仕分け

仕分け

TEL.04-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

仕分け

仕分けについて

「4D Additive」の仕分け機能は、3Dプリンティングにおいて材料の使用効率を最大化するために、複数の部品を最適に配置するプロセスです。この機能は、製造コストを削減し、生産効率を向上させるために不可欠です。具体的には、以下のような利点とプロセスを提供します。

まず、4D Additiveの仕分け機能は、CADデータを利用して複数の部品を一つのプリントジョブにまとめ、3Dプリンティングベッド上に効率的に配置します。これにより、材料の使用量を最小限に抑えつつ、製品の製造速度を向上させることができます。

この機能は、部品の形状やサイズ、製造要件に基づいて最適な配置を計算します。高度なアルゴリズムを使用して、材料の無駄を減らし、プリント時間を最適化することで、全体の生産コストを削減します。たとえば、部品間の隙間を最小限に抑え、できるだけ多くの部品を一度にプリントするように配置することで、材料の利用効率を高めます。

さらに、仕分け機能は、3Dプリンティングプロセス中のサポート構造の設計も支援します。適切なサポート構造を自動的に計算・配置することで、プリント中の部品の安定性を確保し、プリント後のサポート除去作業を容易にします。これにより、プリント品質が向上し、後処理の手間とコストが削減されます。

4D Additiveの仕分け機能は、プリントジョブの効率を最大化するために、部品配置の自動化と最適化を提供し、3Dプリンティングの生産性とコスト効率を大幅に向上させます。これにより、企業は高品質な製品を迅速かつ経済的に市場に提供することが可能となります。

2024年05月

◆ 目的

- 効率的な作業フローを構築し、業務の生産性を向上させるため

- 誤配送を防ぎ、顧客満足度を高めるため

- 資源の適切な管理とコスト削減を実現するため

2024年05月

◆ 特徴

- 仕分け作業では、効率的な分類と整理が特徴

- 迅速な処理と正確な配置が仕分けの特徴

- 仕分け操作はシステマティックで無駄のない手順が特徴

2024年05月