CADデータの中立面

CADデータの中立面

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

CADデータの中立面

CADデータの中立面について

「CADデータの中立面」は、3Dモデルの形状を簡略化するために開発された技術であり、バイナリ解析に基づくCADインターフェースを使用しています。この機能は、対向する複数の面の中間に位置する中立面を計算し生成することで、形状をより単純なものに統合します。この処理により、解析やシミュレーションの効率が向上し、計算時間の短縮とリソースの有効活用が実現します。

「CADデータの中立面」には、段差の除去やサーフェスのフラット化機能も含まれています。これにより、形状の滑らかさや一貫性が高まり、解析モデルの品質が向上します。中立面の生成は、複雑な3Dモデルをよりシンプルで効率的に処理できる形状に変換することを可能にし、解析の精度を高める役割を果たします。この技術は、製品開発の効率化と精度向上に寄与します。設計段階で作成された複雑なモデルを解析やシミュレーションに適した形状に変換することで、全体のワークフローがスムーズになり、時間とコストの削減が可能となります。具体的には、製品の開発サイクルが短縮され、市場投入までの時間が大幅に減少します。

また、「CADデータの中立面」は、製造業界における製品開発プロセスを支援します。解析と最適化の精度が向上することで、製品の品質や信頼性が高まり、競争力が強化されます。これにより、企業はより迅速かつ効率的に高品質な製品を市場に提供することが可能となります。

具体的な応用例として、航空機の翼の設計や自動車のボディパネルの解析が挙げられます。これらの部品は、非常に複雑な形状を持つことが多いため、中立面の技術を活用することで、設計データの簡略化と解析の効率化が図れます。また、中立面を利用することで、製造プロセスにおける材料の使用量の最適化や、加工時間の短縮にも寄与します。

「CADデータの中立面」は、3Dモデルの解析と最適化において重要な役割を果たし、製造業界全体の効率性と競争力を向上させるための不可欠な技術です。この技術を活用することで、企業は設計から製造に至るまでの各段階でのプロセスを改善し、高品質な製品を市場に迅速に提供することが可能となります。

2024年04月

◆ 目的

- 解析やシミュレーションに利用し、開発精度を向上させるため

- 部品間の適合性を確認し、設計の一貫性を保つため

- 複雑な形状の理解とコミュニケーションを円滑にするため

2024年04月

◆ 特徴

- CADデータの中立面は、モデルの幾何学的中心を基準にする操作が特徴

- 中立面操作は、設計の対称性を保ちながら修正を行うことが特徴

- 中立面を操作することで、設計の精度と一貫性を向上させることが特徴

2024年04月

◆ CADデータの入力

インターフェース 拡張子
CTデータ *.ct
*.cta
*.ctp
3DEXPERIENCEデータ *.3dxml
Acisデータ *.sat
*.sab
AP242XMLデータ *.stpx
*.stpxZ
AutoCADデータ *.dwg
CADDSデータ _pd
_ps
CATIA V4データ *.model
*.dlv
*.exp
*.session
CATIA V5データ *.CATProduct
*.CATPart
CATIA V6データ *.3dxml
Creoデータ *.asm
*.prt
*.xas
*.xpr
*.neu
Euklidデータ *.edx
FBXデータ *.fbx
iCADデータ *.x_t
*.x_b
I-Deasデータ *.arc
*.unv
*.asc
IFCデータ *.ifc
IGESデータ *.iges
*.igs
Inventorデータ *.iam
*.ipt
JTデータ *.jt
MicroStationデータ *.dgn
NXデータ *.prt
Optimizerデータ *.csb
PLMXMLデータ *.xml
Rhinocerosデータ *.3dm
RobCADデータ *.rf
Parasolidデータ *.x_t
*.x_b
*.xmt_txt
Solid Edgeデータ *.par
*.asm
*.psm
SolidWorksデータ *.sldasm
*.sldprt
*.asm
*.prt
STEPデータ *.step
*.stp
STEP AP242データ *.step
*.stp
*.stpZ
VDAデータ *.vda
VisiCADデータ *.wkf

2023年11月