3Dデータ単純化

3Dデータ単純化

TEL. 03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

3Dデータ単純化

3Dデータ単純化とは

3D Evolutionの3Dデータ単純化には、ボディ単純化、アセンブル単純化、一括単純化があります。3D Evolutionは、ダイレクトに3Dデータを読込み単純化処理を行います。ボディ単純化は、鋳物形状の詳細設計部分を埋めて機密保護を行う機能です。3D図面化が進み3Dデータで協調設計を行う場合に自社の設計データの機密部分を削除する必要があります。削除された輪郭情報をワイヤーフレームで残すことができ、全体的にデータが軽量化され参照設計がしやすくなります。アセンブル単純化は、外観に影響のないパーツを自動的に削除する機能です。ファイル名やボディ名でも自動削除することが可能です。一括単純化は、アセンブル単純化を行った後にボディ単純化を自動的に行う機能です。これらの機能は、バッチによる自動処理で行います。

3Dデータ単純化

3Dデータ単純化のメリット

▼ 3Dデータの知財保護が可能です。

▼ 知財保護と同時に軽量化が可能です。

▼ 梱包材の設計が容易になります。

▼ 自動化プロセスにより生産性向上が見込まれます。


ボディ単純化について

ボディ単純化は、3Dデータの軽量化と同時に機密保護化を行います。3D図面が流通すると3Dデータの機密保護は重要になります。機密保護は、取引先との協調設計においてエンジンやトランスミッションのような鋳物部品の詳細設計部分を自動的に削除し3Dデータ授受を行います。削除された詳細設計部の輪郭形状を残すことが可能で協調設計に有用な要素となります。3Dデータが軽量化される特性を活かしてロボットシミュレーションや梱包設計にも使用可能です。コマンドで実行が可能なためPDMと連携することができます。単純化された3Dデータは、ダイレクトトランスレータ機能にて任意のフォーマットに保存可能です。

ボディ単純化

アセンブル単純化について

アセンブル単純化は、エンジンやミッションなど鋳物で作成されるアセンブル部品の中身を削除する機能です。。アセンブル単純化は、ロボットシミュレーション、梱包設計、プラント設計における3Dデータの軽量化技術です。コマンドで実行が可能なためPDMと連携することができます。単純化された3Dデータは、ダイレクトトランスレータ機能にて任意のフォーマットに保存可能です。

アセンブル単純化

一括単純化について

一括単純化は、取引先との協調設計においてエンジンやミッションのような鋳物部品の詳細設計部分を自動的に削除し、機密保護と軽量化を行います。計算は、アセンブル単純化を行ってボディ単純化を行います。コマンドで実行が可能なためPDMと連携することができます。単純化された3Dデータは、ダイレクトトランスレータ機能にて任意のフォーマットに保存可能です。

一括単純化