3Dデータ最適化

3Dデータ最適化

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

3Dデータ最適化

3Dデータ最適化とは

3D Evolutionの3Dデータ最適化は、PDQ最適化とアセンブル最適化があります。PDQ最適化は、形状をチェックしPDQ項目に閾値に合致する部分を修正します。このPDQ最適化は、ISOのPDQ-Sのアルゴリズムに則った国際的PDQ最適化機能で航空宇宙の3Dデータ50年保管におけるPDQ最適化ツールとして使用されています。アセンブル最適化は、アセンブル構成をフラット化、マルチボディをアセンブル化、アセンブル構成をマルチボディ化、不要インスタンスの削除、同一形状のインスタンス化、インスタンスを実態化することが可能です。階層の深いアセンブルデータを読むことができないシステム等の対応を行います。

3Dデータ最適化

PDQ最適化について

PDQ最適化は、ダイレクトに3Dデータを読取り、PDQチェックでエラーが発生したPDQ項目を修正し3Dデータ品質を最適化します。このPDQ最適化とヒーリングやステッチングを組み合わせて3Dデータの品質を最適化します。例えば微小要素の修正は、PDQ最適化により検出された微小曲面を削除し、ヒーリングやステッチングで隙間を埋めます。修正された3Dデータは、ダイレクトトランスレータ機能にて任意のフォーマットに保存可能です。

PDQ最適化

アセンブル最適化について

アセンブル最適化は、ダイレクトに3Dデータを読取りアセンブルファイルを1ファイルマルチボディ化、マルチボディファイルのアセンブル化、インスタンスリンクの分離、アセンブル階層のフラット化、空インスタンス削除を行います。3次元システムには、シングルボディ対応や1階層対応のシステムが存在し、アセンブルデータを変換する場合には注意が必要です。3D Evolutionは、変換先システムとフォーマットを指定するだけでアセンブルデータを最適化して変換します。修正された3Dデータは、ダイレクトトランスレータ機能にて任意のフォーマットに保存可能です。

アセンブル最適化