CADデータのサーフェス合成

CADデータのサーフェス合成

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

CADデータのサーフェス合成

CADデータのサーフェス合成について

「CADデータのサーフェス合成」は、3Dモデルの解析と処理を効率化するために設計された技術で、CADインターフェースとバイナリ解析技術を用いて実施されます。この技術は、国際標準化機構(ISO)、航空宇宙団体(LOTAR)、ドイツ自動車工業会(VDA)などの国際的な団体から高い評価を受けています。

この技術の主な目的は、解析時間を短縮し、計算リソースの消費を削減することです。これを実現するために、指定トレランス内で複数のサーフェスを一つに合成し、形状を簡略化します。このプロセスにより、不要なノード点を削減し、解析モデルの要素数を減少させることが可能になります。結果として、解析の効率が向上し、計算時間とリソース消費が大幅に削減されます。

さらに、この技術は自動化が可能であり、「CADデータのバッチ処理」にも対応しています。これにより、複雑な形状や詳細な表面処理が必要な解析において、大量の3Dモデルを効率的に処理することができます。この機能は、特に大量のデータを扱う企業や組織にとって非常に有用であり、解析の適応性を高める役割を果たします。

「CADデータのサーフェス合成」は、設計から製造までの全工程で大きな利便性をもたらします。設計者が作成した複雑なモデルを、解析担当者が効率的に処理できる形状に変換することで、全体のワークフローがスムーズになります。また、解析の精度が向上し、製品の品質や信頼性が高まります。これにより、製品開発サイクルが短縮され、市場投入までの時間も短縮されます。

この技術は、具体的には以下のような利点を提供します。解析時間の短縮、計算リソースの節約、解析モデルの要素数の減少、解析精度の向上、自動化とバッチ処理対応による大量データの効率的な処理、設計から製造までのワークフローのスムーズ化、製品の品質と信頼性の向上、製品開発サイクルの短縮と市場投入までの時間の短縮です。

「CADデータのサーフェス合成」は、3Dモデルの解析と処理を劇的に効率化する技術であり、業界全体の効率性と競争力を向上させる重要なツールです。これにより、企業は市場の要求に迅速に応え、高品質な製品を提供することが可能になります。

2024年04月

◆ 目的

- 高精度なサーフェスモデルを生成し、製品の美観と機能を最適化するため

- 複雑な形状の設計を簡素化し、効率的なデータ管理を実現するため

- モデルのリアリズムを向上させ、デザインの意図を正確に伝えるため

2024年04月

◆ 特徴

- CADデータのサーフェス合成は、高精度な形状再現が特徴

- 複雑なジオメトリのシームレスな統合が可能なのが特徴

- 自動化されたスムージングプロセスによる効率的な操作が特徴

2024年04月

◆ CADデータの入力

インターフェース 拡張子
CTデータ *.ct
*.cta
*.ctp
3DEXPERIENCEデータ *.3dxml
Acisデータ *.sat
*.sab
AP242XMLデータ *.stpx
*.stpxZ
AutoCADデータ *.dwg
CADDSデータ _pd
_ps
CATIA V4データ *.model
*.dlv
*.exp
*.session
CATIA V5データ *.CATProduct
*.CATPart
CATIA V6データ *.3dxml
Creoデータ *.asm
*.prt
*.xas
*.xpr
*.neu
Euklidデータ *.edx
FBXデータ *.fbx
iCADデータ *.x_t
*.x_b
I-Deasデータ *.arc
*.unv
*.asc
IFCデータ *.ifc
IGESデータ *.iges
*.igs
Inventorデータ *.iam
*.ipt
JTデータ *.jt
MicroStationデータ *.dgn
NXデータ *.prt
Optimizerデータ *.csb
PLMXMLデータ *.xml
Rhinocerosデータ *.3dm
RobCADデータ *.rf
Parasolidデータ *.x_t
*.x_b
*.xmt_txt
Solid Edgeデータ *.par
*.asm
*.psm
SolidWorksデータ *.sldasm
*.sldprt
*.asm
*.prt
STEPデータ *.step
*.stp
STEP AP242データ *.step
*.stp
*.stpZ
VDAデータ *.vda
VisiCADデータ *.wkf

2023年11月