部品のオリエンテーション(WB)

部品のオリエンテーション(WB)

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

部品のオリエンテーション(WB)

部品のオリエンテーション(WB)について

「部品のオリエンテーション(WB)」は、製造やアセンブリプロセスにおいて非常に重要な役割を果たします。この機能を使用することで、製品の各部品が最適な方向に配置されるように設定し、効率的なアセンブリ、製造のコスト削減、強度の向上、そしてエンドユーザーの使いやすさを確保します。

特に、3DプリンティングやCNC加工といった製造プロセスでは、部品のオリエンテーションが製造コスト、強度、表面仕上げの品質に直接的な影響を与えます。適切なオリエンテーションにより、サポート材料の使用を減少させ、後処理の手間を最小限に抑えることができ、全体的な生産効率が向上します。例えば、3Dプリンティングでは、部品の配置によってサポート構造の必要性が変わり、これが材料コストと後処理の負担に影響を与えます。同様に、CNC加工では、部品の方向が切削効率と仕上がりに関係します。

また、部品のオリエンテーション(WB)を事前にシミュレーションすることにより、設計段階で製造上の潜在的な問題を早期に特定できます。これにより、製造プロセスの中断を防ぎ、設計の改善を行うことが可能となります。シミュレーションを通じて、部品がどのように最適に配置されるべきかを確認することで、製造プロセスの一貫性と品質を維持し、最終製品の性能と耐久性を確保できます。

部品のオリエンテーション(WB)は、製造業における効率化と品質向上のための重要な手段です。正しいオリエンテーションを設定することで、製造コストの削減、製品の強度と品質の向上、さらには製造プロセス全体の最適化が実現します。これにより、製造業者はより競争力のある製品を市場に提供できるようになります。

部品のオリエンテーション(WB)

2024年4月

◆ 部品のオリエンテーション(WB)のコマンド

  • ゾーン作成
  • 移動と回転
  • 投影面の計算
  • マッシブゾーンの検出
  • アップスキーんとダウンスキーンの計算
  • 粗さサポート
  • 幾何学的粗さ
  • 試作からの粗さ
  • マルチ基準ポジション
  • グローバル粗さ

2024年04月