3Dデータ軽量化/シュリンクラップ

3Dデータ軽量化/シュリンクラップ

TEL. 03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

3Dデータ軽量化/シュリンクラップ

3Dデータ軽量化とは

3D_Evolutionのシュリンクラップは、ダイレクトに3Dデータを読取り、ビニール袋にアセンブル部品をいれて、エアーを抜き取った時にできるビニール形状を計算します。シュリンクラップは、この作成されたビニール形状を接触するファイスやソリッドを抽出することで3Dデータの外形化が可能です。軽量化されたデータは、任意のフォーマットで保存が可能です。軽量化されたデータの用途は、ロボットシミュレーションや梱包設計で使用されます。またビニール形状を保存し熱流体解析の熱源として使用できます。