CADフィーチャーの変換

CADフィーチャーの変換

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

CADフィーチャーの変換

CADフィーチャーの変換について

「CADフィーチャーの変換」は、異なるCADソフトウェア間でのデータ移行を容易にするための技術です。この技術は、形状情報を変換するだけでなく、その形状を作成した手順や履歴(CADフィーチャー)も変換し、設計意図や変更履歴を保持します。この技術の開発には、国際標準化機構(ISO)、航空宇宙団体(LOTAR)、ドイツ自動車工業会(VDA)などの国際機関が関与しており、エアバス、ボーイング、ダイムラー、BMWといった大企業も参加しています。これらの団体と企業の協力により、高い評価と信頼性を得ています。

この技術は、I-Deas、CATIA、NX、Creo、SolidWorks、Inventorなど、複数のCADフォーマットに対応しており、異なるCADツール間での円滑なデータ交換を実現します。これにより、設計者やエンジニアは、使用するCADソフトウェアの違いに関係なく、同じ設計意図を正確に伝え、保持することができます。例えば、ある設計がSolidWorksで作成され、その後CATIAで再利用される場合でも、設計の手順や履歴が失われることなく変換されるため、設計の一貫性が保たれます。

CADフィーチャーの変換技術は、製品ライフサイクル全体での効率的なデータ管理と共有を可能にします。設計変更が発生した場合でも、変更履歴を正確に追跡できるため、設計の整合性と一貫性が確保されます。また、この技術により、異なるプラットフォーム間でのデータ移行がスムーズに行われるため、プロジェクトの進行が迅速化し、コストの削減が可能となります。

さらに、この技術は、複雑な設計情報を保持しながら異なるプラットフォーム間での効率的なデータ移行を可能にするため、グローバルな設計チームやサプライチェーンの連携を強化します。これにより、企業は市場投入までの時間を短縮し、競争力を維持することができます。

「CADフィーチャーの変換」は、製造業におけるデータ管理と設計プロセスの効率化に不可欠な技術です。この技術を活用することで、企業は高品質な製品を迅速に市場に提供し、持続可能な成長を実現することができます。

2024年03月

◆ 目的

- 異なるCADソフト間で設計データを互換性のある形式に変換するため

- 最新技術を活用し、古いCADデータを更新して再利用するため

- 共同作業を円滑に進めるためにフィーチャーデータを統一するため

2024年04月

◆ 特徴

- CADフィーチャーの変換は、設計データの迅速な統合と編集が特徴

- モデルの再構築が不要で、効率的な設計変更が特徴

- 精度の高い形状保持と互換性確保が特徴

2024年03月

◆ CADデータの入力

インターフェース 拡張子
CTデータ *.ct
*.cta
*.ctp
3DEXPERIENCEデータ *.3dxml
CATIA V4データ *.model
*.exp
*.dlv
*.session
CATIA V5データ *.CATProduct
*.CATPart
CATIA V6データ *.3dxml
Creoデータ *.asm
*.prt
I-Deasデータ *.arc
*.unv
*.asm
NXデータ *.prt
SolidWorksデータ *.asm
*.prt

2023年10月