3D図面の許容度チェック

3D図面の許容度チェック

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

3D図面の許容度チェック

3D図面の許容度チェック

◆ 3D図面のトレランスチェックについて

3D図面のトレランスチェックは、国際標準化機構(ISO)など国際的に評価の高いバイナリー解析技術により、ダイレクトに3D図面を高速かつ正確に読込みとります。読み取られた3D図面のフェイスエッジに対し、指定された位相を構成するトレランス以上の誤差や隣接関係を持たないフリーエッジを検出します。誤差エッジやフリーエッジを含むフェイスは、フィルターで表示することが可能です。フィルターで表示中に修正された誤差エッジやフリーエッジを持たないフェイスは自動的に非表示化されます。トレランスチェックは、1/1000mm単位で検査しますので外部プログラムで3D図面を読み取ることはせず、ダイレクトに3D図面情報をバイナリー解析技術で読み取ることが重要です。


◆ 3D図面のトレランスチェックイメージ

3Dデータ変換のトラブルを修正するには、トレランスが重要な鍵を握ります。一般的にトレランスと言う場合に計算誤差の意味を想定しますが、ここで言うトレランスは、ソリッドなど集合体を構成するためのトレランスです。例えばフェイスは、曲面とその曲面上の輪郭で構成されています。曲面上とはある特定の誤差を持って曲面にあると言う意味です。その誤差がトレランスとなります。ソリッドはフェイスの集合体でフェイスのエッジ間が、ある誤差に基づいていれば結合しているとの認識です。これらの誤差が、3Dシステムによって違うため3Dデータ変換が失敗します。3Dデータ変換を成功させるためには、誤差を変換先システムのトレランス内に収める必要があります。CATIAのトレランスは0.1、NXのトレランスは0.0254なので一般の変換ではトラブルが発生します。ヨーロッパでは、古くからCATIAのトレランスを0.02として3Dデータ変換を行うことでトレランスによるトラブルは大幅に解消しています。

3D図面の許容度チェック