3Dデータ活用

3Dデータ活用

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

3Dデータ活用

3D_Evolutionとは

生産性向上の実現のためには3Dデータ活用は重要です。3Dデータ活用とは、設計・製造・検査・物流・サービスにおいて3Dデータを使い切ることです。3D_Evolutionは、世界最高水準のバイナリー解析技術を基礎とするインターフェイスにより大容量3Dデータを高速に読取り、フル干渉チェック、BOM付き3D図面変換、CADフォーマットの軽量化で3Dデータ活用、インダストリー4.0を推進しています。

3D_Evolution

3D_Evolutionを活用したダイムラー社の3DAモデルイメージ

下図は、3DAモデルで生産性を倍加したダイムラー社の3DAモデル運用イメージです。基本的な考え方は、社内全体のプロセスで使用するデータをCADベースとJTベースに分けています。構想設計から出図まではCADベース、それ以降はJTベースで全体に3Dデータが浸透するように運用されています。ロボットシミュレーション・協調設計・梱包設計用に3Dデータを軽量化しVRを促進し、PLMのプロセスをシーケンシャルからパラレルへ移行し生産性向上に成功しています。成功の秘訣は、車両1台の干渉チェックが一晩で完了し、BOMと3D図面の高速出力可能なことです。

ダイムラー3DAモデル
Source: JT Format (ISO 14306) and AP 242 (ISO 10303) By ProSTEP

入力インターフェイス

インターフェイス 拡張子 バージョン
3DExperience *.3Dxml All-R417
2014x-2015x
3MF *.3mf
Acis *.sat
*.sab
All-R21
AMF *.amf
AutoCAD *.dwg All-2013
CADDS _pd
_ps
4&5
CATIA V4 *.model
*.dlv
*.exp
All-4.x
CATIA V5 *.CATPart
*.CATProduct

*.cgr
R10-R27
CATIA V6 *.3Dxml R210-R213
2011x-2013
Creo *.prt
*.xpr
*.asm
*.xas
All-Creo4.0
*.neu 13-WF5
DGN *.dgn
DWG *.dwg All-2013
Euklid *.edx
FBX *.fbx
iCAD *.x_t
*.x_b
All-26
I-Deas *.arc
*.unv
*.asc
All-NX6
IGES *.igs
*.iges
5.2-5.3
Inventor *.ipt
*.iam
All-2017
*.sat
*.sab
All-R21
JT *.jt 6.4-10.2
NX *.prt 11.1-NX11
*.x_t
*.x_b
All-26
*.jt 6.4-10.2
MicroStation *.dgn
*.sat
*.sab
All-R21
Parasolid *.x_t
*.x_b
All-26
PLMXML *.xml
Proe *.prt
*.xpr
*.asm
*.xas
13-WF5
*.neu 13-WF5
Rhinoceros *.3dm
RobCAD *.rf
Solid Edge *.x_t
*.x_b
All-26
*.jt 6.4-10.2
SolidWorks *.sldprt
*.prt
*.sldasm
*.asm
1999-2017
*.x_t
*.x_b
All-26
Space-E *.sat
*.sab
All-R21
STEP *.stp
*.stpx
*.step
*.stpZ
AP203
AP214
AP242
STL *.stl
TOPsolid *.x_t
*.x_b
All-26
VDA *.vda FS2.0
VisiCAD *.wkf
VRML *.wrl
*.vrml
97
97Zip
X3D *.x3d
*.x3db

3D_Evolutionのシステムイメージ

3D_Evolution