機能概要

機能概要

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

機能概要

機能概要について

3D Evolutionは、PLMプロセスにおいて3次元CADシステムでは対応できない処理に特化し、3Dデータを有効活用する機能集積させたソフトウェアです。インダストリー4.0の実現に向けて、3D図面出図、知財保護化、軽量化、長期保存変換を担っています。後工程で利用する3Dデータの特徴として大規模アセンブルデータとなります。その大規模アセンブルデータの処理を行うためには、3Dデータのバイナリー解析技術を使い大規模3Dデータを高速かつ正確に読み取る必要があります。3D Evolutionは、3Dデータを3次元CAD環境がない環境においてバイナリー解析技術で自動車1台分の3Dデータを読取り、BOMの作成や静的干渉チェックが行える唯一のソフトウェアです。3D Evolutionの機能は、3Dデータ変換、3Dデータ修正、3Dデータ検証、3Dデータ変更、3Dデータ軽量化、3Dデータ単純化、3Dデータ最適化、3Dデータ簡略化、3Dデータ自動化に分類できます。

3D Evolution

3Dデータ変換について

3Dデータ変換には、ダイレクトトランスレータ、フィーチャー変換、3Dデータ長期保存があります。ダイレクトトランスレータは、形状情報(Brep)を任意のフォーマットに変換する一般的な3Dデータ変換機能です。フィーチャー変換は、特定3次元CADのフィーチャーを直接読取り、変換先3次元CADにプラグインでフィーチャーを再構築(再定義)する世界で唯一の3Dデータ変換機能です。プラグインは、変換先3次元CADのAPIを使用するためフィーチャーの更新時間を考慮し、選択した必要なフィーチャのみを転送することが可能です。スケッチベースのフィーチャーを選択して転送することで更新時間スピードがあがり、面倒なスケッチベースフィーチャーを正確なに転送することが可能です。3Dデータ長期保存は、重要な3Dデータを長期保存するためISO規格のSTEP AP242に変換します。

▼ 3Dデータ変換の詳細はコチラをクリック


3Dデータ修正について

3Dデータ修正にはは、ヒーリング、ステッチング、フェイス結合、曲面作成、収束点修正、スムージング、接線連続化があります。これらの機能は全て標準で提供されます。ヒーリングは、母曲面を変更せず共通エッジの移動で形状を修正するのに対しステッチングは母曲面を変形して共通エッジをトレランス内に収めます。このステッチ機能で母曲面を修正した場合でもプリミティブ情報を維持しますので3Dデータ修正後でもアセンブル拘束が可能です。フェイス結合はバラバラなフェイスに共通エッジを作成し位相を作成します。曲面作成は欠落した部分のフリーエッジを参照し補間する曲面を作成します。収束点修正は、収束点の位置補正を行います。スムージングは、曲面の制御点の粗密を一定にして滑らかにします。接線連続化は、フェイス間のG1連続化を行います。全ての機能は、3次元CADライセンスに依存することなくダイレクトに3Dデータを読込み3Dデータを修正し、ダイレクトトランスレータにて任意のフォーマットに保存することが可能です。

▼ 3Dデータ修正の詳細はコチラをクリック


3Dデータ検証について

3Dデータ検証には、トレランス検証、PDQチェック、3Dデータ比較、肉厚チェック、静的干渉チェック、クリアランスチェック、ドラフト解析、投影面積、分解組立検証など多彩な機能があります。トレランス検証は、3Dデータに対して指定したトレランスとの誤差を検証します。PDQチェックは、形状に対して微小要素、隙間などPDQ項目を検証します。3Dデータ比較は、ボディ比較、アセンブル比較、PMI比較、フィーチャー比較を行います。この3Dデータ比較は、3Dデータ変換後に元データと変換データの比較結果による変換保証や3D図面の設計変更箇所の抽出を行う3D図面運用における重要な機能です。肉厚チェックは、面直計算・接球計算・比率計算で行います。肉厚評価は、1つのアルゴリズムでは評価できないため、面直計算・接球計算・比率計算の3通りのアルゴリズムで計算します。静的干渉チェックは、接触・干渉の区別を行いながら静的干渉チェックを行います。接触部分は、形状をトレランス分オフセットして形状を小さくし接触を除外してから静的干渉チェックを行います。この計算方法は、3D Evolutionのタフで高速な曲面オフセットアルゴリズムにより実現できます。3D図面運用を行う場合は、静的干渉チェックは確実に実行する必要があります。クリアランスチェックは、クリアランス量をグラデーション表示します。静的干渉チェックとクリアランスチェックは静的干渉チェックライセンスで提供します。ドラフト解析は、抜き勾配角度を指定された方向から測定して色分けして表示します。投影面積は、指定された方向の最大投影面積と最小投影面積を高速に計算します。分解組立検証は、個々のパーツを平行、回転移動で分解することが可能です。アセンブル分解は、分解組立て図作成やアセンブル位置の変更に使用します。

▼ 3Dデータ検証の詳細はコチラをクリック


3Dデータ変更 について

3Dデータ変更には、曲面オフセット、ダイレクトモデリングがあります。3D Evolutionは、ダイレクトに3Dデータを読込み編集することが可能です。3次元CADで曲面オフセット計算は時間がかかる、または計算できないことが多々あります。曲面オフセットは、複合面を高速にオフセットして板厚ソリッドを作成することが可能です。ダイレクトモデリングは、半径値、距離、角度を変更することで形状を編集して再利用することが可能です。

▼ 3Dデータ変更の詳細はコチラをクリック


3Dデータ最適化について

3Dデータ最適化は、PDQ最適化とアセンブル最適化があります。PDQ最適化は、形状をチェックしPDQ項目に閾値に合致する部分を修正します。このPDQ最適化は、ISOのPDQ-Sのアルゴリズムに則った国際的PDQ最適化機能で航空宇宙の3Dデータ50年保管におけるPDQ最適化ツールとして使用されています。アセンブル最適化は、アセンブル構成をフラット化、マルチボディをアセンブル化、アセンブル構成をマルチボディ化、不要インスタンスの削除、同一形状のインスタンス化、インスタンスを実態化することが可能です。階層の深いアセンブルデータを読むことができないシステム等の対応を行います。

▼ 3Dデータ最適化の詳細はコチラをクリック


3Dデータ単純化について

3Dデータ単純化には、ボディ単純化、アセンブル単純化、一括単純化があります。3D Evolutionは、ダイレクトに3Dデータを読込み単純化処理を行います。ボディ単純化は、鋳物形状の詳細設計部分を埋めて機密保護を行う機能です。3D図面化が進み3Dデータで協調設計を行う場合に自社の設計データの機密部分を削除する必要があります。削除された輪郭情報をワイヤーフレームで残すことができ、全体的にデータが軽量化され参照設計がしやすくなります。アセンブル単純化は、外観に影響のないパーツを自動的に削除する機能です。ファイル名やボディ名でも自動削除することが可能です。一括単純化は、アセンブル単純化を行った後にボディ単純化を自動的に行う機能です。これらの機能は、バッチによる自動処理で行います。

▼ 3Dデータ単純化の詳細はコチラをクリック


3Dデータ軽量化について

3Dデータ軽量化には、シュリンクラップ軽量化、バウンダリーシェイプ軽量化、ハイブリット軽量化があります。プラントなど大容量データの外観形状を作成したり複雑な形状をまとめて熱流体解析の熱源とする場合は、シュリンクラップ軽量化を使用します。単純な近似形状に置換し包装設計を行う場合は、バウンダリーシェイプ軽量化を使用します。ワイヤーハーネスの引き回しをを行う場合は、設計データを単純に軽量化する必要がありますのでハイブリット軽量化を使用します。

▼ 3Dデータ軽量化はコチラをクリック


3Dデータ簡略化について

3Dデータ簡略化には、ボディ簡略化、フェイス簡略化、中立面計算があります。3D Evolutionは、ダイレクトに3Dデータを読取りFEM解析におけるメッシュを軽量化しCAE演算コストを抑制します。メッシュデータを軽量化するためには、ボディ簡略化でフィレット・穴・C面や認識可能なフィーチャーを除去したり、フェイス簡略化で複数面を合成しノード点数を削減したり、従来からあるCAE演算コストを削減する中立面計算を行います。

▼ 3Dデータ簡略化の詳細はコチラをクリック


3Dデータ自動化 について

3Dデータ自動化は、3D Evolutionの様ざまな機能を自動処理することが可能です。ジョブの実行は、コマンドやWebインターフェイスから実行が可能です。効率化のよくある事例として静的干渉チェック、3D図面出図、3Dデータ比較、3Dデータ単純化です。簡単なスクリプト言語で処理したいコマンドを記述しますが、基本的な処理はすべて事前に用意されています。従って簡単なカストマイズで実行可能です。コマンド化が可能なため、PDMのイベントで実行したり、他のシステムとの連携が可能となります。3D Evolutionは、バイナリー解析技術で3Dデータを読み込むため特別な3次元CAD環境を必要とせず、メインCADを変更した場合でも影響はありません。

▼ 3Dデータ自動化の詳細はコチラをクリック