3D Evolution

3D Evolution

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

3D Evolution

3D Evolutionについて

◆ 3D Evolutionの概要

3D Evolutionは、3Dデータ変換をベースとしたインダストリー4.0の3D図面運用ツールです。3D Evolutionの特徴として、国際標準化機構(ISO)など国際的に評価が高いバイナリー解析技術があります。この3D Evolutionのバイナリー解析技術技術は、CAEやCAMソフトの入出力CADインターフェイスとして、世界の殆どの製造業においてバックグランドエンジンとして使用されています。3D Evolutionは、3Dデータ変換、3Dデータ最適化、3Dデータ検証、3Dデータ軽量化、3Dデータ保護化、3Dデータ外形化など多彩な機能により、製造業に大幅なコストダウンおよび設計データの長期保存対応など設計資産の継承をもたらしてます。殆どの操作は1クリックで、思い描いた処理結果が得られるプロセセスに特化したツールです。3D Evolutionにより3Dデータの自由度が増し、IoTにおける3Dデータ活用がインダストリー4.0です。DX(デジタルトランスフォーメーション)の実現により新たな製造業のかたちを創生します。2D図面から3D図面への変革により、組織やプロセス改革を行うソフトウェアです。

3D Evolution

◆ 3D Evolutionのパンフレット


◆ 3D Evolutionのフォーカス

製造業のコストダウンは、重大な局面に入っています。重大な局面とは紙図面から3Dデータへの移行です。もともと3Dデータの表現ツールがない時代は図面が必要でした。3次元CADが普及して3次元で設計を行っているにも関わらず、2D図面に出図して後工程では、2D図面をもとに3次元化を行う手間をかけ製造を行っています。3Dデータが支給されても参照データとしての位置づけが多く、3Dデータを使用すべきかどうかの検証に時間が掛かります。しかも2D図面は、JIS企画で作成されているため、グローバルスタンダードではありません。ドイツでは、2018年に3Dデータ運用(3D図面)に成功しています。内容は設計CADデータをJTデータに変換(出図)し、後工程でJTデータに対してダイレクトモデリング等で生技条件を付加します。製造部門、サービス部門などJTデータは、全員無償ビューワで共有しています。図面を作図せず3Dデータ運用に切り替えることで工数は50%削減できます。余った工数は、余暇または電気自動車開発など新しい分野へ振り分けています。3D Evolutionのフォーカスは、設計CADが苦手な領域として複雑な曲面のオフセット、干渉チェック、PDQチェック、設計データのJTデータ変換、変換時の変換保証、3Dデータの機密保護化、軽量化です。設計データを読む技術は、国際的に信頼性の高いバイナリー解析技術で開発し設計CADを変更しても社内の後工程には影響しないように考えられています。3D Evolutionは、これらの処理を高速にバッチ処理で行うことにより、3D図面構想は稼働し莫大な効果を生み出しています。

3D Evolutionのフォーカス

◆ 3D Evolutionのカテゴライズ

3D Evolutionの機能は、製造業において必要な機能で設計CADに搭載されていない、されているけどコストが合わない等の機能です。設計機能や加工機能はありません。主な機能として、設計CADにはトレランスの違いがあるため発生する3Dデータ変換のトラブルを修正する機能、加工できるかどうか3Dデータを検証する機能、取引先と機密データを共有する機能、出荷における梱包空間を瞬時に計算する機能が搭載されています。これらの機能で製造業のボトムネックになっているプロセスを改善します。

3D Evolution