3D図面の品質最適化(PDQ最適化)

3D図面の品質最適化(PDQ最適化)

TEL. 03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

3D図面の品質最適化(PDQ最適化)

3D図面の品質最適化(PDQ最適化)について

3D正を運用する場合は、3D図面の品質が重要となります。ドイツ自動車工業会(VDA)の3D図面の品質最適化(PDQ最適化)は、30年以上の長期にに渡り3Dデータの品質を保証しています。それがProductData Quality(PDQ)です。PDQの課題は、品質を測定するPDQツールによって評価値が違うことでした。そのためPDQ項目の検査内容を国際標準化機構(ISO)は自然語から機械語へ定義し直しました。例えば捩じれ面や隙間を数学的に定義されています。これによりPDQ検査ツールのアルゴリズムが統一され、3D図面の品質に対する信頼性が向上しています。この3D図面の品質が確立されたのを契機に、航空宇宙産業やドイツ自動車産業の3D図面や長期保存が運用されています。この部分において日本は遅れており、3D図面が進まない原因となっています。

3D図面の品質最適化(PDQ最適化)

3D図面の品質最適化(PDQ最適化)のサンプル

3D図面の品質最適化(PDQ最適化)の特徴は、3D図面の品質最適化(PDQ最適化)でエラーが発生した要素を修正します。3D図面の品質最適化(PDQ最適化)を実行したあとに必ず3D図面の品質最適化(PDQ最適化)が行われます。3D図面の品質最適化(PDQ最適化)で微小面の処理は、微小面の削除で3D図面の品質最適化(PDQ最適化)は終了します。その場合は微小な隙間が発生しますがヒーリング(位相再計算)で簡単に修正可能です。

3D図面の品質最適化(PDQ最適化)