STEP AP242 vs. JT

STEP AP242 vs. JT

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

STEP AP242 vs. JT

STEP AP242 vs. JT

STEP AP242フォーマットとJTフォーマットには、Brep情報・アセンブリ情報・PMI情報・表示情報が格納できます。STEP AP242フォーマットは、国際規格のフォーマットで3Dデータ長期保存フォーマットとして使用されています。従ってBrep情報は、厳密に定義されています。JTフォーマットのBrep情報は、一般的にParasolidを使用しています。従ってParasolidには曖昧な定義が存在するため、3Dデータ変換に問題が発生する可能性があります。表示情報は、STEP AP242の場合は1つのデータが格納されるのに対し、JTフォーマットは3つの粗さ(LOD)の違いを持ったデータが格納できます。一般的にLOD1は、設計が使用する粗さ、LOD2はロボットシミュレーションで使用する粗さ、LOD3はファクトリーシミュレーションで使用する粗さで使用されてます。変換保証情報は、STEP AP242にGVP(形状保証)とAVP(アセンブリ保証)が保存できますが、JTフォーマットには変換保証情報が格納されません。現在は、JTフォーマットのBrep情報をSTEP AP242に置き換えることは技術的に可能です。JTフォーマットで3Dデータ長期保存の検討が行われています。

step AP242 jt 比較

エアバス vs. ダイムラー

▼ エアバス社の長期保存運用(STEP AP242)

エアバス社は、従来CATIA V5で設計を行いCATIA V5データ(拡張子 *.CATProduct、*.CATPart)を3DAモデルとして運用し、3Dデータ長期保存としてSTEP AP242を使用していました。現在は、CATIA V5で設計を行い3DAモデルとしてSTEP AP242で運用して長期保存を行っています。変換保証項目のチェックは、CATIA V5と3D_Evolutionでダブルチェックを行っています。


▼ ダイムラー社の3DAモデル運用(JT)

ダイムラー社は、従来CATIA V5で設計を行い3DAモデルはJTフォーマットで運用しコストダウンを実現していました。設計データがJTフォーマットとなり3次元CADに依存しないためスムーズにCATIA V5からNXへ移行が完了しています。3DAモデルとしてJTフォーマットを社内やサプライヤーに流通させDMU・解析・金型や部品加工で使用しています。設計変更は主にJTフォーマットに対するダイレクトモデリングで行っています。


JTフォーマットの特徴

1企業が定義し部分的にJt-Openで公開されています。

Brep、3次元注記、属性情報、表示用データが格納できます。

表示用データは、「Level of Details」(詳細レベル)で管理できます。

Brep情報は、Parasolid情報で持つことが可能、またJT Brepがあります。

超軽量化データ(Ultra Lightweght Precise Data Format)があります。

拡張子は*.jtと.vfzがあります

ISOから2009年10月に,3次元表示用データ形式としてPAS承認を取得しています。


STEP AP242フォーマットの特徴

AP203とAP214を統合したデータです。

パーツ形状のBrep情報が格納できます。

パーツ形状の表示データが格納できます

アセンブリツリー構造は、AP242 XML(stpx)で定義されます。

PMI情報が格納できます。

ISOが定義し、LOTARが採用した世界標準の長期保存フォーマットです。

特殊なシステムがなくてもテキスト検索が可能であれば、半永久的検索可能です。

圧縮フォーマットのstpZがあります。


ISO 10303 STEP AP242の変換保証項目

変換保証を定義するバリデーション項目です。誤差(d)の閾値は3段階に分かれています。0<d≦値1は合格、値1<d≦値2は要注意、値2<dはNGです。3D_Evolutionは、体積・面積・重心の計算はCAX-IFにより勧告されたアルゴリズムを採用しています。


■ ジオメトリー・バリデーション項目

項目 値1 値2 単位
体積 1 10 %
面積 1 10 %
単独サーフェイス面積 1 10 %
単独サーフェイス重心点 1 5 mm
重心点 1 5 mm
カーブ中心点 1 5 mm
カーブの長さ 1 10 %
COPS 0.01 0.1 %
境界ボックス中心 1 5 mm

▼ アセンブリ・バリデーション項目

項目 値1 値2 単位
アセンブリ重心 1 5 %
子数 数が一致しているこ

▼ PMI・バリデーション項目

項目 値1 値2 単位
折れ線カーブ長さ 1 10 %
折れ線中心点 1 5 mm
関連面積 1 10 %
関連カーブ長さ 1 10 %
メッシュカーブ長さ 1 10 %
メッシュカーブ中心点 1 10 mm
メッシュサーフェイス中心点 1 10 mm
メッシュサーフェイス面積 1 10 %
ビュー数 数が一致していること
注記数
ビュー毎の注記数
セグメント数
ボクセル数

▼ セマンティック PMI・バリデーション項目

項目 値1 値2 単位
関連面積 1 10 %
関連カーブ長さ 1 10 %
セマンティックPMI個数 数が一致していること
PMIタイプ別個数
寸法位置
寸法サイズ
トレランス
データフィーチャー
データムターゲット
データ参照の個数
Unicode文字列に相当
参照されるグラフィカルPMI個数

▼ メッシュ・バリデーション項目

項目 値1 値2 単位
中心点 1 10 %
サーフェイス面積 1 10 %
セグメント長さ 1 10 %
ボクセル数 数が一致していること
セグメント数

▼ コンポジット・バリデーション項目

項目 値1 値2 単位
列の個数 数が一致していること
カットピースの数
層数
マテリアル数
コア数
テーブル数

▼ オプション・バリデーション項目

項目 内容
プロパティの存在を確認 バリデーションプロパティの存在を確認
自動ヒーリング 保存時の自動ヒーリング実行の許可

STEP AP242の圧縮フォーマット(stpZ)

CATIAオリジナル(A) 35.1Mb
STEP変換データ 38.5Mb
stpZ変換データ(B) 8Mb
圧縮率 (B/A×100) 22.8%
stpz

ISOの認証状況について

▼ JTフォーマット

ISO 14306 : ビューワフォーマットとしてISOの認証を得ています。


▼ STEP AP242フォーマット

ISO 10303 : 変換フォーマットとしてISOの認証を得ています。 


国際団体 LOTARについて

LOTARは、グローバルレベルでコンソーシアムを作成するために重要な役割を果たしています。 LOTARインターナショナルの目的は、3次元CADとPDMのデータなどのデジタルデータ(LTA)の長期保管方法を基準を定義することです。これらの基準は、検査可能な保存および再利用プロセスを定義します。例えば自動車や造船業界で行われている業界標準部品の利用などです。LOTARは、VDAのアーカイブ提言4958、ISO14721、オープン·アーカイブ情報システム(OAIS)を参照しています。標準の文書は、国立航空宇宙規格(NAS)は、AIAと協力して、EN9300シリーズとして出版されているとされています。LOTARは、ASD-STAN、AIA PDES社とProSTEP iViP協会の共催で、航空宇宙·防衛業界のリーディングOEMおよびサプライヤーが行っているプロジェクトで実装信頼性を確保します。

Lotar