3D図面のPDQ品質チェック

3D図面のPDQ品質チェック

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

3D図面のPDQ品質チェック

3D図面のPDQ品質チェック

◆ 3D図面のPDQチェックについて

3D Analyzerによる3D図面のPDQチェックは、国際標準化機構(ISO)など国際的に評価の高いバイナリー解析技術により正確且つ高速に大容量3D図面を読込み、国際基準(ISO10303-59)による3D図面のPDQチェックを実行します。かつてPDQチェック・ツールが乱立し、アルゴリズムが違うため、PDQチェック・ツールが異なると3D図面のPDQ品質チェック結果が違い、3D図面のPDQ品質チェックに対する信頼性が揺らぎました。そこで国際標準化機構(ISO)がPDQチェックのアルゴリズムをドイツ自動車工業会(VDA)のPDQチェックを参考に機械語でPDQチェックを定義して評価基準を定めました。3D図面のPDQチェックは、ISOが定めたPDQチェックを採用し、ドイツ自動車工業会(VDA)や航空宇宙団体(LOTAR)の3D図面や長期保存で運用されています。3D図面を活用し2D図面から脱却し工数削減を行うには、設計データを3D図面に変換する必要があります。3D図面は、STEP AP242フォーマットやJTフォーマットで運用されています。STEP AP242は航空宇宙産業、JTは、ドイツ自動車産業で運用されています。STEP AP242に変換やJTに変換する場合でも必ずPDQチェックを行い問題がある場合はPDQ最適化で修正しています。日本のJAMAでもPDQチェック項目は定義されていますが、PDQで重要なことは変換時のトラブル解決を永続化することです。主なトラブルは、位相トレランスに関する問題で隙間や微小問題です。これらの問題は自動修正が可能で3D図面変換のトラブルを大幅に抑えることが可能です。隙間や微小の値は0.02mmで運用するのが一般的です。0.02mmは40年来ドイツで運用されているトレランスでNXの0.0254mmに合わせています。PDQ問題を解決することは、3D図面運用、3D BOM運用、設計データの長期保存が実行でき、大幅なコスト削減に繋がります。


◆ 3D図面のPDQチェックイメージ

下図は、CATIA V5で作成されたサスペンションモデルに3D図面のPDQチェックを実行しています。実行結果は、3D PDFやHTMLに記録することができます。3D図面のPDQチェックは、CADデータをオリジナルCADと同様な表示をすることで正確な実行が可能です。また計算スピードも高速です。微小面はそのまま削除しますので隙間が発生しますが、通常のヒーリング機能で隙間を自動的に再トリム計算(Advanced Repair Technology)により埋め合わせすることが可能です。

3D図面のPDQ品質チェック