シュリンクラップ軽量化

シュリンクラップ軽量化

TEL. 03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

シュリンクラップ軽量化

シュリンクラップ軽量化について

シュリンクラップ軽量化は、高度なバイナリー解析技術により、ダイレクトに3Dデータを高速かつ正確に読取ります。シュリンクラップ軽量化は、読み取られた3Dデータをビニール袋にいれて、エアーを抜き取った時にできるビニールの外観形状を計算します。シュリンクラップ軽量化は、この作成されたビニール形状に接触するフェイスやソリッドを抽出することで3Dデータの外形化も可能です。抽出された3Dデータは、任意のフォーマットで保存が可能です。抽出されたデータの用途は、ロボットシミュレーションや梱包設計で使用されます。また計算されたビニール形状を保存し、熱流体解析の熱源として使用可能です。

シュリンクラップ軽量化

シュリンクラップ軽量化のサンプル

■ シュリンクラップでアセンブル一体化

シュリンクラップ軽量化の特徴は、指定したメッシュサイズによりアセンブルデータを包み込んだ形状を作成します。例えばエンジンルームを包み込んで熱流体解析の熱源としたり、工場の機械データを包み込んで工場のレイアウト検討に使用することが可能です。またシュリンクラップと接するフェイスやボディを抽出して軽量データを作成することが可能です。

シュリンクラップ軽量化

■ シュリンクラップと接するフェイスを抽出して軽量化

シュリンクラップ形状と接するフェイスを抽出します。アセンブル単純化では抽出できない形状に対して有効です。

シュリンクラップ軽量化

■ シュリンクラップと接するボディを抽出して軽量化

シュリンクラップ形状と接するボディを抽出します。アセンブル単純化では抽出できない形状に対して有効です。

シュリンクラップ軽量化