シュリンクラップ軽量化(ラップ形状)

シュリンクラップ軽量化(ラップ形状)

TEL. 03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

シュリンクラップ軽量化(ラップ形状)

シュリンクラップ軽量化(ラップ形状)とは

3D Evolutionのシュリンクラップ軽量化(ラップ形状)は、ビニール袋にアセンブリ部品をいれてエアーを抜き取った時にできるビニール形状(ファセットデータ)を計算します。シュリンクラップ軽量化(ラップ形状)は、ビッグデータを大雑把な外観形状(1ソリッド化)にすることで大幅な軽量化が可能となります。計算されたラッピング形状は、任意のフォーマットで保存することが可能なため、様々なシステムでラッピング形状を利用することができます。一例として複雑なエンジンアッシーデータを1ソリッド化して熱源として利用可能です。またラッピング形状に接するソリッドやフェイスを抽出することで外観形状として軽量化可能です。

シュリンクラップ

シュリンクラップの特徴

▼ 特殊なアルゴリズムによる外観ラッピング形状を作成

▼ 外観ボディの抽出、外観フェイスの抽出が可能

▼ 熱流体解析における複雑な熱源を1ソリッド化

▼ Webベース バッチマネージャーに対応


入力インターフェイス

インターフェイス 拡張子 バージョン
Acis *.sat
*.sab
All-R21
AutoCAD *.dwg All-2013
CATIA V4 *.model
*.dlv
*.exp
All-4.x
CATIA V5 *.CATPart
*.CATProduct
*.cgr
R10-R27
CATIA V6 *.3Dxml R210-R213
2011x-2013
Creo *.prt
*.xpr
*.asm
*.xas
All-Creo4.0
*.neu 13-WF5
iCAD *.x_t
*.x_b
All-26
I-Deas *.arc
*.unv
*.asc
All-NX6
IGES *.igs
*.iges
5.2-5.3
Inventor *.ipt
*.iam
All-2017
*.sat
*.sab
All-R21
JT *.jt 6.4-10.2
NX *.prt 11.1-NX11.0
*.x_t
*.x_b
All-26
*.jt 6.4-10.2
MicroStation *.dgn
*.sat
*.sab
All-R21
Parasolid *.x_t
*.x_b
All-26
Proe *.prt
*.xpr
*.asm
*.xas
13-WF5
*.neu 13-WF5
RobCAD *.rf
Solid Edge *.x_t
*.x_b
All-26
*.jt 6.4-10.2
SolidWorks *.sldprt
*.prt
*.sldasm
*.asm
1999-2017
*.x_t
*.x_b
All-26
STEP *.stp
*.step
*.stpx
*.stpZ
AP203
AP214
AP242
STL *.stl