モデルの変換

モデルの変換

TEL.04-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

モデルの変換

モデルの変換について

「4D Additive」のモデル変換は、3Dプリンティングプロセスにおける効率性と品質を向上させるために設計された先進的な機能です。この機能は、複数の3Dモデルを取り込み、それらを最適な配置に変換することで、ビルドプレート上のスペースを最大限に活用します。

モデル変換プロセスでは、各3Dモデルの形状、サイズ、そして製造要件を考慮して、最適な配置を自動で計算する高度なアルゴリズムが使用されます。この配置最適化は、材料の無駄を最小限に抑え、製造時間とコストを削減するために不可欠です。アルゴリズムが部品間の干渉を避けつつ、部品同士を効率的に配置することで、材料の使用効率が最大化されます。

「4D Additive」のモデル変換機能は、材料の無駄を大幅に削減し、コストを節約し、環境負荷も軽減します。また、最適化された配置により3Dプリントプロセスが効率化され、製造時間が短縮されます。これにより、製品の市場投入までの時間が短くなります。さらに、干渉を避けた配置によりプリントエラーが減少し、最終製品の品質が向上します。

この機能を活用することで、製造業者は効率的に資源を利用し、生産効率を向上させることが可能になります。また、ユーザーは複雑な配置や配列を手動で行う必要がなく、作業負担が大幅に軽減されます。結果として、「4D Additive」のモデル変換機能は、3Dプリンティングの全体的な成功率を高め、製品開発サイクル全体を最適化するための重要な技術です。

2024年05月

◆ 目的

- 異なるCADシステム間でのデータ互換性を確保するため

- 最新の設計ツールやシミュレーション技術を活用するため

- デザインレビューやコラボレーションを円滑に進めるため

2024年05月

◆ 特徴

- モデル変換の操作は、高精度なジオメトリ調整が特徴

- モデル変換は、高速なデータ処理と迅速な応答が特徴

- モデル変換は、多様な形式間の互換性と柔軟な設定が特徴

2024年05月