3DAモデルのオフセットサーフェス

3DAモデルのオフセットサーフェス

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

3DAモデルのオフセットサーフェス

3DAモデルのオフセットサーフェスについて

3DAモデルのオフセットサーフェスは、元の3D形状の表面から一定の距離だけ外側または内側に平行移動させた新しい表面を作成する技術です。設計や製造プロセスにおいて、この操作はさまざまな目的で利用されますが、CADツールだけでこの操作を行うのは難しい場合があります。一方、3D Evolutionのような専用ツールを使用すると、これが非常に簡単に実行できます。

CADソフトウェアでオフセットサーフェスを作成する際、複雑な形状や曲面に対して正確なオフセットを生成するのは非常に困難です。特に、曲率が急激に変化する箇所や複数のサーフェスが交差する部分では、オフセットサーフェスの計算が正確に行われず、エラーが発生しやすくなります。さらに、CADソフトウェアのアルゴリズムはこれらの複雑な形状に対応しきれず、手動で修正を加える必要があるため、設計作業が煩雑で時間がかかります。

これに対して、3D Evolutionのような高度な専用ツールは、オフセットサーフェスの生成を効率的かつ正確に行うための強力な機能を備えています。このツールは高度な計算エンジンを搭載しており、複雑な曲面や形状でも迅速にオフセットを計算することができます。具体的には、バイナリ解析技術を用いることで、元の形状の幾何学的情報を正確に保持しつつ、オフセットサーフェスを生成します。これにより、設計者は時間を節約し、正確な結果を得ることができます。

例えば、金型設計においては、成形品の壁厚を均一にするためにオフセットサーフェスを使用しますが、CADソフトウェアでこれを行うと、多くの手作業と反復的な修正が必要になることがあります。3D Evolutionを使用すると、ツールが自動的に最適なオフセットサーフェスを計算し、設計者がすぐに利用できる形で提供します。

また、干渉チェックのプロセスでも、CADツールでは多くの時間と手間がかかりますが、3D Evolutionでは干渉チェック機能が強力にサポートされており、部品間の正確なフィットと動作確認を迅速に行うことができます。これにより、設計ミスを早期に発見し、製造過程でのトラブルを未然に防ぐことが可能となります。

このように、オフセットサーフェスの生成や干渉チェックにおいて、CADツールは多くの手作業と時間を要する一方、3D Evolutionのような専用ツールはこれらの操作を簡単かつ迅速に実行できます。結果として、設計の精度と効率が大幅に向上し、製品開発のスピードと品質が強化されます。

2024年03月

◆ ベンチマーク例

部位 面数 位相トレランス オフセット量 計算時間
フロアーパネル 16,541面 1/100mm 2mm 270秒
リアドア 3,212面 1/100mm 1mm 60秒
フロントドア 5,281面 1/100mm 1mm 150秒

このベンチマーク結果は、CATIA V5データをノートPCで計測した結果です。

2023年10月

◆ 目的

- 部品間の正確なクリアランスを確保し、組立精度を向上させるため

- 設計変更に柔軟に対応し、生産プロセスを最適化するため

- 各部品の相対位置を調整し、機能性を最大化するため

2024年04月

◆ 特徴

- オフセットサーフェスは、元のモデルから一定距離だけ離れた表面を生成するのが特徴

- 複雑な形状でも均一な厚みを保つため、精度の高いオフセット処理が特徴

- オフセット量を動的に調整しながら、設計意図に合わせた形状変化が特徴

2024年04月