アセンブル保護化

アセンブル保護化

TEL. 03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

アセンブル保護化

アセンブル保護化について

◆ アセンブル保護化の概要

3D Evolutionのアセンブル保護化は、国際標準化機構(ISO)など国際的に評価の高いバイナリー解析技術により、ダイレクトに大容量3Dデータを高速かつ正確に読み取り、アセンブル保護化を行います。アセンブル保護化は、トランスミッションのような、ケースものに格納されている形状に対して外観には全く影響のない内部パーツを除去します。次に残ったパーツの詳細設計情報を削除することにより、アセンブル保護化は完了します。このようなアセンブル保護化により軽量化された形状は、協調設計、ロボットシミュレーションや梱包設計に使用することができます。3D Evolutionは、アセンブル保護化を1クリックで高速に実行可能なため、設計変更に柔軟に追随します。3D Evolutionのアセンブル保護化は、3Dバッチ処理に対応しています。よくある事例としてPDMにチェックインするタイミングでアセンブルの保護化は行われます。


■ アセンブル保護化のイメージ

下図は、3D Evolutionで断面をカット表示させてアセンブル保護化を行っています。計算時間は、ThikPad W541で5秒程度です。当然バッチ処理に対応していますので設計変更への追随も問題ありません。製造プロセスでは、外観形状があれば良いプロセスがあります。例えば協調設計、ロボット定義、梱包設計、レイアウト検討などが考えられます。

アセンブル保護化