3Dデータ変更

3Dデータ変更

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

3Dデータ変更

3Dデータ変更とは

3Dデータ変更には、曲面オフセット、ダイレクトモデリングがあります。3Dデータ変更は、世界最高水準のバイナリー解析技術によりダイレクトに3Dデータを読込み、形状変更を行い任意のフォーマットに保存することが可能です。3次元CADが全般が不得手な機能として曲面オフセットがあります。曲面オフセットは、複合曲面を高速にオフセットし3次元CAD機能を補完します。ダイレクトモデリングは、半径値、距離、角度を変更する公差調整機能を提供します。

3Dデータ変更

曲面オフセットについて

曲面オフセットは、3Dデータをダイレクトに読込み、一定量のオフセット処理を行い任意のフォーマットに保存することが可能です。この曲面オフセット機能は、元々3次元CADで複雑なシェル要素をオフセットする場合に計算時間を要しオフセットができない問題に対処したものです。Brep情報にはフェイス間のトレランス内でシェル化、またはソリッド化されています。3次元CADでオフセットした場合に各単体の面をオフセットして3次元CAD特性のトレランス内に収まればオフセット計算が成功します。従ってオフセット量が小さい場合には、3次元CAD特有のトレランス内に収まる可能性が高いため、小さなオフセット計算は成功し易くなっています。CATIA V5の位相トレランスは0.1mm、NXの位相トレランスは0.0254mmですのでCATIA V5の方がオフセット計算に成功する可能性は高くなります。これは、可能性の話で実務では100%しかも高速にオフセットする必要があります。3D Evolutionのオフセット計算は、個々の面をオフセットして指定された位相トレランスから外れたエッジを自動ヒーリングをして修正しながらオフセット計算をを行います。この場合でもすべて修正されず、修正が必要なエッジが表示され、手動修正によりオフセットが完了します。Brepのみではなく、CGRやSTL、VRML等のファセットデータのオフセット計算も可能です。3D Evolutionのオフセットアルゴリズムは非常に高速です。従って3次元データの干渉チェックでは、マイナス方向にオフセットすることで、個々の部品を小さくして接触部分を計算から除外し致命的な干渉を抽出することに成功しています。この強力なオフセット計算は、1998年、ダイムラー社のAクラス発表時の横転事故が契機となり開発されています。開発の目的は、全ボディのオフセット計算を行い車両重心を正確に計算することです。

オフセット

ダイレクトモデリングについて

ダイレクトモデリングは、世界最高水準のバイナリー解析技術により3Dデータをダイレクトに読み取ります。読み取られた3Dデータの面要素やフィーチャー要素を平行移動、回転移動、スケール移動、フィレットRや円筒形状の半径値の修正が可能です。ダイレクトモデリングの主な使用用途は、寸法公差の中間公差に形状を変更することです。変更された形状は、ダイレクトトランスレータ機能で任意のフォーマットで保存することが可能です。

ダイレクトモデリング