3D Evolution

3D Evolution

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

3D Evolution

3D Evolutionについて

◆ 概要

3D Evolutionは、ダイレクトトランスレータをベースとしたインダストリー4.0の3D図面ツールです。3D Evolutionのコア・コンピタンスは、国際標準化機構(ISO)など国際的に評価が高いバイナリー解析技術です。このバイナリー解析技術は、CAEやCAMソフトの入出力CADインターフェイスとして、世界の殆どの製造業においてバックグランドエンジンとして使用されています。3D Evolutionは、ダイレクトトランスレータ、3Dデータ品質、3Dデータ検証、3Dデータ単純化、3Dデータ簡略化による多彩な機能群により、製造業に大幅なコストダウンおよび、設計データの長期保存など設計資産の保護をもたらしている唯一のツールです。殆どの操作は1クリックで、思い描いた処理結果が得られるプロセセスに特化した3D図面ツールとなっております。3D Evolutionにより3Dデータの自由度が増し、IoTにおける3D図面データの活用のイメージがインダストリー4.0です。製造DX(デジタルトランスフォーメーション)の実現により、新たな製造業のかたちを創生でき具現化されています。2D図面から3D図面への変革により、組織やプロセスの有り方の改革を行うソフトウェアが、3D Evolutionです。


◆ 「3D Evolution」の特徴

✔ バイナリー解析と数学を駆使した3Dデータ活用術


◆ 「3D Evolution」のビデオ

下記、ビデオはダイレクトトランスレータ/3Dデータ変換の様子です。まず3Dデータをインポートします。インポートはバイナリー解析技術でインポートしますので非常に高速です。次に形状の誤差をチェックします。この誤差は、3D Evolutionで指定されたトレランスより大きい誤差をチェックします。発見された誤差エッジをヒーリング機能またはステッチング機能で手動修正しています。最後にグローバルヒーリング(自動ヒーリング)を行い、エラーがないことを確認し、ターゲットシステム(例えばCATIA V5)、フォーマット(例えばCATPart)を指定して保存します。ここまでが3Dデータ変換方法です。最後に変換されたCATIA V5データとNXデータを表示して終了です。



◆ 「3D Evolution」のシステム図

3D Evolutionは、3Dデータをインプットして加工処理を行い3Dデータをアウトプットします。元々3Dデータの容量は、最終形状のみですと小さて済みますのでインプットは、基本的に最終形状のみのインプットを行います。別途指定することで非表示データのインプットも可能です。またCADフィーチャー情報を読み込む時は、履歴情報に対応する形状情報がありますので、CADと同様に重たくなります。設計業務では、CADが必要ですけど後工程ではそうでもありません。例えばロボットシミュレーションを行う場合は、アセンブル情報の中身が要らない、つまり外観があれば良いことになります。このようなケースは梱包設計においても同様です。現在は、手で削除する作業を行っていますが、設計変更に追随ができません。そのようなケースは3D Evolutionは、インプット、単純化、アウトプットのように3クリックで完成します。3D Evolutionは、インプット、加工、アウトプットでインダストリー4.0に貢献しています。

3D Evolution

◆ 「3D Evolution」のパンフレットをダウンロード(PDF)


◆ 「3D Evolution」の機能カテゴリー

3D Evolutionの機能は、製造業において必要な機能で設計CADに搭載されていないまたは、搭載されているけどコストが合わない機能の集合体です。設計機能や加工機能はありません。主な機能として、設計CADにはトレランスの違いがあるため発生する3Dデータ変換のトラブルを修正する機能、加工できるかどうか3Dデータを検証する機能、取引先と機密データを共有する機能、出荷における梱包空間を瞬時に計算する機能が搭載されています。これらの機能で製造業のボトムネックになっているプロセスを改善します。3D Evolutionの処理スピードは早く、メモリーさえあれば、ノートPCで自動車一台分の3Dデータを読み込みます。

3D Evolution

◆ 「3D Evolution」の背景

インダストリー4.0の実現のために3D図面を加速させ驚異的な成果を挙げている欧州ですが、3D図面を実現するに当たりCADの機能制限を突破する必要がありました。まずは、曲面オフセットの問題です。この曲面オフセットの問題を解決できると干渉チェックの問題も解決できました。干渉チェックの問題は、接触を除外した干渉チェックです。設計と製造を繋げる3Dデータ単純化により、より広範囲で3Dデータの活用がなされるようになりました。3Dデータの活用が始まると3Dデータの長期保存が国際標準化機構(ISO)の元で始まり、3D EvolutionのエンジンをベースにSTEP AP242を厳密に作成し、変換保証の機能を作成しました。これが欧州市場、粗100%と言われる3D Evolutionの歴史です。