スライシング

スライシング

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

スライシング

スライシングについて

「4D Additive」のスライシングは、3Dプリンティングや他の加算製造技術において、デジタルモデルを薄い層に分割して印刷プロセスをガイドする重要なプロセスです。マルチプロセッサの計算と正確なBoundary Representation(Brep)の利用によって、高速かつ正確なスライシングが可能となります。

スライシング曲線をベクターグラフィックスとして生成し保存できる機能は便利です。ベクターグラフィックスを使用することで、曲線を品質を損なうことなくスケーリングしたり、さまざまなデザインや製造ワークフローに簡単に統合したりすることができます。

技術データベースからのデフォルトのスライシングパラメータの利用可能性は便利です。異なる材料、プリンタータイプ、および所望の印刷品質に最適化された事前定義された設定が提供されるため、時間と労力を節約できます。ただし、特定の要件に基づいてこれらのパラメータを微調整する必要がある場合もあることに注意してください。

さまざまなハッチングパターンの組み込みは、スライシングプロセスの柔軟性をさらに高めます。ハッチングパターンは強度、表面仕上げ、印刷時間などの要素に影響を与えるため、ユーザーは出力を自分の要件に合わせてカスタマイズできます。
スライシング
さまざまなスライシング形式(slc、sli、svg、gコード‥)は、広範な業界標準形式をカバーしています。この互換性により、さまざまなソフトウェアやハードウェアシステムとのシームレスな統合が可能となり、多様な製造ワークフローや装置に対応できます。

全体として、効率的なマルチプロセッサの計算、正確なBrepの使用、カスタマイズ可能なスライシングパラメータ、さまざまなハッチングパターン、および複数のスライシング形式のサポートの組み合わせにより、このスライシングシステムは3Dプリンティングや加算製造のアプリケーションにおいて頼りになるツールとなります。


◆ スライシングの特徴

- ジオメトリーをヒーリング(ART)して正確なスライシングデータ作成が可能

- 技術ベースからデフォルトのスライシングパラメータの使用が可能

- ハッチングパターンの組込によりスライシングプロセスの柔軟性とカストマイズ


◆ スライシングの動画

「4D Additive」のスライシングデータのカット位置のハッチングパターンの確認を行うことができます。ハッチングパターンは、スライスされたモデルの各層の内部を埋めるために使用されるパターンです。通常、ハッチングパターンは層ごとに異なる方向で配置されます。

具体的な手順や方法は、使用している「4D Additive」ソフトウェアのバージョンや設定に依存します。通常、以下の手順でハッチングパターンを確認できるでしょう:

1, 「4D Additive」ソフトウェアを開きます。
2. 対象のモデルを読み込むか、作成します。
3, スライシング設定やパラメータを選択します。これにはカット位置やハッチングパターンの設定が含まれます。
4. スライシングプロセスを実行します。
5. スライスされたモデルの表示を確認します。
6. 表示オプションや設定を使用して、ハッチングパターンの詳細を表示することができます。一般的には、表示オプションの中にハッチングパターンや内部構造を表示するための設定が含まれています。

上記の手順は一般的なものであり、「4D Additive」の具体的な操作手順やインターフェースは異なる場合があります。したがって、ソフトウェアのドキュメント、ユーザーガイド、またはヘルプファイルを参照して、詳細な手順を確認することをおすすめします。また、ソフトウェアのサポートチームに直接問い合わせることも有益です。