機能概要

機能概要

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

機能概要

機能概要について

3D Evolutionは、PLMプロセスにおいて3次元CADシステムでは対応できない重要な処理の自動化に特化し、3Dデータを有効活用する機能集積させたソフトウェアです。インダストリー4.0の実現に向けて、3D図面出図、機密保護、軽量化、長期保存変換を担っています。後工程で利用する3Dデータの特徴として大規模アセンブルデータとなります。その大規模アセンブルデータの処理を行うためには、3Dデータのバイナリー解析技術を使い大規模3Dデータを高速かつ正確に読み取る必要があります。3D Evolutionは、3Dデータを3次元CAD環境がない環境においてバイナリー解析技術で自動車1台分の3Dデータを読取り、BOMの作成や干渉チェックが行える唯一のソフトウェアです。3D Evolutionの機能は、ダイレクトトランスレータ、3Dデータ軽量化、3Dデータ最適化、3Dデータ検証、3Dデータ簡略化、バッチ処理に分類できます。


ダイレクトトランスレータについて

ダイレクトトランスレータは、ヨーロッパの製造業から高い評価を頂いているバイナリー解析技術により開発されたCADインターフェイスを搭載しています。そのCADインターフェイスで3Dデータを高速かつ正確に読み取り、任意のフォーマットに変換します。従って3D Evolutionは、CADライセンスを必要とせずCADメーカに依存することなく、3Dデータを扱えるため、様々なシステムに組み込まれIoTの3Dエンジンとして活用されています。例えば国際標準化機構と協調したBOM付き3Dデータ長期保存、CADデータのBOM付き3D図面変換などです。

▼ ダイレクトトランスレータはコチラをクリック


3Dデータ軽量化について

3Dデータ軽量化は、高度なバイナリー解析技術によりダイレクトに3Dデータを読込み、3Dデータ機密保護と軽量化を実行します。3Dデータ軽量化には、形状単純化、アセンブル単純化、3Dデータ単純化、ハイブリット軽量化、シュリンクラップ軽量化、バウンダリーシェイプ軽量化があります。3D図面の流通量が多くなると3Dデータ軽量化、機密保護と工数削減における重要課題です。形状単純化は、鋳物形状の詳細設計部分を埋めて機密保護と軽量化を同時に行います。アセンブル単純化は、外観に影響のないパーツを自動的に削除します。3Dデータ単純化は、アセンブル単純化を行い残ったパーツに関して形状単純化を実行します。シュリンクラップ軽量化は、形状をラッピングした外形形状を作成します。シュリンクラップ軽量化は、複雑なエンジンアセンブルを簡易的な1ソリッドにして熱流体解析の熱源に使用することができます。バウンダリーシェイプ軽量化は、複雑な形状を簡素化された形状に置換します。このバウンダリーシェイプ軽量化は複雑な形状の梱包空間ソリッドを作成することができます。

▼ 3Dデータ軽量化はコチラをクリック


3Dデータ最適化について

3D Evolutionは、バイナリー解析技術により大容量3Dデータを高速かつ正確に読み取り、3Dデータを修正するこのにより最適化を行います。3D Evolutionの最適化エンジンは、Advanced Repair Technology(ART)と呼ばれている特殊な最適化エンジンです。CADデータを最適化した場合に問題となるのは、最適化後にアセンブル拘束が行えないことが挙げられます。原因は最適化によって平面や円筒面などのプリミティブ情報が破壊されるためです。3D Evolutionの最適化エンジンは、プリミティブ情報を保護しながらCADデータの最適化を行うため、プリミティブ情報が破壊されることないためアセンブル拘束が行えます。

▼ 3Dデータ最適化はコチラをクリック


3Dデータ検証について

3Dデータ検証は、高度なバイナリー解析技術により高速に3Dデータを読み込み、正確に3Dデータを再現します。正確に読み込まれた3Dデータに対して3Dデータ検証を行います。3Dデータ検証の内容は、B-repの隙間を検証するトレランスチェック、CADデータの品質を検証するPDQチェック、変換後の同一性を検証する同一性検証(変換保証)、3D図面として3Dデータの整合性を検査するJTデータ検証、設計変更部位の確認などを行う3Dデータ比較、接触部分を除外した干渉チェック、部品間のクリアランスを検証するクリアランスチェック、肉厚の品質をチェックする肉厚チェック、面上の距離を計算する面上距離チェック、曲率半径を計算する曲率チェック、干渉の最大距離を計算する衝突距離チェック、加工において困難な部位を検証するDFMチェック(生技性検証)、抜き勾配をチェックするドラフトチェック、ソリッドの中に空洞を検証するアンダーケットチェック、形状を任意の平面に投影する投影面積計算があります。3Dデータ検証は、3D Evolution、3D Analyzerの共通機能です。

▼ 3Dデータ検証はコチラをクリック


3Dデータ簡略化について

3Dデータ簡略化は、高度なバイナリー解析技術によりダイレクトに3Dデータを読込み、3Dデータ簡略化を行います。3Dデータ簡略化には、形状簡略化、曲面合成、中立面があります。形状簡略化は、フィレットR、穴、C面や認識可能なフィーチャーを除去しFEMモデルを作成します。曲面合成は、複数面を合成しノード点数を削減します。中立面は、対向面から中立面の計算を行います。簡略化された3Dデータは3Dデータ変換により任意のフォーマットに変換し保存可能です。

▼ 3Dデータ簡略化はコチラをクリック


バッチ処理について

バッチ処理は、CADデータの効率化活用を行うため、3D Evolutionの全機能をバッチユーザインターフェイスやコマンドラインで実行可能にします。特に3次元CADが不得意な領域として、3Dデータ変換、PDQチェック、3Dデータ単純化、3Dデータ比較、干渉チェック、曲面オフセット(厚み付け)、同一性検証(変換保証)、JTデータ検証の領域を自動処理します。3Dデータ変換は、国際標準化機構が開発したSTEP AP242に同一性検証(変換保証)付きで変換します。PDQチェックは、国際標準のPDQ-Sにて検証と修正を行います。3Dデータ単純化は、複雑な内部構造を削除して外形化を行い、ロボットシミュレーションや協調設計あるいは梱包設計に使用する軽量化形状を作成します。3Dデータ比較は、マルチ3Dフォーマット比較が可能で変換保障や設変検証を行います。検証結果は3D PDFに保存可能で検証結果の共有が可能です。干渉チェックは、接触と干渉を区別して干渉チェックを行います。曲面オフセット(厚み付け)は、3次元CADでオフセットが困難な複合曲面をオフセット処理することが可能です。バッチ処理は、簡単なスクリプトで記述できます。従って様ざまな3D Evolutionの機能を組み合させて1コマンドで処理が可能となります。

▼ バッチ処理はコチラをクリック