3D図面ツール

3D図面ツール

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

3D図面ツール

3D図面ツールについて

3D図面の運用を実現するため海外では、様々な機能を開発しています。大量の3D図面を高速かつ正確に変換するためバイナリー解析技術による3Dデータ変換、変換された3D図面を閲覧するマルチ3Dビューワ、3D図面の成熟度を監視するDMUインスペクター、3D図面の変更箇所を把握する3Dデータ比較、3D図面のセキュリティや3D図面のと軽量化を行う3Dデータ単純化、シェル要素をソリッド化する曲面オフセット、3D図面から梱包空間ソリッドを作成するバウンダリーシェイプ軽量化があります。これらの機能は、バイナリー解析技術により設計CADとの依存関係を断ち、独立した処理を行います。設計3Dデータは、3D図面化により後工程で幅広く使用することで莫大な利益を産みます。そのことは海外で証明されています。


3D図面の運用を実現する機能

3D図面運用の効率化は、推奨の3Dフォーマットを使用すること、協調設計における機密保護を考えること、梱包を考えることで効率化が実現できます。これらの考え方は海外で纏まっています。3Dフォーマットは、STEP AP242かJTの選択、それ以外は3Dデータ単純化と呼ばれている機能で機密保護と軽量化を行います。バイナリー解析技術により設計CADデータを正確かつ高速に読み取り、3Dデータ単純化で安定した3D図面ツールで工数削減が行われています。

3D図面ツール