3D図面から梱包設計

3D図面から梱包設計

TEL. 03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

3D図面から梱包設計

3D図面から梱包設計について

3D図面から梱包設計は、高度なバイナリー解析技術によりダイレクトに3D図面データを読込み、梱包設計用の空間形状を作成します。梱包設計は、工数削減及び品質維持における重要なプロセスです。製品設計において、工数削減等の話はよくありますが、梱包設計における工数削減の話はあまり聞きません。ドイツのインダストリー4.0は、受注生産を最終目標として在庫を持たないのがコンセプトです。従って物流に力を入れ、様々な部品を必要される場所に送り届ける必要があります。インダストリー4.0では、3D図面から自動的に梱包空間の簡易形状作成するアルゴリズムを開発し、製品設計が終了した段階で3D図面から梱包設計が開始可能となります。これにより梱包設計の大幅なフロントローディングを実現しています。

3D図面から梱包設計

3D図面の活用による梱包設計サンプル

バウンダリーシェイプ軽量化の特徴は、1クリックで梱包形状の計算ができることです。予め指定するのは、梱包形状としてボックス、円錐、多面体、凸形状など9パターンの選択と計算精度を入力しておくだけです。計算時間は、数秒程度でアウタートレランスで計算されます。3DデータとしてB-Repとテッセレーションに対応しています。置き物等を測定したSTLデータからも簡単に梱包空間が計算できます。

■ バウンダリーシェイプ軽量化による発電機の梱包空間

3D図面から梱包設計

■ バウンダリーシェイプ軽量化によるサスペンションの梱包空間

3D図面から梱包設計