3D BOMの運用

3D BOMの運用

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

3D BOMの運用

3D BOMの運用について

◆ 3D BOMの概要

3D図面の運用により、設計・製造の工数の50%オフが目標となっています。積層加工など新しい手法により金型を使用しない部品製造方法が開発されています。BOMは設計BOMや製造BOMをはじめ製品のコスト計算や製造プロセス定義などで使用されています。日本では、設計CADのアセンブル構成のようなツリー構成と部番を2Dベースのドキュメントで管理されている場合が多いようです。設計や製造でのトラブルや変更などの情報を更新できずに陳腐化したり将来にBOMを引き継ぐことが難しいようです。3D図面で成功している海外のBOMについて説明します。海外のBOMは、ツリー構成はAP242 XMLで部品はSTEP AP242またはJTなど3D図面データです。これは、3D図面の出力情報と全く同じで長期保存フォーマットとして運用されています。AP242 XMLは、文字列情報のため位置情報、姿勢情報、3Dデータのリンク情報が3D図面変換を行った時に出力されます。それに対して必要な情報をPDFのドキュメント情報としてリンクを作成すれば3D図面として完成です。この3D図面情報(AP242 XML)の一部を抜き取ればBOMとして使用可能です。これらの3D図面情報は、PDQ最適化も完了していますので、設計CADにはスムーズに取り込むことができます。長期保存されている3D図面データを3D BOMデータとして使用することは、3次元設計の理に敵っています。3D図面運用で会社の設計資産やBOM管理に手を煩わせることがありません。

  • 3D BOMの種類(準備中)
  • 3D BOMの作成(準備中)
  • 3D BOMの検証(準備中)
  • 3D BOMの適用(準備中)

◆ 3D図面の運用ツール

世界で運用されている3D図面ツールは、主にCADデータをSTEP AP242やJTフォーマットに3D図面変換を行う3D Evolution、3D図面の検証を行う3D Analyzer、3D図面に対して加工パスを作成するhyperMILLです。これらのツールは、3D図面で成功したエアバス社とダイムラー社で使用されているツールです。3D Evolutionと3D Analyzerの特徴は、国際標準化機構(ISO)のSTEP AP242の開発に協力し、STEP AP242に対応済です。基本的なエンジンは、バイナリー解析技術によりCADファイルがあれば簡単に様々な3Dデータに変換できます。3D Analyzerは、豊富な3D図面解析ソフトにより現場で加工準備の手助けを行います。hyperMILLは、得意な5軸加工と積層加工のハイブリット加工により金型を使用しないで製品を作成することが可能です。これらソフトウェアは、インダストリー4.0の最終目標であるオンデマンド生産をすることで労働時間を減らし製品の利益率を上げ、労働者に利益を分配するためにあります。3D BOMの作成と3D BOMの適用は、3D Evolutionで行います。作成された3D BOMの検証は、3D Analyzerで行います。

3D図面ツール