CADデータ修正

CADデータ修正

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

CADデータ修正

CADデータ修正とは

CADデータ修正は、ダイレクトにCADデータを読込み3Dシステム間のトレランス等、位相ギャップを修正します。CADデータ修正の種類には、ヒール、ステッチ、フェイス結合、曲面作成、収束点修正があります。これらの機能は全て標準で提供されます。修正されたCADデータは、ダイレクトトランスレータ機能にて任意のフォーマットに変換できます。

CADデータ修正

ヒールについて

ヒールは、ダイレクトにCADデータを読取り再トリム計算によりエッジ誤差を補正します。シェル要素やソリッド要素は、3次元CAD固有のトレランス内にエッジ誤差が収まりフェイスの集合体を表現しています。このトレランスは3次元CAD毎に違うため、そのまま中間フォーマットを介して変換した場合は、変換トラブル原因になっています。ヒールは、トレランスを変換先システムに合わせて再トリム計算によりエッジ誤差を補正します。従ってこのヒールでは、母曲面の変更は行わないため元面を保持します。修正されたCADデータは、ダイレクトトランスレータ機能により任意のフォーマットに保存可能です。

ヒール

ステッチについて

ステッチは、ダイレクトにCADデータを読取り、設定されたトレランス(許容誤差)内で曲面を変形しエッジ誤差を修正します。ステッチは円筒面、平面などのプリミティブ情報を維持しながら曲面を修正します。修正されたCADデータは、ダイレクトトランスレータ機能にて任意のフォーマットに保存することが可能です。

スッチング

フェイス結合について

フェイス結合は、CADデータのバラバラなフェイス群を結合しシェル化またはソリッド化します。フェイス結合後にチェックで不具合エッジを検証しヒールやステッチで形状情報を修正します。修正されたCADデータは、ダイレクトトランスレータ機能にて任意のフォーマットに保存することが可能です。

ジョイン

曲面作成について

曲面作成は、ダイレクトにCADデータを読取り、形状の欠落部分を補完したり曲面を張り替える機能です。フィル面、ブレンド面、ルールド面、ロフト面、平面で欠落部分を補完します。これらの曲面定義は、曲面のフリーエッジを対象に曲面を作成します。曲面保管された形状は、ダイレクトトランスレータ機能により任意のフォーマットに保存可能です。

曲面作成

収束点修正について

収束点修正は、ダイレクトにCADデータを読取り、曲面の収束点を修正し曲面を安定化させます。3次元CAD上で曲面が収束した場合に収束点の位置が意図しない場所になることがあります。その収束した面を収束点の再指定による収束面計算で修正します。修正されたCADデータは、ダイレクトトランスレータ機能にて任意のフォーマットに保存することが可能です。

収束点修正