3Dデータ最適化

3Dデータ最適化

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

3Dデータ最適化

3Dデータ最適化について

◆ 概要

「3Dデータ最適化」は、国際標準化機構(ISO)、航空宇宙団体(LOTAR)、ドイツ自動車工業会(VDA)など国際的に評価が高いバイナリー解析技術により大容量3Dデータ(インプット情報)を高速かつ正確に読み取り、3Dデータの「オフセットサーフェス」、「ダイレクトモデリング」による公差調整、「アセンブリ適正化」による同一形状のインスタンス化、「サーフェス作成」による形状の穴埋め、「スムージング」によるサーフェスの平滑化を行います。特に「オフセットサーフェス」は、自動車ボディ面のオフセットが重要課題であるVDAの3D図面運用に寄与している機能です。自動車のインナーパネルは、3次元CADではオフセットが出来ないため、干渉チェックや重量計算に問題があり、ダイムラー社のクラスAを発表した時にテストコースで横転したことが問題となり開発を開始しました。この時に開発されたオフセットアルゴリズムが高速なため、「干渉チェック」でも使用されています。干渉をする製品を中心方向にオフセットを行い干渉計算を行うため、接触部分を除外した干渉チェックが完成し3D図面化が一気に進んでいます。「3Dデータ最適化」は、「ダイレクトモデリング」や「サーフェイス作成」の機能は、「3Dバッチ処理」に対応しています。この「3Dデータ変換」は、ISOの「CADデータ長期保存」に実務展開エンジンとしてPDQ-Sの開発に協力した国際標準のソフトウェアです。


◆ 「3Dデータ最適化」の特徴

✔ 設計CADの機能を補完し3Dデータ活用


◆ 「3Dデータ最適化」の関連機能

「3Dデータ最適化」は、3Dデータに修正を加えて使いやすい3Dデータにします。CADでオフセット計算ができない面を「オフセットサーフェス」でオフセット、製造現場に必要な加工代をつける「ダイレクトモデリング」、PDQ適正化などで品質適正化を行った時に欠落した面を補間する「サーフェス作成」、サーフェスの捩れを制御点の修正により修復する「スムージング」を行うことができます。ここで修正された3Dデータは、「3Dデータ変換」で任意のフォーマットに出力します。