識機能

3D Evolutionのフィーチャー認識は、ダイレクトに3Dデータを読込みBrepからフィーチャーを認識し抽出します。フィーチャーを認識する方法は、自動認識と手動認識があります。手動認識では、面を選択し意図に沿ったスケッチベースのフィーチャーを認識させることができます。認識されたフィーチャーを抽出しフィーチャー変換で特定の3次元CADへフィーチャーを転送することが可能です。

フィーチャー認識

入力インターフェイス

インターフェイス 拡張子 バージョン
Acis *.sat
*.sab
All-R21
AutoCAD *.dwg All-2013
CATIA V4 *.model
*.dlv
*.exp
All-4.x
CATIA V5 *.CATPart
*.CATProduct
*.cgr
R10-R27
CATIA V6 *.3Dxml R210-R213
2011x-2013
Creo *.prt
*.xpr
*.asm
*.xas
All-Creo4.0
*.neu 13-WF5
iCAD *.x_t
*.x_b
All-26
I-Deas *.arc
*.unv
*.asc
All-NX6
IGES *.igs
*.iges
5.2-5.3
Inventor *.ipt
*.iam
All-2017
*.sat
*.sab
All-R21
JT *.jt 6.4-10.2
NX *.prt 11.1-NX11.0
*.x_t
*.x_b
All-26
*.jt 6.4-10.2
MicroStation *.dgn
*.sat
*.sab
All-R21
Parasolid *.x_t
*.x_b
All-26
Proe *.prt
*.xpr
*.asm
*.xas
13-WF5
*.neu 13-WF5
Rhinoceros *.3dm
RobCAD *.rf
Solid Edge *.x_t
*.x_b
All-26
*.jt 6.4-10.2
SolidWorks *.sldprt
*.prt
*.sldasm
*.asm
1999-2017
*.x_t
*.x_b
All-26
STEP *.stp
*.step
*.stpx
*.stpZ
AP203
AP214
AP242
STL *.stl