ヒーリング

ヒーリング

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

ヒーリング

ヒーリングとは

3D Evolutionのヒーリングは、世界最高水準のバイナリー解析技術を基礎とするインターフェイスにより3Dデータをダイレクトに読込み、指定されたトレランス以上の誤差を再トリム計算によりエッジを補正しソリッドやシェルなどの位相情報を更新します。位相情報は、3次元CAD固有のトレランス内にエッジ誤差が収まっておりシェル要素やソリッド要素を表現しています。このトレランスは3次元CADシステム毎に違うため、そのまま中間フォーマットを介して変換した場合の変換トラブル原因になっています。3D Evolutionは、トレランスを変換先システムに合わせて再トリム計算を行いフェイスエッジ誤差を補正します。従ってこのヒーリングでは、母曲面の変更は行わないため元面を保持します。ヒーリングは、正しい3Dデータとして整理整頓を行う機能です。3D Evolutionの3Dデータ修正技術は、Advanced Repair Technology(ART)と呼ばれ、3Dデータ修正後も幾何的属性を失うことがなくアセンブル拘束が可能な世界で唯一の修正技術です。ヒーリングは、標準機能として提供します。

ヒーリング

ヒーリングの特徴

▼ 母曲面を保持、再トリム計算でエッジ誤差を補正します。

▼ エッジ頂点の集合演算が可能です。

▼ 再トリム計算で埋まらない穴は、自動的に面を作成し補完が可能です。

▼ トレランス以内で面合成が可能です。

▼ ダイレクトトランスレータ機能で任意のフォーマットへ出力できます。

ヒーリング

例)ピアスホール埋め

3D Evolutionのヒーリング方法としてフリーエッジを削除して位相情報を再構築する方法があります。この方法では単一面を選択してヒーリングを行うとピアスホールが自動的に削除されます。複数面にまたがったピアスホールも複数面を選択してヒーリングで削除可能です。3次元CADで曲面を再トリムしてピアスホールを削除することを1クリックで実行します。

ピアスホール埋め