エッジ接続解除

エッジ接続解除

TEL.04-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

エッジ接続解除

エッジ接続解除について

エッジ接続解除は、3DモデリングやCAD(コンピュータ支援設計)において、特定のエッジを分離してモデルの形状や構造を再定義するための操作です。このプロセスは、モデルの編集や修正、新しい形状を作成する際に重要な役割を果たします。

まず、3Dモデル内で分離したいエッジを選択します。多くのCADソフトウェアでは、エッジ選択ツールを使用して、特定のエッジを簡単に選択できます。選択したエッジは、視覚的に強調表示されることが一般的です。次に、選択したエッジを解除するコマンドを実行します。このコマンドは「エッジの分離」や「エッジの解除」などと呼ばれることがあり、メニューやコンテキストメニューからアクセスできます。コマンドを実行すると、選択したエッジが周囲のジオメトリから分離されます。

エッジが解除されると、分離されたエッジが新しい頂点やエッジを形成し、モデルの形状が変化します。これにより、新しい形状や構造を作成したり、既存の形状を修正したりするための柔軟性が提供されます。分離されたエッジは、他のエッジや面と再接続することも可能であり、これにより複雑な形状やデザインの編集が容易になります。

エッジ接続解除は特に、形状の修正やモデルの一部を修正する際に、エッジ接続解除を行って不要な接続を解除し、新しい形状を作成することができるため役立ちます。新しい部品や詳細をモデルに追加する際に、エッジ接続解除を使用して既存のジオメトリを調整し、モデルの全体的な構造を変更する必要がある場合にも、エッジ接続解除を使用して形状を再定義し、モデルの一貫性を保ちながら変更を加えられます。

この操作を適切に行うことで、デザイナーやエンジニアはモデルの柔軟性を高め、効率的に設計変更を行うことができます。エッジ接続解除は、精度と詳細が求められる3Dモデリングにおいて不可欠なツールの一つです。

2024年05月

◆ 目的

- デザイン変更時の柔軟性を向上させ、効率的な修正を可能にするため

- 不要なエッジ接続を解除し、CADモデルの最適化を図るため

- 設計データの整合性を維持し、製造誤差を最小限に抑えるため

2024年05月

◆ 特徴

- エッジ接続解除は、選択したエッジ間の接続を迅速に解除できる操作が特徴

- エッジ接続解除は、複雑な形状の修正をシンプルに行えるのが特徴

- エッジ接続解除は、モデルの再構築を容易にし設計効率を向上させるのが特徴

2024年05月