シュリンクラップ

シュリンクラップ

TEL. 03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

シュリンクラップ

シュリンクラップについて

シュリンクラップは、国際標準化機構(ISO)など国際的に評価の高いバイナリー解析技術により、ダイレクトに大容量3Dデータ(インプット情報)を高速かつ正確に読取ります。シュリンクラップは、読み取られた3Dデータをビニール袋にいれて、エアーを抜き取った時にできるビニールの外観形状を計算します。シュリンクラップは、この作成されたビニール形状に接触するフェイスやソリッドを抽出することで3Dデータの外形化も可能です。抽出された3Dデータは、3Dデータ変換により任意のフォーマットで保存が可能です。任意のフォーマットとはドイツ自動車工業会(VDA)抽出されたデータの用途は、ロボットシミュレーションや梱包設計で使用されます。また計算されたビニール形状を保存し、熱流体解析の熱源として使用可能です。シュリンクラップは、B-RepのみならずSTLデータ等のファセット形状に対応可能です。STLデータの場合は、測定器で作成されたSTLデータを包みこんで軽量化されたSTLデータに出力することで梱包設計やレイアウト設計に使用可能です。操作は1クリックで計算時間は1分程度です。シュリンクラップは、3Dバッチ処理が可能なため、3Dデータの変更処理に追随します。


◆ 「シュリンクラップ」のビデオ

下図は、シュリンクラップでCATIA V5のアセンブルデータを読込みラッピング形状を作成しています。このラッピング形状に接するフェイスやソリッドを抽出することができます。このラッピング形状を使用することでより複雑な形状のアセンブル単純化が可能となります。このラップ形状は、アウタートレランスで作成されるため、干渉チェックや梱包設計に対して対応可能となります。