ヒーリング

ヒーリング

TEL.04-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

ヒーリング

ヒーリングについて

ヒーリングは、3Dモデリングにおいて不可欠なプロセスであり、デザインデータの品質向上とエラー修正を目的としています。このプロセスは、モデリング段階で生じる可能性のある幾何学的な不整合や欠陥を検出し、自動的に修正することに重点を置いています。ヒーリング機能は、製品開発の各段階でのトラブルを未然に防ぎ、効率的な製造プロセスを支えるために重要です。

まず、CADデータのヒーリングは、モデル内のギャップ、重複、ねじれ、オーバーラップといった不整合を検出し、修正する機能を提供します。これにより、設計データが製造可能な状態に整えられ、後工程での問題発生を防止します。例えば、ギャップがあると部品同士が正確に組み合わさらないため、ヒーリングプロセスを通じてこれらのギャップを埋めることが重要です。

さらに、ヒーリングは面やエッジの品質を向上させることも可能です。面の滑らかさや連続性を確保することで、製品の表面品質が向上し、特に美観が重要な製品や航空宇宙、自動車部品などの高精度が要求される部品において重要な役割を果たします。ヒーリングプロセスは、エッジの繋がりや面の整合性を確保し、設計データ全体の品質を向上させます。

ヒーリングのもう一つの重要な側面は、製造の準備段階でのデータ最適化です。3Dプリンティングなどの先進的な製造技術においては、モデルデータの正確性と整合性が製品の品質に直結します。ヒーリングプロセスを通じて、プリント前のデータを最適化することで、材料の無駄遣いを減らし、プリントの成功率を高めます。

例えば、「4D Additive」のヒーリング機能は、CADデータを取り込んだ後に自動的にエラーを検出し、修正します。このプロセスにより、ギャップ、オーバーラップ、ねじれた面などの問題を解消し、プリンティングプロセスの障害を排除します。これにより、最終製品の精度が向上し、3Dプリンティングの効率が大幅に改善されます。

ヒーリング機能は、手動の修正作業を大幅に削減し、設計者やエンジニアがより創造的な作業に集中できるようにします。自動化されたヒーリングプロセスにより、設計データの一貫性と信頼性が向上し、最終製品の性能と品質が保証されます。

CADデータのヒーリングは、設計プロセス全体の品質と効率を向上させるために不可欠な技術です。ヒーリング機能を活用することで、製品開発のスピードと精度が向上し、最終的には市場での競争力が強化されます。この技術は、現代の製造業における成功の鍵となっています。

2024年04月

◆ 目的

- 形状不整合を修正し、データの整合性と品質を確保するため

- 異なるCADシステム間でのデータ変換をスムーズに行うため

- モデルのエラーを検出・修正し、設計の信頼性を高めるため

2024年04月

◆ 特徴

- ヒーリングは、異常なジオメトリを自動で修正する機能が特徴

- データの一致を確認し、破損したエンティティを修復する能力が特徴

- スムーズなモデル変換を実現し、エラーを最小限に抑える点が特徴

2024年04月