機能概要

機能概要

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

機能概要

機能概要について

3D_Evolutionは、PLMプロセスにおいて3次元CADシステムでは対応できない処理に特化し、3Dデータを有効活用する機能集積させたソフトウェアです。インダストリー4.0の実現に向けて、3D図面出図、知財保護化、軽量化、長期保存変換を担っています。後工程で利用する3Dデータの特徴として大規模アセンブルデータとなります。その大規模アセンブルデータの処理を行うためには、3Dデータのバイナリー解析技術を使い大規模3Dデータを高速かつ正確に読み取る必要があります。3D_Evolutionは、3Dデータを3次元CAD環境がない環境においてバイナリー解析技術で自動車1台分の3Dデータを読取り、BOMの作成や干渉チェックが行える唯一のソフトウェアです。3D_Evolutionの機能は、3Dデータ変換、3Dデータ修正、3Dデータ検証、3Dデータ編集、3Dデータ外形化、3Dデータ軽量化、3Dデータ最適化、3Dデータ簡略化、バッチ処理に分類できます。

3D_Evolution

3Dデータ変換・修正・最適化について

3D_Evolutionは、ダイレクトに3Dデータを読み取り、形状の修正、最適を行い、任意のフォーマットに変換します。3D_Evolutionは、CADライセンスを必要とせず3Dデータを扱えるため、様々なシステムに組み込まれIoTの3Dエンジンとして活用されています。最大の特徴は、バイナリー解析により大容量3Dデータを正確かつ高速に読み取れます。また修正技術ではARTと呼ばれる修正技術でプリミティブ情報を保持しながら修正ができます。エアバス社では、3D EVOLUTIONで設計データの長期保存、3Dプリンター出力を行っています。ダイムラー社では、3D図面変換や形状簡素化技術による軽量化を行いインダストリー4.0を推進しています。

▼ 3Dデータ変換・修正・最適化はコチラをクリック


3Dデータ単純化・軽量化・知財保護について

3D_Evolutionの3Dデータ単純化・軽量化・知財保護は、ダイレクトに3Dデータを読込み、3Dデータの単純化処理により軽量化と知財保護化を同時に行います。3Dデータ単純化・知財保護化・軽量化には、形状単純化、アセンブル単純化、一括単純化、ハイブリット単純化、シュリンクラップ、バウンダリーシェイプがあります。形状単純化は、鋳物形状の詳細設計部分を埋めて軽量化と知財保護を行う機能です。アセンブル単純化は、外観に影響のないパーツを自動的に削除し軽量化を行います。一括単純化は、アセンブル単純化を行った後に形状単純化を自動的に行う機能です。シュリンクラップは、形状をラッピングした外観形状を作成します。シュリンクラップは、複雑なエンジンアセンブルを簡易的なソリッド化にして熱流体解析の熱源に使用することができます。バウンダリーシェイプは、複雑な形状を簡素化された形状に置換します。このバウンダリーシェイプは複雑な形状の梱包空間ソリッドを作成することができます。これらの機能は、ドイツのインダストリー4.0の効率化を行う3Dエンジンです。

▼ 3Dデータ単純化・軽量化・知財保護はコチラをクリック


3Dデータ品質検証について

3D_Evolutionの3Dデータ品質検証は、ダイレクトに3Dデータを読込み、3Dデータ品質検証を行います。3Dデータ品質検証には、Brepチェック、PDQチェック、肉厚チェック、3Dデータ比較、干渉チェック、隙間チェック、GVPチェック、JTチェックなど多彩な検証機能があります。これらの検証機能は、3D EVOLUTION、3D_Analyzer共通の機能です。

▼ 3Dデータ品質検証はコチラをクリック


3Dデータ生産要件検証について

3D_Evolutionの3Dデータ生産要件検証は、ダイレクトに3Dデータを読込み、生技性検証を行います。生産要件検証には、肉厚チェック、隙間チェック(ボディ)、ドラフトチェック、投影面積、組立性検証など多彩な検証機能があります。これらの検証機能は、3D EVOLUTION、3D_Analyzer共通の機能です。

▼ 3Dデータ生産要件検証はコチラをクリック


3Dデータ簡略化について

3D_Evolutionの3Dデータ簡略化は、ダイレクトに3Dデータを読込み、3Dデータ簡略化を行います。3Dデータ簡略化には、形状簡略化、曲面合成、中立面計算があります。形状簡略化は、フィレットR、穴、C面や認識可能なフィーチャーを除去しFEMモデルを作成します。曲面合成は、複数面を合成しノード点数を削減します。中立面計算は、対向面から中立面の計算を行います。簡略化された3Dデータはダイレクトトランスレータ機能により任意のフォーマットに変換し保存可能です。

▼ 3Dデータ簡略化はコチラをクリック


バッチマネージャーについて

バッチマネージャーはは、PDMのイベント等をトリガーにして3D_Evolutionの機能を自動実行します。バッチ処理として代表的な機能としてバッチ変換、バッチ軽量化があります。バッチ変換は、3DデータをJTフォーマットやSTEP AP242等の3D図面フォーマットに変換したり、3D図面を長期保存フォーマットに変換したりします。バッチ軽量化は、形状単純化による知財保護、アセンブル単純化による形状の外形化で軽量化を行います。

▼ バッチマネージャーはコチラをクリック