3D図面の運用

3D図面の運用

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

3D図面の運用

3D図面の運用について

◆ 3D図面の運用

既に3D図面の適用に成功したヨーロッパでは、設計・製造の大幅なコストダウンに成功しています。3D図面の運用に関する情報は、各社の機密情報のため具体的に伝わってきませんが、確実に伝わってくる情報は3D図面のフォーマットです。エアバス社を中心とした航空宇宙産業は、STEP AP242、ダイムラー社を中心とした自動車産業はJTフォーマットを3D図面フォーマットとして採用しています。大きなフォーマットの特徴としてSTEP AP242は、CADデータとの同一性チェックを備えているのに対し、JTフォーマットにはそれがありません。従ってJTフォーマットの場合は変換されたJTデータをマスターデータとして運用しています。航空宇宙産業は、部品加工が中心で自動車産業は、金型で大量生産が中心です。従って自動車産業では、設計データと製造データが違うため、JTデータの同一性チェックは不必要とし、変換されたJTデータがマスターデータとして生技要件を付加していきます。どちらにせよ3D図面化の目的は、図面レスによる設計・製造のコスト削減やPL法、特許法など法的対策です。3D図面の出力には、半端ない数のCADデータの干渉チェックや3Dデータ変換が必要です。そのためバイナリー解析技術で高速にCADの生データを読み込む技術を開発し、またCADでは実現が厳しい機能の開発を行い3D Evolutionと3D Analyzerに搭載しています。3D Evolutionは、3D図面プロセスに対応するため、干渉チェック、3Dデータ変換、3Dデータ保護化を行い、3D Analyzerは、3D図面を検証するためPDQチェック、比較チェック、ドラフトチェック、生技性チェック等の機能を搭載しています。3D図面の運用およびインダストリー4.0は、3D Evolutionと3D Analyzerで成立します。


◆ 3D図面の運用ツール

世界で運用されている3D図面ツールは、主にCADデータをSTEP AP242やJTフォーマットに3D図面変換を行う3D Evolution、3D図面の検証を行う3D Analyzer、3D図面に対して加工パスを作成するhyperMILLです。これらのツールは、3D図面で成功したエアバス社とダイムラー社で使用されているツールです。3D Evolutionと3D Analyzerの特徴は、国際標準化機構(ISO)のSTEP AP242の開発に協力し、STEP AP242に対応済です。基本的なエンジンは、バイナリー解析技術によりCADファイルがあれば簡単に様々な3Dデータに変換できます。3D Analyzerは、豊富な3D図面解析ソフトにより現場で加工準備の手助けを行います。hyperMILLは、得意な5軸加工と積層加工のハイブリット加工により金型を使用しないで製品を作成することが可能です。これらソフトウェアは、インダストリー4.0の最終目標であるオンデマンド生産をすることで労働時間を減らし製品の利益率を上げ、労働者に利益を分配するためにあります。

3D図面ツール