3Dデータ自動化

3Dデータ自動化

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

3Dデータ自動化

3Dデータ自動化とは

バッチマネージャーは、PDMのイベント等をトリガーにして3D_Evolutionの機能を自動実行します。バッチ処理として代表的な機能としてバッチ変換、バッチ軽量化があります。バッチ変換は、3DデータをJTフォーマットやSTEP AP242等の3D図面フォーマットに変換したり、3D図面を長期保存フォーマットに変換したりします。バッチ軽量化は、形状単純化による知財保護、アセンブル単純化による形状の外形化で軽量化を行います。バッチ処理


バッチ変換について

バッチ変換は、PDMのイベント等をトリガーにしてダイレクトトランスレータを実行します。3D図面時代の到来により、大量の3Dデータを3D図面フォーマット、長期保存フォーマット、PDFフォーマットに変換することが必要になります。大容量3Dデータを安定して変換するためバイナリー解析技術でマルチCADフォーマットからBrep情報を抽出して高速変換することが可能です。このバッチ変換は、ドイツ自動車工業会の3D図面、航空宇宙産業界の3D図面と長期保存フォーマット変換で採用されている信頼性の高いツールです。

バッチツール

バッチ軽量化について

バッチ軽量化は、PDMのイベント等をトリガーにして3Dデータの軽量化を行います。この軽量化は、軽量化フォーマットを使用するのではなく、一般的フォーマットを使用します。特殊なフォーマットを使用した軽量化データは活用範囲を狭めます。バッチ軽量化の対象としてシュリンクラップ、バウンダリーシェイプ、ハイブリット単純化化があります。シュリンクラップは、複雑な形状をラッピングしてひと塊の形状を作成します。この方法は塗装用ロボティクスや熱流体解析の熱源として有効な方法です。バウンダリーシェイプは、個々のパーツから単純なアウターな外形形状を作成します。梱包設計や大容量点群データの軽量化に有効です。ハイブリット単純化化は、平面、円筒面など重要な面とそうでない形状に分割します。重要でない面はテッセレーション化することで軽量化が可能です。ハーネス設計や協調設計に有効な軽量化です。軽量化された3Dデータは、ダイレクトトランスレータ機能により任意のフォーマットに保存可能です。

バッチ処理 3Dバッチ単純化