フェイス結合

フェイス結合

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

フェイス結合

フェイス結合とは

3D_Evolutionのフェイス結合は、世界最高水準のバイナリー解析技術を基礎とするインターフェイスにより3Dデータを読込み、バラバラなフェイス群を結合しシェル化またはソリッド化し位相を構築します。フェイス結合後にチェックで不具合エッジを検証しヒーリングやステッチングで位相情報を修正します。3次元CADのフェイス接合は、トレランス内にあるエッジしか結合できません。その場合の修正は、0.02mm程度の誤差修正のため非常に困難です。3D_Evolutionでは、一旦結合情報を付与して誤差を表示させヒーリングやステッチングで簡単に修正可能です。一般的3Dデータ変換ソフトではこの誤差が吸収できないためソリッド化やシェル化が困難となり、生産性低下の原因となっています。この生産性低下問題は、経産省の報告書にあるように20年以上前から問題となっていますが国内では全く解決されていません。3D_Evolutionのフェイス結合は、これらの問題を解決します。

フェイス結合

フェイス結合の特徴

▼ 位相トレランスを指定してフェイスを自動結合
▼ エッジ誤差は、ヒーリングやステッチングで修正
▼ フェイス結合と同時に微小曲面を除去


入力インターフェイス

インターフェイス 拡張子 バージョン
3DExperience *.3Dxml All-R417
2014x-2015x
Acis *.sat
*.sab
All-R21
AutoCAD *.dwg All-2013
CADDS _pd
_ps
CATIA V4 *.model
*.dlv
*.exp
All-4.x
CATIA V5 *.CATPart
*.CATProduct
*.cgr
R10-R27
CATIA V6 *.3Dxml R210-R213
2011x-2013x
Creo *.prt
*.xpr
*.asm
*.xas
All-Creo4.0
*.neu 13-WF5
DGN *.dgn
DWG *.dwg All-2013
Euklid *.edx
FBX *.fbx
iCAD *.x_t
*.x_b
All-26
I-Deas *.arc
*.unv
*.asc
All-NX6
IGES *.igs
*.iges
5.2-5.3
Inventor *.ipt
*.iam
All-2017
*.sat
*.sab
All-R21
JT *.jt 6.4-10.2
NX *.prt 11.1-NX11.0
*.x_t
*.x_b
All-26
*.jt 6.4-10.2
MicroStation *.dgn
*.sat
*.sab
All-R21
Parasolid *.x_t
*.x_b
All-26
Pro/ENGINEER *.prt
*.xpr
*.asm
*.xas
13-WF5
*.neu 13-WF5
Rhinoceros *.3dm
RobCAD *.rf
Solid Edge *.x_t
*.x_b
All-26
*.jt 6.4-10.2
SolidWorks *.sldprt
*.prt
*.sldasm
*.asm
1999-2017
*.x_t
*.x_b
All-26
Space-E *.sat
*.sab
All-R21
STEP *.stp
*.step
*.stpx
*.stpZ
AP203
AP214

AP242
TOPsolid *.x_t
*.x_b
All-26
VDA *.vda FS2.0
VisiCAD *.wkf