3DAモデルの干渉チェック

3DAモデルの干渉チェック

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

3DAモデルの干渉チェック

3DAモデルの干渉チェックについて

3DAモデルの干渉チェックは、製品設計において部品同士の干渉や接触を検出するための重要なプロセスです。これは、設計段階での問題を早期に発見し、製造工程におけるトラブルやコストの増加を未然に防ぐために不可欠です。

干渉チェックは、3DAモデルに含まれる複数の部品が組み立てられた際に、それぞれの部品が互いに干渉していないかどうかを確認します。干渉とは、二つ以上の部品が物理的に同じ空間を占有してしまう現象であり、これが発生すると実際の製品では部品の組み立てが不可能になったり、摩耗や故障の原因となります。干渉チェックにより、設計者はこうした問題を仮想環境で検出し、設計を修正することができます。

このプロセスでは、専用のソフトウェアツールを使用します。例えば、3D Analyzerのようなツールは、3DAモデルの各部品間の干渉を自動的に検出し、視覚的に表示する機能を備えています。これにより、設計者は干渉箇所を直感的に把握し、迅速に対策を講じることができます。干渉チェックの結果は、詳細なレポートとして出力され、どの部品がどのように干渉しているかを明示します。

干渉チェックの重要性は、設計プロセス全体の効率化と製品品質の向上にあります。設計段階での問題を早期に解決することで、製造段階での手戻りや不具合発生を防ぎ、製造コストの削減と製品の信頼性向上が実現します。干渉チェックは、設計の各フェーズで繰り返し行われ、設計が進行する中で継続的に精度を高めていくことが求められます。これにより、最終製品の品質と市場投入までのスピードが向上し、競争力のある製品開発が可能となります。

2024年03月

◆ 目的

- 設計段階での干渉を自動検出し、修正時間を短縮するため

- 大規模なプロジェクトでの干渉リスクを軽減するため

- 設計の整合性を維持し、製造過程のトラブルを防ぐため

2024年04月

◆ 特徴

- 複数のCADファイルを一括して解析し、迅速に干渉箇所を特定できるのが特徴

- 自動化されたプロセスにより、手動操作の手間を大幅に削減できるのが特徴

- 結果のレポート生成が迅速で、問題点の可視化が容易な点が特徴

2023年12月