シュリンクラップ軽量化

シュリンクラップ軽量化

TEL. 03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

シュリンクラップ軽量化

シュリンクラップ軽量化とは

シュリンクラップ軽量化は、ダイレクトにCADデータを読取り、ビニール袋にアセンブル部品をいれてエアーを抜き取った時にできるビニール形状を計算します。シュリンクラップ軽量化は、大容量点群データ等のビッグデータを大雑把な外観形状にすることにより、大幅な軽量化が可能となります。計算されたシュリンクラップ形状は、任意のフォーマットで保存することが可能なため、様々なシステムで軽量化されたシュリンクラップ形状を利用することが可能です。一例として複雑なエンジンアッシーデータを1ソリッド化し、熱流体解析の熱源として利用可能です。またラッピング形状に接するソリッドやフェイスを抽出することで外観形状として軽量化が可能です。軽量化された形状は、ダイレクトトランスレータ機能により任意のフォーマットに保存可能です。

シュリンクラップ軽量化

例)外観フェース抽出で軽量化

3D Evolutionのシュリンクラップ軽量化は、アセンブル部品のある一定の大きさを持つフェースを抽出し軽量化することが可能です。軽量化されたデータは、任意のフォーマットに保存されハーネス設計、ロボットシミュレーション、梱包設計で使用できます。

外観フェース抽出