<
マーチングキューブ・ヒーリング

マーチングキューブ・ヒーリング

TEL.04-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

マーチングキューブ・ヒーリング

マーチングキューブ・ヒーリングについて

マーチングキューブ(Marching Cubes)アルゴリズムは、1987年にLorensenとClineによって提案された、スカラー場データから等値面(等高線の3次元版)を抽出するための代表的な手法です。このアルゴリズムは、医用画像処理や科学的データ可視化において広く利用されています。

マーチングキューブは、ボリュームデータ(3Dスカラー場データ)を等値面で可視化するために、まずボリュームデータを小さな立方体(キューブ)の集合に分割します。各キューブの頂点にはスカラー値が割り当てられており、このスカラー値が等値面の値(等値)より大きいか小さいかをチェックします。この情報に基づいて、キューブの状態を判定し、特定の三角形パターンを適用して等値面を生成します。

具体的には、各キューブの8つの頂点に対して、それぞれが等値面の内側か外側かを二進数で表し、この組み合わせに応じて256通りの状態が考えられます。しかし、対称性を考慮することで、実際には15通りの基本パターンに分類できます。これらのパターンを用いて、キューブ内の等値面を表現する三角形の構成が決定されます。

このプロセスをキューブごとに繰り返し行うことで、全体のボリュームデータから連続した等値面が構築されます。マーチングキューブアルゴリズムの利点は、シンプルで効率的に等値面を抽出できる点にありますが、ディテールの再現性や計算コストの面で改良が求められることもあります。

このアルゴリズムは、医用画像処理ではCTスキャンやMRIデータの可視化、科学的データ可視化では地質データや流体シミュレーションの可視化に利用されています。結果として、複雑な3次元構造を視覚的に理解しやすくし、さらなる分析や研究の基礎となるデータを提供する重要な技術です。

2024年04月

◆ 目的

- 複雑な3D形状を効率的にメッシュ化し、高品質なモデルを生成するため

- 医療画像の解析において、正確な3D表現を実現するため

- コンピュータグラフィックスでリアルタイムレンダリングを最適化するため

2024年04月

◆ 特徴

- マーチングキューブは、スカラー場を三次元で表現するためのポリゴン化手法が特徴

- マーチングキューブは、等値面の生成において効率的かつ高精度な再現が特徴

- マーチングキューブは、局所的なデータ処理による計算量の削減が特徴

2024年04月