CADデータ軽量化

CADデータ軽量化

TEL. 03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

CADデータ軽量化

CADデータ軽量化とは

CADデータ軽量化は、ダイレクトにCADデータを読込み、近似形状による軽量化を行います。CADデータ軽量化には、シュリンクラップ軽量化、バウンダリーシェイプ軽量化、ハイブリット軽量化があります。シュリンクラップ軽量化は、複雑なアセンブル形状や点群データをビニール袋で包み込みエアーを抜き取った近似形状を作成します。バウンダリーシェイプは、アウタートレランスによりCADデータの最外殻を多面体処理します。ハイブリット軽量化は、平面や円筒面などプリミティブ形状をBrep、それ以外をテッセレーションとしたハイブリットデータを作成します。軽量化されたCADデータはダイレクトトランスレータ機能により任意のフォーマットに変換し保存可能です。

CADデータ軽量化

シュリンクラップ軽量化について

シュリンクラップ軽量化は、ダイレクトにCADデータを読取り、ビニール袋にアセンブル部品をいれてエアーを抜き取った時にできるビニール形状を計算します。シュリンクラップ軽量化は、大容量点群データ等のビッグデータを大雑把な外観形状にすることにより、大幅な軽量化が可能となります。計算されたシュリンクラップ形状は、任意のフォーマットで保存することが可能なため、様々なシステムで軽量化されたシュリンクラップ形状を利用することが可能です。一例として複雑なエンジンアッシーデータを1ソリッド化し、熱流体解析の熱源として利用可能です。またラッピング形状に接するソリッドやフェイスを抽出することで外観形状として軽量化が可能です。軽量化された形状は、ダイレクトトランスレータ機能により任意のフォーマットに保存可能です。

シュリンクラップ軽量化

バウンダリーシェイプ軽量化について

バウンダリーシェイプ軽量化は、ダイレクトにCADデータを読込み、形状を単純な近似形状に置換することで軽量化を行います。近似形状の作成は、アウタートレランス計算で作成されます。従って梱包設計やレイアウト検討の干渉チェックに使用することが可能です。また大規模点群データを近似的にボックス形状、円筒形状、多面体形状にすることで大幅な軽量化が可能です。近似化された形状は、ダイレクトトランスレータ機能により任意のフォーマットに保存可能です。

バウンダリーシェイプ軽量化

ハイブリット軽量化について

ハイブリット軽量化は、ダイレクトにCADデータを読込みBrepと表示データの混在データによる軽量化を行います。バイナリー解析技術により、大容量CADデータを読込み、設計や製造に必要な平面、円筒面のプリミティブな形状はBrep、それ以外の形状は表示データにします。ハイブリット軽量化は、ハーネス設計等、設計データが成熟し、重たくなり設計し難い環境を改善します。

ハイブリット軽量化単純化