3Dデータ自動化

3Dデータ自動化

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

3Dデータ自動化

3Dデータ自動化とは

3Dデータ自動化は、3D図面化により生産性向上を図る上で、重要な自動化処理を行います。自動化処理として3Dデータ自動変換、3Dデータ軽量化があります。3Dデータ自動変換は、3次元CADデータをJTフォーマットやSTEP AP242等の3D図面フォーマットに変換したり、3D図面を長期保存フォーマットに変換したりします。3D図面の数は紙図面と同様に膨大となり、課題として大容量3Dデータの変換があります。3D Evolutionは、バイナリー解析技術により大容量3Dデータを高速に変換できます。またバイナリー解析技術により3Dデータは3次元CADの寿命に関係なく、都合の良いタイミングで長期保存フォーマットに変換可能です。変換を行う場合にヒーリング、ステッチングによるBrep自動補正、自動PDQ検証、自動PDQ修正、自動アセンブル構成最適化を行うことが可能です。3Dデータ軽量化は、ボディ単純化による知財保護、アセンブル単純化による形状の外形化で軽量化を行います。知財保護された形状は協調設計、軽量化された形状は、ロボットシミュレーションや梱包設計に利用することが可能です。3Dデータ自動軽量化は、3D図面による生産性向上の肝となる考え方です。これらの3Dデータ自動化処理は、コマンドによりPDMのイベントで実行が可能です。3Dデータ自動化


3Dデータ自動変換について

3Dデータ自動変換は、紙図面を出図する要領で3DデータをJTフォーマットやSTEP AP242フォーマット等の3D図面フォーマットに出図したり、PDMのイベント等のトリガーで長期保存フォーマットへ自動変換を行います。3次元CADの寿命は、航空機や自動車などの製品寿命より短く長期保存するタイミングでは3次元CADが存在している可能性が低いため、3D図面は中間フォーマットで運用するのが一般常識です。3次元CADのネイティブフォーマットで運用している場合は、数年後には確実に破たんします。3D図面変換の一般的な課題は、大容量3Dデータの変換、変換保証、長期保存のタイミングがあります。3D Evolutionは、バイナリー解析技術により容量や時間軸の問題を解決しました。変換保証に関しては、長期保存のISO 同一性検証機能を実装済です。3D図面出図における変換保証は、形状比較機能で可能ですが、ドイツ自動車工業会では変換したJTフォーマットを正としています。従って3D図面出図時には変換保証は行っていません。3次元CADのネイティブデータを正とした場合に3次元CADの寿命は短く基準にはならないとの観点です。3D図面の方が寿命は長いため、3D図面出図データを基準とする考え方です。もともと3D Evolutionの変換は、Brepのツリー構造を抽出し変換先フォーマットのBrep構造に移植しているだけで変換は非常に正確です。

バッチツール

3Dデータ自動軽量化について

3Dバッチ成形は、3次元CADが苦手とする複雑な曲面オフセットや協調設計、梱包設計、ロボットシミュレーションに必要な形状の外観化をバッチ処理で行います。これらの処理は、手動でも行えますが設計変更への追随が困難となります。生産性向上のためには自動化が必要となっています。インダストリー4.0の工数削減を実現した機能群です。

3Dデータ自動化 3Dバッチ単純化