3Dデータ軽量化

3Dデータ軽量化

TEL. 03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

3Dデータ軽量化

3Dデータ軽量化とは

3D Evolutionの3Dデータ軽量化には、シュリンクラップ(包装形状化)とバウンダリーシェイプ(梱包形状化)があります。3Dデータを後工程で再利用する時に外観形状のみが必要な場合があります。軽量化した3Dデータは、ロボットシミュレーション、物流に於ける梱包設計、ファクトリーシミュレーション等インダストリー4.0を具現化するために必要です。シュリンクラップ(包装形状化)は、ビニール袋に形状を入れてエアーを抜いた状態の形状を計算します。またその時にビニール袋を接触するソリッドまたはフェイスを抽出することも可能です。バウンダリーシェイプ(梱包形状化)は、形状を梱包する空間形状を作成します。基本的には、形状を近似して単純な形状に置き換えます。アセンブリ部品全体を近似して1つソリッドを作成したり個々のパーツを近似してマルチソリッド化も可能です。この方法は、プラント設計データの軽量化でもよく行われる方法です。これらの軽量化処理は、バッチ処理で計算可能です。

3Dデータ軽量化

シュリンクラップ機能

3D Evolutionのシュリンクラップは、ビニール袋にアセンブリ部品をいれてエアーを抜き取った時にできるビニール形状(ファセットデータ)を計算します。シュリンクラップは、ビッグデータを大雑把な外観形状(1ソリッド化)にすることで大幅な軽量化が可能となります。計算されたラッピング形状は、任意のフォーマットで保存することが可能なため、様々なシステムでラッピング形状を利用することができます。一例として複雑なエンジンアッシーデータを1ソリッド化して熱源として利用可能です。またラッピング形状に接するソリッドやフェイスを抽出することで外観形状として軽量化可能です。

シュリンクラップ

バウンダリーシェイプ機能

3D Evolutionのバウンダリーシェイプは、ビッグデータをダイレクトに読込み部品形状またはアセンブリ形状を包み込む梱包空間形状を作成します。梱包空間形状は、立方体、円柱、三角錐、多面体で構成され、梱包設計、レイアウト検討など大規模アセンブリデータを軽量化する場合に利用可能です。このバウンダリーシェイプにより設計データが完成した場合に金型製作や部品化工と並行し梱包設計が可能となり製品出荷に対するフロントローディングが可能となります。インダストリー4.0の目標は、受注生産により在庫を減らすことです。従って物流が重要視されバウンダリーシェイプが開発されています。

バウンダリーシェイプ

入力インターフェイス

インターフェイス 拡張子 バージョン
Acis *.sat
*.sab
All-R21
AutoCAD *.dwg All-2013
CATIA V4 *.model
*.dlv
*.exp
All-4.x
CATIA V5 *.CATPart
*.CATProduct
*.cgr
R10-R27
CATIA V6 *.3Dxml R210-R213
2011x-2013
Creo *.prt
*.xpr
*.asm
*.xas
All-Creo4.0
*.neu 13-WF5
iCAD *.x_t
*.x_b
All-26
I-Deas *.arc
*.unv
*.asc
All-NX6
IGES *.igs
*.iges
5.2-5.3
Inventor *.ipt
*.iam
All-2017
*.sat
*.sab
All-R21
JT *.jt 6.4-10.2
NX *.prt 11.1-NX11.0
*.x_t
*.x_b
All-26
*.jt 6.4-10.2
MicroStation *.dgn
*.sat
*.sab
All-R21
Parasolid *.x_t
*.x_b
All-26
Proe *.prt
*.xpr
*.asm
*.xas
13-WF5
*.neu 13-WF5
RobCAD *.rf
Solid Edge *.x_t
*.x_b
All-26
*.jt 6.4-10.2
SolidWorks *.sldprt
*.prt
*.sldasm
*.asm
1999-2017
*.x_t
*.x_b
All-26
STEP *.stp
*.step
*.stpx
*.stpZ
AP203
AP214
AP242
STL *.stl