STEPデータの同等性検証(ISO:10303-62)

STEPデータの同等性検証(ISO:10303-62)

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

STEPデータの同等性検証(ISO:10303-62)

STEPデータの同等性検証(ISO:10303-62) について

ISO 10303-62は、製品データ交換に関する国際標準の一部であり、特にCADシステム間のデータ互換性と正確性を確保するために設計されています。この規格は、異なるCADシステム間でのデータの一貫性と整合性を保ちながら、3Dモデルや関連情報の交換を容易にすることを目的としています。

ISO 10303-62の主な機能は、データの変換と同等性の確認にあります。これにより、CADデータが異なるシステム間で正確に交換され、元のデータの精度や詳細が保持されるようにします。この規格は、CADシステム間でのデータの一貫性を検証するための基準と手順を提供し、データの欠落やエラーを最小限に抑えます。

具体的なアプローチとして、ISO 10303-62はデータの変換プロセスで幾何学的形状や製品製造情報(PMI)などの重要なデータを保持するための手法を提供します。これにより、CADシステムが異なる場合でも、設計データの正確性が維持され、設計意図が正確に伝わります。さらに、この規格はデータの完全性と整合性を検証するためのチェックリストや検証ツールの使用を推奨しています。これにより、設計データの品質が保証され、異なるシステム間でのデータ交換がスムーズに行えるようになります。

STEP AP242は、ISO 10303-62と密接に関連しており、製品データ交換のための統一されたフォーマットを提供します。AP242は、製造業界で広く使用されており、特に航空宇宙や自動車産業においてその重要性が高まっています。AP242は、製品の3Dモデルや製造情報を一貫して管理するための標準として機能し、データの長期保存と再利用を支援します。

STEP AP242の採用により、企業は製品ライフサイクル全体でデータの一貫性と正確性を維持できます。AP242は、製品設計、製造、メンテナンスに至るまでの各プロセスでデータの整合性を保証し、設計変更や製造プロセスの効率化に寄与します。さらに、AP242は長期保存とデータの再利用を可能にし、技術進化や業界標準の変更に柔軟に対応できるようにします。

ISO 10303-62とSTEP AP242の組み合わせにより、製造業界は設計から製造、保守に至るまでの全プロセスにおいて、高品質で一貫したデータ管理が可能になります。これにより、製品開発の効率が向上し、製造コストの削減と品質向上が実現します。また、データの変換によるエラーを減少させることで、プロジェクト全体の信頼性が高まり、グローバルな競争力を強化することができます。

2024年03月

◆ 目的

- データ一貫性を確認し、設計ミスを未然に防ぐため

- 同一データの再利用性を高め、効率的な作業を促進するため

- 品質保証を確立し、製品の信頼性を向上させるため

2024年04

◆ 特徴

- データの整合性を即座に検証し、バッチ処理の精度向上が特徴

- 複数のデータセットを同時に比較し、高速なチェックが特徴

- エラー検出と報告を自動化し、手動操作の削減が特徴

2024年04月

◆ 同等性検証の重要性

CAD(コンピュータ支援設計)は、先進技術分野での製品設計において極めて重要な役割を果たしています。特に航空宇宙や自動車産業などでは、設計の精度と信頼性が不可欠です。その中で、「10303-62 同等性検証」は3DAモデルの信頼性を保証するための重要な機能です。このプロセスでは、元の3DAモデルと変換後のデータが等価であるかを検証し、情報の損失や誤差を特定・最小化します。これにより、データ変換後も元データの信頼性が確保されます。

異なる企業や国際間での設計データの交換が一般的な現在、異なるCADシステムやソフトウェア間でのデータの互換性が不可欠です。STEP AP242の採用が広がる中、「10303-62 同等性検証」は品質と効率性の向上に不可欠です。このプロセスにより、企業は製品開発リスクを減らし、国際標準に準拠した設計データの一貫性を保証できます。これにより、製品の品質向上と競争力強化に繋がり、グローバル市場での企業の地位を強化します。

「10303-62 同等性検証」は、具体的には元の3DAモデルと変換後のSTEPデータを詳細に比較し、形状や寸法、物理的・幾何学的特性が一致するかを確認します。この検証により、データ変換による情報の欠落や誤差を検出し、設計の整合性と一貫性を保ちます。特に航空宇宙や自動車産業では、厳格な品質管理が求められ、設計データの信頼性が製品の安全性に直結するため、このプロセスは極めて重要です。

異なるCADシステムやソフトウェアを使用する企業間でも、共通の基準でデータの同等性を検証できるため、設計データの交換が円滑に行えます。これにより、国際的な協力やサプライチェーン全体での効率的なデータ管理が可能となり、製品開発のスピードと品質が向上します。

「10303-62 同等性検証」は、CADデータの品質と信頼性を保証するための不可欠なプロセスです。この検証により、企業は設計データの一貫性を維持し、高品質な製品を提供することで、国際市場での競争力を強化することができます。これにより、製品の品質向上と製造プロセスの効率化が実現し、持続可能な成長とグローバル市場での成功が期待されます。

この標準の導入は、製品ライフサイクル全体にわたるデータの整合性を確保するための基盤を提供します。設計段階から製造、保守に至るまで、データの正確性と一貫性が保証されることで、エラーや不整合のリスクが減少します。特に、設計変更やデータ再利用時に同等性検証を行うことで、最新のデータが常に正確であることを確認でき、品質管理の厳格な基準を維持することができます。

また、「10303-62 同等性検証」は、デジタルトランスフォーメーションを推進する一環として、企業のデータ管理プロセスの信頼性と効率を向上させる重要な要素です。これにより、企業は迅速かつ効率的に市場の変化に対応し、競争力を維持しながら持続的な成長を遂げることができます。

2024年03月

◆ 3DAモデル検証の新標準

製造業界でCAD(Computer-Aided Design)システムの重要性が高まる中、データの標準化と信頼性は重要な課題です。ISOによるSTEP AP242規格は、異なるCADシステム間のデータ交換と検証の新しい標準として確立されました。この規格は、データ交換時のデータの同等性と整合性を保証し、製造業界の効率と生産性を向上させることを目的としています。

STEP AP242に基づくバリデーション項目は、変換前後のデータが一致するか確認するために設計され、製品の形状やサイズ、配置などの基本情報を反映する幾何学的特性に基づきます。これにより、データの整合性を確認し、品質と信頼性を向上させることが可能です。

3D Evolutionと3D Analyzerなどの先進的ツールは、CAX-IF(CAx Implementor Forum)によって推奨されるアルゴリズムを用いて、CADデータのバリデーションを行い、データの差異や誤差を計算し、評価します。これにより、組織やプロジェクトは3DAモデルの信頼性と品質を向上させ、国際的な標準に準拠したデータ交換を実現できます。

3D Evolutionは、特に複雑なCADデータの変換と検証に優れたツールであり、異なるCADシステム間でのデータ互換性を確保します。このツールは、大容量の3DAモデルを迅速かつ正確に解析し、バリデーション結果を視覚的に表示します。これにより、設計者やエンジニアはデータの一致性を簡単に確認し、必要な修正を迅速に行うことができます。

3D Analyzerは、詳細なデータ解析と品質検証に特化したツールです。このツールは、バイナリ解析技術を駆使して、製品の幾何学的特性や物理的特性を評価し、データの正確性と整合性を確保します。さらに、幾何学的な誤差やデータの不整合を早期に発見し、修正するための支援を提供します。

STEP AP242の採用により、製造業界はデータの整合性を確保しつつ、効率的なデータ交換とコラボレーションを実現できます。この標準化は、異なる企業や国際間での設計データの交換を容易にし、グローバルな連携と協力を促進します。これにより、製品開発の効率と品質が向上し、市場での競争力が強化されます。

STEP AP242規格と3D Evolution、3D Analyzerなどの先進的ツールの組み合わせにより、製造業界はより高品質で効率的な製品開発を実現し、グローバル市場での競争力を強化することができます。この標準化とツールの活用は、製造プロセス全体の品質向上と効率化を促進し、持続可能な成長を支える重要な要素となっています。

また、これらのツールは、異なるCADシステムから生成されるデータの整合性を確保するだけでなく、データの長期保存と将来的な再利用にも貢献します。例えば、設計変更や製品のバージョンアップ時においても、元データとの一致性を維持しながら最新の設計データを確実に管理することが可能です。

総じて、STEP AP242規格の導入と3D Evolution、3D Analyzerなどの高度なツールの利用は、製造業におけるデータ管理の信頼性と効率を大幅に向上させる手段となります。これにより、企業は高品質な製品を迅速に市場に投入し、持続的な成長と国際競争力の強化を実現することができます。

2024年03月

▼ 形状の評価

項目 値1 値2 単位
体積 1 10 %
面積 1 10 %
単独サーサーフェス面積 1 10 %
単独サーサーフェス重心点 1 5 mm
重心点 1 5 mm
カーブ中心点 1 5 mm
カーブの長さ 1 10 %
COPS 0.01 0.1 %
境界ボックス中心 1 5 mm

2023年10月

▼ アセンブリの評価

項目 値1 値2 単位
アセンブリ重心 1 5 %
子数 数が一致していること

2023年10月

▼ PMIの評価

項目 値1 値2 単位
折れ線カーブ長さ 1 10 %
折れ線中心点 1 5 mm
関連面積 1 10 %
関連カーブ長さ 1 10 %
メッシュカーブ長さ 1 10 %
メッシュカーブ中心点 1 10 mm
メッシュサーサーフェス中心点 1 10 mm
メッシュサーサーフェス面積 1 10 %
ビュー数 数が一致していること
注記数
ビュー毎の注記数
セグメント数
ボクセル数

2023年10月

▼ セマンティック PMIの評価

項目 値1 値2 単位
関連面積 1 10 %
関連カーブ長さ 1 10 %
セマンティックPMI個数 数が一致していること
PMIタイプ別個数
寸法位置
寸法サイズ
トレランス
データフィーチャー
データムターゲット
データ参照の個数
Unicode文字列に相当
参照されるグラフィカルPMI個数

2023年10月

▼ メッシュの評価

項目 値1 値2 単位
中心点 1 10 %
サーサーフェス面積 1 10 %
セグメント長さ 1 10 %
ボクセル数 数が一致していること
セグメント数

2023年10月

▼ コンポジットの評価

項目 値1 値2 単位
列の個数 数が一致していること
カットピースの数
層数
マテリアル数
コア数
テーブル数

2023年10月

▼ オプションの評価

項目 内容
プロパティの存在を確認 バリデーションプロパティの存在を確認
自動CADデータのヒーリング 保存時の自動CADデータのヒーリング実行の許可

2023年10月