JTチェッカー(整合性検証)

JTチェッカー(整合性検証)

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

JTチェッカー(整合性検証)

JTチェッカー(整合性検証)とは

JTフォーマットは、3Dデータの表示・共有に適した軽量フォーマットで、欧州の自動車関連製造業では、3D図面データとして使用されています。その一方で、JTフォーマットを3D図面として運用した場合に、指定された情報が格納されていないため使用できない等の問題が発生する懸念があります。従ってJTフォーマットに対する運用ルールを明確化しチェックするツールが必要となります。3D図面の検図のようなソフトが必要となります。

JTチェッカー(整合性検証)

JTチェッカー(整合性検証)の実行例

JTチェッカー(整合性検証)

JT Reading(入力)

▼JT Reading

Interface Information 入力情報
ボク
セル
表示 形状 履歴 位置 PMI 図面
拡張子 *.jt
Ver 6.4-10.2

▼ PLMXML Reading

Interface Information 入力情報
ボク
セル
表示 形状 履歴 位置 PMI 図面
拡張子 *.xml
Ver

JTチェッカー(整合性検証)項目

▼ 形状

Brepタイプ
モデル内のBrepタイプ
パーツ毎に最低1つのXT-Body
最低1つのソリッド
等軸位置マトリックス

▼ メッシュ

角度値が存在
角度値が有効
弦値が存在
弦値が有効
弦値が有効
LODの最小個数

▼ PLMXML

コンポーネントパスが存在

▼ 属性

透明度
拡散反射度
JTファイルバージョンが有効
モデル名がMBN10059に適合
追加属性が存在し有効
特殊文字が存在しない
モデルタイプが存在
コンポーネント単位が一貫
必要な属性が存在し有効
マスターデータが存在し有効
CAD属性が有効
JTバージョンが存在し有効
CAD MASS UNITが存在
CAD MASS UNITが有効
JTマスターデータが存在
JTマスターデータが有効
レビジョンテキストと注記が存在
レビジョンテキストと注記が有効
欠落モニカ
重複モニカ