3Dデータ軽量化

3Dデータ軽量化

TEL. 03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

3Dデータ軽量化

3Dデータ軽量化とは

3Dデータ軽量化には、シュリンクラップ軽量化、バウンダリーシェイプ軽量化、ハイブリット軽量化があります。プラントなど大容量データの外観形状を作成したり複雑な形状をまとめて熱流体解析の熱源とする場合は、シュリンクラップ軽量化を使用します。単純な近似形状に置換し包装設計を行う場合は、バウンダリーシェイプ軽量化を使用します。ワイヤーハーネスの引き回しをを行う場合は、設計データを単純に軽量化する必要がありますのでハイブリット軽量化を使用します。

3Dデータ軽量化

シュリンクラップ軽量化について

▼ ラップ形状作成

シュリンクラップ軽量化は、アセンブル部品をビニール袋にいれてエアーを抜き取った時にできるビニール形状を計算します。シュリンクラップ軽量化は、大容量データを大雑把な外観ソリッドを作成します。エンジンやミッションをシュリンクラップ軽量化することで熱流体解析や塗装ロボットの効率的運用が可能になります。軽量化された3Dデータは、ダイレクトトランスレータ機能にて任意のフォーマットに保存可能です。

シュリンクラップ軽量化

▼ 外観ソリッド抽出

シュリンクラップ軽量化は、アセンブル部品の外観ソリッドを抽出して3Dデータの軽量化を行います。設計分野では、搭載検討、ハーネス設計等に必要な軽量データと協調設計の知財保護、下流行程の包装設計で使用します。製造現場では、主にロボットのティーチング、シミュレーションに活用できます。軽量化された3Dデータは、ダイレクトトランスレータ機能にて任意のフォーマットに保存可能です。

外観ソリッド抽出

▼ 外観フェース抽出

シュリンクラップ軽量化は、アセンブル部品のある一定の大きさを持つフェースを抽出し軽量化することが可能です。軽量化されたデータは、任意のフォーマットに保存されハーネス設計、ロボットシミュレーション、梱包設計で使用できます。軽量化された3Dデータは、ダイレクトトランスレータ機能にて任意のフォーマットに保存可能です。

外観フェース抽出

バウンダリーシェイプ軽量化について

3D Evolutionのバウンダリーシェイプ軽量化は、ビッグデータをダイレクトに読込み部品形状またはアセンブル形状を包み込む梱包空間形状を作成します。梱包空間形状は、立方体、円柱、三角錐、多面体で構成され、梱包設計、レイアウト検討など大規模アセンブルデータを軽量化する場合に利用可能です。このバウンダリーシェイプ軽量化により設計データが完成した場合に金型製作や部品化工と並行し梱包設計が可能となり製品出荷に対するフロントローディングが可能となります。インダストリー4.0の目標は、受注生産により在庫を減らすことです。従って物流が重要視されバウンダリーシェイプ軽量化が開発されています。軽量化された3Dデータは、ダイレクトトランスレータ機能にて任意のフォーマットに保存可能です。

バウンダリーシェイプ軽量化

ハイブリット軽量化について

ハイブリット軽量化は、ダイレクトに3Dデータを読取りフェイスエッジで形状を分割し製造業に大事な情報をBrep、それ以外の情報をボクセルデータにします。このハイブリット軽量化の用途は、CATIA V5等のハイエンドCADでハーネス設計を行う場合やDelmia等でロボット定義を行う場合、形状の機密化を行い協調設計を行う場合に3Dデータを軽量化することで工数削減や検討回数を増やすことが可能となります。軽量化された3Dデータは、ダイレクトトランスレータ機能にて任意のフォーマットに保存可能です。

ハイブリット軽量化単純化