CADデータ最適化

CADデータ最適化

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

CADデータ最適化

CADデータ最適化とは

CADデータ最適化は、ダイレクトにCADデータを読込み品質適正化を行います。CADデータ最適化には、PDQ最適化、アセンブル最適化、制御点最適化、G1連続最適化があります。PDQ最適化は、形状をPDQチェックし国際標準化機構やドイツ自動車工業会が定めたPDQ項目を修正します。アセンブル最適化は、アセンブル構成をフラット化、マルチボディをアセンブル化、アセンブル構成をマルチボディ化、不要インスタンスの削除、同一形状のインスタンス化、インスタンスを実態化することが可能です。変換先システムに合わせアセンブル構成の最適化を行います。制御点最適化は、制御点の粗密を無くし曲面スムージングを行います。G1連続最適化は、曲面のG1連続化を行います。最適化されたCADデータはダイレクトトランスレータ機能により任意のフォーマットに変換し保存可能です。

CADデータ最適化

PDQ最適化について

PDQ最適化は、ダイレクトにCADデータを読取り、PDQチェックでエラーが発生したPDQ項目を修正しPDQ品質を最適化します。このPDQ最適化とヒール、ステッチを組み合わせてCADデータの品質を最適化します。例えば微小要素の修正は、PDQ最適化により検出された微小曲面を削除し、ヒールやステッチで隙間を埋めます。修正されたCADデータは、ダイレクトトランスレータ機能にて任意のフォーマットに変換し保存可能です。

PDQ最適化

アセンブル最適化について

アセンブル最適化は、ダイレクトにCADデータを読取りアセンブル構造の最適化を行います。アセンブル構造の最適化は、アセンブルファイルを1ファイルマルチボディ化、マルチボディファイルのアセンブル化、インスタンスリンクの分離、アセンブル階層のフラット化、空インスタンス削除を行います。3次元システムには、シングルボディ対応や1階層対応のシステムが存在し、アセンブルデータを変換する場合には注意が必要です。3D Evolutionは、変換先システムとフォーマットを指定するだけでアセンブルデータを最適化して変換します。最適化されたCADデータは、ダイレクトトランスレータ機能により任意のフォーマットに保存可能です。

アセンブル最適化

制御点最適化について

制御点最適化は、ダイレクトにCADデータを読込み曲面のスムージングを行います。スムージングの効果は、曲面の修正が行いやすくなり、軽量化も行えます。CADデータの読込みは、バイナリー解析技術により正確に読みとれるのでCADと同様な制御点が表示されスムージングが可能です。スムージングされたデータは、ダイレクトトランスレータ機能により任意のフォーマットで保存可能です。

制御点最適化

G1連続最適化について

G1連続最適化は、ダイレクトにCADデータを読込み隣接する曲面のG1連続化を行います。G1連続(位置)の前提条件はG0連続(接線)です。G1連続は、G0を満たし更に接線方向も一致している場合に成立します。G1連続化されたデータは、ダイレクトトランスレータ機能により任意のフォーマットで保存可能です。

G1連続最適化